SSブログ

ジンギス・カンの墓 [内蒙古]

写真の上のカーソルがの場合はクリックすると拡大します。

2024年03月09日再掲載 タイトル:ジンギス・カンの墓
内モンゴルの記事「内モンゴルの大草原」を再掲載して同じ内モンゴルの本記事も紹介したくなって再掲載することにいたしました。
元々の記事に掲載していた動画「ジンギス・カンの歌」が見れなくなったので、今回3つの動画を追加掲載いたしました。クリックすると拡大
前記時の「内モンゴルの大草原」の記事は呼和浩特(フフホト)に行った時に書いたものですが、今回の「ジンギス・カンの墓」は包頭(パオトウ)に行った時に書きました。
  2010年08月15日掲載
  2013年10月14日ブラシュアップ
  2024年03月09日再掲載 閲覧数 6,990 nice! 192 CMT 36
  2024年03月12日    閲覧数 7,296 nice! 267 CMT 48
  2024年03月14日    閲覧数 7,413 nice! 280 CMT 52
  2024年03月18日    閲覧数 7,522 nice! 288 CMT 52
  2024年03月31日    閲覧数 7,600 nice! 294 CMT 54

2010年08月15日掲載 タイトル:ジンギス・カンの墓
クリックすると拡大
今年の高校野球の吹奏楽部の演奏は宇宙戦艦ヤマトが多かったです。
以前の高校野球ですが不思議な軽快な音楽が流れていました。聞き覚えがあるのですが、なかなか思い出すことが出来ませんでした。フレーズから、やっと思い出せました。ジンギスカンの歌でした。そこで、ジンギスカンの墓の写真を紹介いたします。内モンゴルに行ったときに行く機会がありましたが、おそらく日本人でこの場所に行かれた方は少ないと思います。

ジンギスカンの墓(Genghis Khan's Mausoleum 成吉思汗陵)の建物の中央部分を拡大してみました。
チンギス・カン(1162年頃? ~1227年8月18日)は、モンゴル帝国の初代皇帝(大ハーン)で在位は1206年~1227年です。大小様々な集団に分かれてお互いに抗争していたモンゴルの遊牧民諸部族を一代で統一し、中国北部・中央アジア・イラン・東ヨーロッパなどを次々に征服して、人類史上最強と言われている世界帝国「モンゴル帝国」を築き上げた人で、いろいろと謎につつまれています。
クリックすると拡大

大きな建物なので、少し斜めから建物を撮りました。
紹介の墓は記念として1956年に作られました。チンギスカン陵(成吉思汗陵)と呼ばれており観光目的が大きいと思いますが、地元の人たちのよりどころになっているのも確かでした。地図で見ると場所はオルドスの高原の中南部で内モンゴル最大の町の包頭(パオトウ)から南に175kmの位置にありました。辺鄙な場所の上、新しい物なのに訪問者が多かったのが不思議でした。調べてみると中国の重要文化保護財に指定されていました。陵墓は敷地面積が5平方キロあるそうで、雄壮な感じがありました。
本当の成吉思汗(ジンギスカン)のお墓は見つかっていません。ジンギスカン(チンギス・カン)の死後、その遺骸はモンゴル高原の故郷へと帰ったそうです。場所は分かっていませんが地名は起輦谷で、いくつかある説の中ではモンゴル高原の中にあるヘンティー山脈の丘陵地が有力なようです。「元史」などの記述からチンギスと歴代のハーンたちの埋葬地はある地域にまとまって営まれたと見られていますが、その位置は重要機密とされ、『東方見聞録』によればチンギスの遺体を運ぶ隊列を見た者は秘密保持のために全て殺されたといわれています。また、埋葬された後はその痕跡を消すために一千頭の馬を走らせ、一帯の地面を完全に踏み固めさせたとされています。チンギスは死の間際、自分の死が世間に知られれば敵国が攻めてくる恐れがあると考え、自分の死を決して公表しないように家臣達へ遺言したとされたそうです。右下のチンギスカン肖像画はWikimediaから拝借いたしました。
建物はパオ式建築物が三つ連なり、正殿、寝殿、東殿、西殿などに分かれています。モンゴル族にとっては聖地で年に4回祭りが行われるそうです。特に3月21日は、伝統の祭祀日とされ、クリックすると拡大盛大な弔いの儀式が行われるそうです。成吉思汗の呼び方も微妙に沢山あります。
下の縦書き文字はモンゴル文字のジンギス・カンです。モンゴル文字は行が左から右へ綴られる左縦書きです。昔の日本語や中国語は右縦書きでした。
クリックすると拡大 ジンギス・カン ジンギスカン 
 チンギス・カン
 チンギス・ハーン
 Cenghis Khan 
 Čingγis Qan
 Чингис Хаан
 成吉思汗  
クリックすると拡大

