SSブログ

立派な建物は「連邦議会議事堂」でした。 [ベルリン]

写真の上のカーソルがの場合はクリックすると拡大します。
クリックすると拡大
ドイツ・ベルリンのフランデンブルック門の近くで、一際目を引く建物がありました。とりあえず写真を撮って調べてみると連邦議会議事堂(国会議事堂)でした。実は左奥の向こう側に広い庭があり、クリックすると拡大そちら側から見ると観光ガイドによく載っているガラスドームのある威厳のあるネットから拝借した右のような建物の姿なのですが、写真を撮った時点では、そのことは判らなかったため、今回の構図になりました。私が撮ったのは右裏側からの写真だったのです。
この建物は1824年に建造されドイツ統一後は1999年にボンから本建物に連邦議会が移転してきて現在に至っているそうです。

こちらにも沢山の観光客の人が訪れていました。
ドイツは連邦制なので日本語では連邦議会・議事堂と呼ばれるのが一般的ですが、ドイツ語ではReichstagsgebäude(国会議事堂)となっているのは歴史が絡んでいるようです。
東西ドイツ統一の後、旧ドイツ国会議事堂は全面的に修復され、1999年にライン河畔のボンにあった連邦議会がこの建物に移転した。この際、建物の名称を Reichstagsgebäude (国会議事堂)から Bundestagsgebäude (連邦議会議事堂)と変更する動きがあった。しかし、歴史と伝統を重んじるドイツ国民は Reichstagsgebäude am Sitz des Deutschen Bundestags (訳語として無理があるが 「ドイツ連邦議会の置かれた国会議事堂」)という表現を考え出し、Reichstagsgebäudeという歴史的名称を残したそうです。
クリックすると拡大

ツアーバスも沢山駐車していました。この連邦議会議事堂の写真には有名なガラスドームが写っています。
クリックすると拡大

もう一枚、ガラスドームが写った写真を紹介します。沢山の観光客や観光バスが行きかうわりに人が少ないと思っていましたが建物の裏側だったのです。でも観光客の人があまり写真を撮らない角度だと思います。それにしても、現役の連邦議会議事堂(国会議事堂)ですが、柵もなく開放的なのには驚かされました。ドイツのお国柄なのでしょうね。
クリックすると拡大
ネットでのwikipediaの本議事堂の説明は下記の通りです。
修復の設計を担当したのは1992年の建築設計競技で勝利したイギリス人建築家ノーマン・フォスターである。
クリックすると拡大修復工事では、外壁以外のすべてが一旦取り払われるほどの大改造を受けた。中央の巨大なガラス張りのドームは19世紀末の議事堂建設時のガラスドームの存在を意識しているが、シンボル的かつ斬新なデザインで、国会議事堂の見学に訪れる観光客も非常に多い。
ドーム中は見学者のための通路がめぐらされており、屋上からはベルリン市街が望め、かつ眼下に議場がのぞけるようになっている。また、ガラス張りの議場にも上のクリックすると拡大ドームから天然光が降り注ぎ、石造建築の屋内にもかかわらず開放感があり、ドーム内の見学者にもいつでも会議を見せて開かれた議会政治をアピールしている。ドームのガラスは太陽の動きにあわせて常に角度を変え、直射日光を議場に入れず、かつ議場を常に明るい光で満たすようプログラミングされている。ドームはベルリン観光の目玉である。セキュリティーチェックは厳重であるが、観光シーズンには入場待ちの長蛇の列ができる。午後10時までも開館しているということからドイツが如何に開かれた政治を目指しているかが理解出来る。
クリックすると拡大また、国会議事堂内部は明快で簡素な現代風オフィスとなっており、重厚さや重苦しさ、閉鎖的な印象はない。大きな壁面を利用したりして現代美術家たちの作品が各所に展示され、さながら現代美術館のようになっている。これらすべてを含め、環境に配慮し文化的で、軽快で、市民に開放された今日のドイツ政治を議事堂の建物自体が象徴しているといえる。 クリックすると拡大

nice!(135)  コメント(16)  トラックバック(1) 

nice! 135

コメント 16

Rchoose19

ガラスドームは透明な政治の象徴なのかな?
by Rchoose19 (2010-07-25 05:27) 

SORI

Rchoose19さん おはようございます。
確かに開放的で透明性が高いと言えるかもしれません。(笑)
中にも自由に入れるみたいです。あらためて写真を見るとガラスドームはすごい大きさです。
by SORI (2010-07-25 05:31) 

月姫

立派な建物ですね!
そういえば、茨城の地○気観測所もドイツ風の建物で左右対称になっています。
by 月姫 (2010-07-25 09:53) 

SORI

月姫さん おはようございます。
地○気観測所は地磁気観測所のことですね。確かにネットに本館は1925 (大正 14)年に竣工したドイツ様式の洋館で、正面玄関から外を見ると真正面に筑波山が見えるよう設計されたと書かれていました。
http://naritama.org/report/jma_kakioka.html

by SORI (2010-07-25 10:10) 

Huck_Finn

アメリカの東部や中西部にも多いんですが、こういったゴシック建築(でいいのかな?)は、風情がありますね。
芝生が多いので、風景にマッチするんだな、これが。
by Huck_Finn (2010-07-25 11:13) 

SORI

Huck_Finnさん おはようございます。
建物自体は重厚な建物であるけれども内部は近代的な設備になっているようです。それになんといっても、開放されているところに感心しました。
by SORI (2010-07-25 11:22) 

サフィー

いつも写真を拝見させていただき、
海外旅行に行っている気分になります。
とても空が美しいですね。
by サフィー (2010-07-25 15:29) 

SORI

サフィー さん こんにちは
ヨーロッパの北の方は、冬はどんよりとした天気が多いけれど今の時期は、いい天気が続くので写真もきれいです。行ったときは本当に、すばらしい季節でした。
by SORI (2010-07-25 15:45) 

bickey

ご訪問&nice!ありがとうございました♪

綺麗な写真ばかりですねー。
行ってみたくなっちゃいます^^
by bickey (2010-07-25 16:26) 

SORI

bickeyさん こんにちは
うれしい、お言葉です。紹介し甲斐があります。ベルリンは、いいところでした。
by SORI (2010-07-25 17:14) 

さっちゃん

初めまして。ロシアの建物は渋くていい感じですね
by さっちゃん (2010-07-25 18:50) 

SORI

さっちゃん こんにちは
見ていただけたんですね。 うれしいです。 国や地域によって特徴があるのが面白いです。
by SORI (2010-07-25 19:08) 

youzi

これも素敵な建物ですね。
建物を見ているだけで、楽しくなってきますね。
by youzi (2010-07-31 22:16) 

SORI

youziさん こんばんは
ほんとうは内部に入るとよかったみたいです。でも見れただけでも幸せでした。
by SORI (2010-07-31 22:50) 

monkey

このアングルも味があって好きですね。
ヨーロッパの官公庁や議事堂は美しいですね。

by monkey (2015-07-27 01:10) 

SORI

monkeyさん おはようございます。
何百年も使うことを考えて石造り作っているのだと思います。石造りの建物は高価ですが、何百年も使えば安上がりになのかもしれません。
by SORI (2015-07-27 05:29) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1