こちらの人にとっては聖地ですね。建物の中では伝統的な儀式が行われていました。聞いてみると観光のためではなくて親戚が集まった記念の式だそうです。真中に積み上げられているのは羊の肉です。
クリックすると拡大

座った角度からの写真です。これらの設備が建物の中にあるのがすごいです。


建物の中ですが大事なものは四角いパオのような建物に入っていました。博物館も兼ねているようです。


謎のものが一つ! 入口からこのお墓までの道の両側にどう見ても日本の形の真新しい灯篭が並べられているのです。
ガイドの人も使われた経緯やこれが日本の形の灯篭であるとは知りませんでした。
日本向けに作られているものを、ここの建設担当者が見てこれが良いと思ったのではないでしょうか。
明らかに階段は新しいです。
       
このような旗を見るとジンギスカンの聖地と感じられてきます。
クリックすると拡大

男性が帽子をかぶっているのが印象的でした。


ジンギスカンの墓の脇には、いわくありげな塚もありました。この塚はオボーと呼ばれるようです。オボー(овоо)はモンゴルで建てられる、一種のケルン(標柱)だそうです。モンゴルの平原や平原にある小高い丘、クリックすると拡大あるいは山頂や峠のような高所に建てられることが多いそうです。オボーは主にチベット仏教の祭礼が行われる場所であるとともに、山岳信仰、テングリといった宗教的意味を示す役割もを持つそうです。右の写真は撮っている方向の角度は違いますがWikipediaに掲載されていた同じものと思われる写真です。


航空写真をやっと見つけました。4kmの一直線の道が印象的です。地図内のアイコンを数回クリックすると、この位置が判ってくると思います。
地図には成吉思汗陵と書かれており住所は内蒙古自治区鄂尔多斯市伊金霍洛旗布拉格路とありました。近くに大伊金霍洛遺址と書かれた場所がありました。そこの住所は内蒙古自治区鄂尔多斯市伊金霍洛旗でした。
一直線に4km延びる道の左上が成吉思汗陵で左下が大伊金霍洛遺址です。遺跡に対して何らかの関係で作られたものと思われます。大伊金霍洛遺址の伊金霍洛(エジンホロ)はモンゴル語で「君主の聖地」を意味するそうです。

ジンギスカンの墓(成吉思汗陵)から大伊金霍洛遺址の方向を見た景色です。クリックすると道が真っ直ぐに4km伸びていることを感じてもらえると思います。
クリックすると拡大

真っ直ぐに延びた道から反対にジンギスカンの墓(成吉思汗陵)の方向の写真です。ただし500m離れた場所に建つ東門の内側なので墓までは300~400mの距離だと思います。
クリックすると拡大

それではネットから拝借したジンギス・カンの歌を紹介いたします。是非とも、プレーボタンを押して歌を聴いてみてください。
歌っているグループ名はジンギスカン(ドイツ語: Dschinghis Khan)で1979年から1985年にかけて世界的に活躍した西ドイツの音楽グループです。
 名前 Dschinghis Khan
 結成 1979年(6人)
 出身 西ドイツ ミュンヘン
 活動 1979年~1985年 2005年 2007年~ 4人~7人
右下の写真の6名が結成時のメンバーで、写真の左から
クリックすると拡大 Wolfgang Heichel
 Henriette Pauline Strobel-Heichel
 Louis Hendrik Potgieter ダンサー
 Leslie Mandoki
 Edina Pop
 Steve Bender      です。


上の動画が見れなくなったので、別のサイトの動画を掲載しました。
Der Auftritt von Dschinghis Khan zu „Dschinghis Khan“ bei der Starparade 14.06.1979


こちらの方が3ケ月ほど古い動画です。
Der Auftritt von Dschinghis Khan zu „Dschinghis Khan“ bei der ZDF-Disco 26.03.1979


原文はドイツ語ですが歌詞を日本語に訳したサイトがありました。 その中のジンギスカンの歌詞の日本語訳を紹介いたします。ただし日本で歌われている日本語の歌詞とは、まったく違います。SMAPの日本語の歌はこちらです。→
1000人もの男たちが草原の風をめぐって賭けをした。 そのとき、ある男が馬で前を走りぬけ、皆盲目のように それについていった。それがジンギスカンだった。 馬のひづめが砂を叩き付け、あらゆる国々に不安と恐れをもたらした。 稲妻も雷も彼らを引き止めることはできなかった。
ジン、ジン、ジンギスカン 騎手よ、皆の衆よ、騎手よ、どんどん行け ジン、ジン、ジンギスカン、さあ同士よ、さあ飲め、喧嘩せい、どんどん。
ヴォッカを取ってこい、ホホホホー だっておいらはモンゴル人だ ハハハハー 悪魔だってへっちゃらさ
ジン、ジン、ジンギスカン、男達よ、男達よ いつものように踊れよ、そして彼の笑い声が聞こえる。 ホホホホー ますます大きな声で笑う ハハハハー そして彼は壷を一気に飲み干す。
そしてなんでも気に入ったものは 自分のテントに持って入った。 世界で彼を愛さない女はいなかった。 一夜で7人の子供をもうけた。 そして彼の敵については笑うだけだった。 なぜなら彼の権力に立ち向かう人はいなかったから。
ジン、ジン、ジンギスカン 騎手よ、人々よ、騎手よ、どんどん行け ジン、ジン、ジンギスカン、さあ同士よ、さあ飲め、喧嘩せい、どんどん。 ヴォッカを取ってこい、ホホホホー だっておいらはモンゴル人だ ハハハハー 悪魔だってへっちゃらさ ジン、ジン、ジンギスカン、男達よ、男達よ いつものように踊れよ、そして彼の笑い声が聞こえる。 ホホホホー ますます大声で笑う ハハハハー そして彼は壷を一気に飲み干す。

クリックすると拡大もう一つジンギス・カンの歌(日本語)の動画を紹介します。歌っているグループは2004年1月14日~2015年3月3日に活動したBerryz工房です。
右の写真はフリー百科事典Wikipediaから転用させていただきました。
歌の歌詞はこちらです。→ポチッ


日本語のジンギスカンの歌の歌詞を紹介します。上で紹介した原文のドイツ語の歌詞を日本語に翻訳したのとは全く違います。上のBerryz工房の動画を見ながら、この歌詞を目で追ってみてください。SMAPもこちらの歌詞の歌です。
チャンスを待つよじゃ あいつに負ける ウッハ ウッハ 二度とは燃えない 嵐が吹くぜ ウッハ ウッハ
キラキラ輝く御殿 ひとめぼれしたあの女 黄金(こがね)をつかむのさ ウッハ
ジンジンジンギスカン ヘイ ブラザー ホー ブラザー ナイス ブラザー ゴー ブラザー ジンジンジンギスカン ヘイ ライダー ホー ライダー ナイス ライダー ゴー ライダー 若者ならワッハハハー チャンスだ今 ワッハハハー 一緒に手をかざせ
ジンジンジンギスカン ヘイ ブラザー ホー ブラザー ナイス ブラザー ゴー ブラザー ジンジンジンギスカン ヘイ ライダー ホー ライダー ナイス ライダー ゴー ライダー 若者ならワッハハハー チャンスだ今 ワッハハハー お前も手をかざせ
打ったら攻めろ むかえ撃ちつぶせ ウッハ ウッハ あとにはひかない 突撃ジンギスカン ウッハ ウッハ
骨までしゃぶる悪玉を 右や左で切りきざみ 勝利をつかむのさ ウッハ
ジンジンジンギスカン ヘイ ブラザー ホー ブラザー ナイス ブラザー ゴー ブラザー ジンジンジンギスカン ヘイ ライダー ホー ライダー ナイス ライダー ゴー ライダー 若者ならワッハハハー チャンスだ今 ワッハハハー 一緒に手をかざせ
ジンジンジンギスカン ヘイ ブラザー ホー ブラザー ナイス ブラザー ゴー ブラザー ジンジンジンギスカン ヘイ ライダー ホー ライダー ナイス ライダー ゴー ライダー 若者ならワッハハハー チャンスだ今 ワッハハハー お前も手をかざせ

クリックすると拡大内モンゴルの代表的な都市の一つである包頭市(包头市)からジンギス・カンの墓への道を青色ラインで紹介します。五當召(五当召)はすでに紹介したラマ教の聖地です。
 ジンギス・カンの墓
 包頭市
 五當召(五当召)

より大きな地図で ジンギス・カンの墓 を表示
冒頭の内モンゴルとモンゴル国の小さな地図のフルサイズを掲載します。
クリックすると拡大
nice!(294)  コメント(54)  トラックバック(0) 

nice! 294

コメント 54

COLE

こんな歌があるんですね
びっくりしました
by COLE (2010-08-15 21:54) 

茶の間おじさん

蒙古:モンゴル帝国ってアレクサンダー大王帝国の二倍、古代ローマ帝国の四倍の領土だったって、札幌のポンペイ展でアナウンスされてましたけど、世界の車窓からまたは兼高薫さんの域に入ってますね。
by 茶の間おじさん (2010-08-15 21:55) 

SORI

COLEさん こんばんは
歌を聴いていただいたのですね。高校の吹奏楽部で演奏されていたのには驚きでした。テンポがいいので応援に向いているのかもしれません。
by SORI (2010-08-15 22:02) 

☆marilyn

私が中学校のころ、塾の先生がこれをいつもものすごい音で流していたのを覚えています(笑) 気分がハイになるのかしら。
すっごく個性的で、おもしろくて、いい先生でした。
by ☆marilyn (2010-08-15 22:13) 

SORI

茶の間おじさんさん こんばんは
モンゴルはほんとうに広いですね。大草原を見に行きましたが、すばらしかったです。
http://makkurokurosk.blog.so-net.ne.jp/2009-05-06

by SORI (2010-08-15 22:14) 

SORI

☆marilynさん こんばんは
なんと塾の先生のお気に入りの歌でしたか。楽しい歌ですね。
by SORI (2010-08-15 22:18) 

kotekoma

始めましてです
nice&訪問
ありがとうございますm(_ _)m
by kotekoma (2010-08-15 22:36) 

nyankome

この歌、一時はやりましたね~。
懐かしいです。
ジンギスカンの墓はきっと見付からないのでしょうね。
by nyankome (2010-08-15 23:07) 

ne3

モンゴルは未知の国です~!
とても興味深い事ばかりでした!
by ne3 (2010-08-15 23:21) 

SORI

kotekomaさん おはようございます。
内モンゴルは広い場所でした。車で土漠の中を長時間は走ってやっと着きました。
by SORI (2010-08-16 05:23) 

SORI

nyankomeさん おはようございます。
1227年8月18日に亡くなって以来、800年近く探し続けて見つからないので、見つけるのは難しいでしょうね。このような施設があること自体、日本では知られていないでしょうね。すごく大規模な施設でした。
by SORI (2010-08-16 05:30) 

SORI

ne3さん おはようございます。
施設の中で伝統的な儀式に出会えたのはよかったです。モンゴル帝国のことも、今までより少し知りました。
by SORI (2010-08-16 05:33) 

なち

モンゴルに興味があったのでブログ読めて嬉しかったです♪
モンゴルの民族の方って兄弟愛が凄く深いと聞いた事があって
羨ましく思った事があります。
私の興味がある者がモンゴル相撲だったので、モンゴル相撲の衣装とか載ってなかったのがちょっぴり残念・・・・・
でも、どれも鮮やかで綺麗ですねぇ~

by なち (2010-08-16 14:37) 

terrybear

日本ではたしか米米クラブが歌ってなかったですか?
海外の歌だったんですね~
てっきり彼ら(米米クラブ?)の歌かと思ってました~^^ヾ
by terrybear (2010-08-16 15:44) 

SORI

なちさん こんにちは
モンゴル相撲は見なかったけれど、ラマ経の聖地に行きました。その内にラマ経の聖地の記事を書かせていただきます。
by SORI (2010-08-16 20:31) 

SORI

terrybearさん こんにちは
米米クラブが歌っているとは知りませんでした。楽しい歌ですね。
by SORI (2010-08-16 20:33) 

youzi

ジンギスカンの歌、とても懐かしいです~。
確か、中学校頃に流行っていたと思います。
って言うと、年がばれてしまいますね(笑)
どうしてだか、分かりませんが、流行っていたんですよね。

by youzi (2010-08-25 21:30) 

SORI

youziさん こんばんは
私はジンギスカンの歌、知りませんでした。でもすばらしいテンポで聞いていて心地よい感じです。
by SORI (2010-08-26 20:03) 

ちゅんちゅんちゅん

おはようございます!
聴きました、ジンギスカンの歌☆
歌い出しは「?知らないな~?」でしたが
サビの部分で「あ~!」と(笑)
すまっぷまで聴いてしまって
頭の中で歌がぐるぐるしてます~(゜o゜)
by ちゅんちゅんちゅん (2013-10-14 06:54) 

kazu-kun2626

SORIさん おはようございます
さすがジンギスハ-ンのお墓ですね
立派です、 日本には義経がジンギス
ハ-ンになったなんて伝説も残ってますね((笑))
by kazu-kun2626 (2013-10-14 08:33) 

SORI

ちゅんちゅんちゅんさん おはようございます。
SMAPの歌まで聞かれたのですか。掲載させていただいた甲斐がありました。うれしいです。
紹介させていた代日本語訳とは少し違う歌詞のようです。
by SORI (2013-10-14 08:35) 

SORI

kazu-kun2626さん おはようございます。
さすがにモンゴルでは義経伝説を信じている人はいないようです。 このお墓が建てられて57年が経ったのですね。
by SORI (2013-10-14 08:39) 

PENGUIN

SORIさん、おはようございます。
ジンギス・カンのお墓、さすがのスケールですね。
歌超懐かしいです。ラジオでよくかかってましたよね。
by PENGUIN (2013-10-14 09:04) 

なんだかなぁ〜!! 横 濱男

ジンギス・カンの歌..
曲は良く聞きましたね。
タイトルは、知らなかったのですが、、。
元気が出る唄です。。
by なんだかなぁ〜!! 横 濱男 (2013-10-14 09:23) 

macinu

この歌懐かしいです~流行りましたね~!!私はチンギス・ハーンで覚えております~(^o^)v
by macinu (2013-10-14 09:49) 

SORI

PENGUINさん おはようございます。
確かにすごいスケールでした。伝統的な儀式に出会えたのはラッキーでした。儀式は中央の大きなドームの一番奥の部屋で行なわれていました。
by SORI (2013-10-14 11:06) 

SORI

なんだかなぁ〜!! 横 濱男さん おはようございます。
やはり、この歌は御存じでしたか。確かに高校野球の応援に使われるくらいですから元気が出ます。
by SORI (2013-10-14 11:08) 

SORI

macinuさん おはようございます。
ハーンの方が正式ぽいですね。世界最大の帝国を作った人なのに謎が多いですね。チンギス・ハーンにちなんだ近代的な建物がカザフスタンにありました。
 http://makkurokurosk.blog.so-net.ne.jp/2011-12-05
by SORI (2013-10-14 11:25) 

昆野誠吾

いや~かっこいいですね、男のロマンです!
遊牧騎馬民族、血沸き肉躍る響きです♪
何故かわかりませんが、モンゴル又は南米ペルー
辺りの文化や人々を見ると懐かしい気がします^^
by 昆野誠吾 (2013-10-14 15:55) 

SORI

昆野誠吾さん こんにちは
日本人は子供のころは蒙古斑があるわけですから、蒙古民族と近いDNAなのですね。確か南アメリカ大陸のインディオも北アメリカ大陸のインデェアンもモンゴロイドの系統の人種であることから、大昔に、この辺りの人が渡っていった可能性がありますね。
by SORI (2013-10-14 16:10) 

スミッチ

懐かしいですね「ジンギス・カン」歌詞の中身も面白い・ヨーロッパでは恐怖の対象だったのでしょうね
ついでに「めさせモスクワ」まで見てしまいました。
by スミッチ (2013-10-14 16:20) 

SORI

スミッチさん こんにちは
なんと「めざせモスクワ」も見られたのですね。
 http://youtu.be/lftzhgyN4f0
あの時代としては、果てしなく遠いヨーロッパまで侵略したとは想像を超えたものがあります。モンゴルの遊牧民族の血が高い先頭能力を生み出したのでしょうね。
by SORI (2013-10-14 16:40) 

カエル

ジンギスカンって人がいたんですね!食べ物の名前たとおもってましたぁ!
by カエル (2013-10-14 16:45) 

SORI

カエルさん こんにちは
確かに羊肉の焼肉の方が有名ですね。バイキングと言えば「食べ放題」というのと同じですね。いろんな有名な言葉が料理の名前等に使われてそちらが有名になることが多いですね。確か風立ちぬの中のシベリアというお菓子も、その類なのかもしれません。
by SORI (2013-10-14 17:02) 

sig

写真も動画も含めて、本当にすばらしい記事ですね。
by sig (2013-10-15 10:57) 

SORI

sigさん おはようございまする。
いいネタのおかげです。この場所に案内していただいた方に感謝です。

by SORI (2013-10-15 11:16) 

溺愛猫的女人

曲は知ってましたがこんな歌詞だったとは!?
昔、「義経=チンギスハン説」が唱えられた時はわくわくして本を読んだことがあります。
by 溺愛猫的女人 (2024-03-09 11:43) 

tamatora★

ドラマを見ているみたいに楽しかったです。
そして、あのダンスは私もつられて踊りだしました。
うっ、はっ、ってところだけうまく踊れました。
by tamatora★ (2024-03-09 12:25) 

ファルコ84

多くの相撲さんを輩出していますが、未知の国ですね!
それ位しか知りません!
それにしても、モンゴル相撲が日本に似ているせいか、多い。
by ファルコ84 (2024-03-09 16:31) 

JUNKO

異国情緒と豊かですね。
by JUNKO (2024-03-09 20:13) 

夏炉冬扇

お相撲の世界。席捲しておりますね。

by 夏炉冬扇 (2024-03-09 20:32) 

SORI

溺愛猫的女人さん おはようございます。
「義経=チンギスハン説」はロマンです。ジンギスカンの曲は今でも聞きたくなるテンポです。
今日は山口県に墓参りに行き広島に泊まります。明日は朝早い新幹線で関東の自宅に帰ります。
by SORI (2024-03-10 04:41) 

SORI

tamatora★さん おはようございます。
ジンギスカンのことが紹介できてよかったです。
歌はドイツのオリジナルと日本語が全く違うのに驚きました。音楽に合わせた作詞者はすごいです。
by SORI (2024-03-10 04:45) 

SORI

ファルコ84さん おはようございます。
モンゴル族のDNAが日本人のDNAに入っていることが実感いたしました。モンゴル相撲、見てみたかったです。
by SORI (2024-03-10 04:48) 

SORI

JUNKOさん おはようございます。
ほんとアジアなのに異国情緒を実感できる場所でした。
by SORI (2024-03-10 04:49) 

SORI

夏炉冬扇さん おはようございます。
モンゴルから出てきて活躍すると地元では大変なことなのでしょうね。そんな中で日本人が活躍するとうれしくなります。
by SORI (2024-03-10 04:53) 

tarou

SORIさん こんばんは
ジンギスカンの墓、立派な建物が有るんですね。
埋葬されているところはいまだに不明のようですが、
謎に包まれていて興味をそそられます。

by tarou (2024-03-10 17:36) 

ミケシマ

ジンギスカン(チンギス・ハーン)のことはなんとなくしか知らなかったので、とても勉強になりました!
有名なジンギスカンの曲、日本でもたくさんの人が歌っているんですね。SMAPやBerryz工房など、アイドルも歌っていたとは知りませんでした。
こちらのお墓は、日本人観光客があまり行かないようなところなのですね。貴重なお写真ありがとうございます!
本当のお墓は誰も知らない…というのは神秘的です。何が何でも隠したかったのですね。
航空写真で見つけるのも大変でしたでしょう!まっすぐに伸びる4kmの道、壮観です( ゚Д゚)
by ミケシマ (2024-03-11 23:58) 

SORI

tarouさん おはようございます。
建物が建てられたのは観光目的もあるのかもしれませんが、大切な儀式も行われていて、モンゴル族の人達のよりどころになっているようでした。
by SORI (2024-03-12 07:16) 

SORI

ミケシマさん おはようございます。
今回のジンギスカンの霊廟は飛行場のある大きな町(包頭)から170kmの距離がある上にも、その大きな町(包頭)に行くのにも飛行機で乗り継いでいく必要があっただけに、貴重な体験だったと思います。地元の人たちの儀式にも出会えたのは素晴らしかったです。オリジナルの記事に掲載していた動画見れなくなったのがきっかけで新しい動画を捜して記事に入れさせてもらいました。Berryz工房の動画も今回見つけて記事の中に組み込ませていただきました。
Google地図の航空写真も今はすごい機能が付いていますが、記事を掲載したころはまだまだ初期段階の方に近かったので探すのに苦労しました。さらにGoogle地図の中国国内は航空写真と地図が500mずれているので、さらに難しくしています。このずれが現在も修正されていないのに驚きです。
by SORI (2024-03-12 07:39) 

トモミ

本物じゃないとは驚きです(笑)!

by トモミ (2024-03-12 13:17) 

SORI

トモミさん おはようございます。
謎が多いことも神秘的です。
埋葬場所は、ヘンティー山脈の丘陵地やヘルレン川沿いの草原地帯などが候補として上がっているそうですが、発掘には至っていないそうです。
by SORI (2024-03-13 06:39) 

お名前(必須)

聴いたことは有っても、芸能界には疎いので、ジンギスカンの歌がSMAPとは知りませんでした(^_^;) 大草原?大砂漠?で星も見たいですが、もう行くことは出来ないかも(>_<)
by お名前(必須) (2024-03-20 20:28) 

SORI

お名前(必須)さん おはようございます。
私も記事を書くためにジンギスカンの歌を調べるまでSMAPが歌っているとは知りませんでした。不思議と心地よい歌です。
by SORI (2024-03-21 07:15) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0