So-net無料ブログ作成

メデウ・スケートリンク [アルマトイ]



アルマトイ(アルマティ)市内から車で約30分走ると海抜1520~1750mの美しい渓谷があります。そこにはメデウ・スケートリンク(Medeo Skating Rink)があり、その辺りはアルマトイの誇る観光名所のひとつになっているということで、さっそく行ってみました。上の写真はが、そのメデウ・スケートリンクの前を車で通った時に撮ったものです。
メデウ・スケートリンクは1972年につくられスピードスケートの数々の世界記録が生まれたために「世界記録の工場」といわれました。理由は良質の氷と書かれていますが、標高が1700mと高く気圧が低いことで空気抵抗が少ないことが本当の理由なのではないかと私は思っています。

12月から4月の週末はスケートが楽しめるが、スケートをしなくても週末はここを訪れる人々が多いそうです。それはスケートリンク裏にダムがあり、そのダムから美しい山間の自然が見られからだそうです。そのダムからメデウ・スケートリンクを撮りました。写真はクリックすると拡大します。
IMG_9696-960.jpg

そのダムからさらに約3km先にはシンブラン・スキー場があります。ダムからスキー場に向かうゴンドラを撮りました。
カザフスタンでは2011年に第7回アジア冬季競技大会(1月28日~2月6日)が、この町アルマトイ(アルマティー)と首都アスタナで開催されました。スキー関係の競技がこのゴンドラの終点で行われたのだと思います。したがって日本の選手の人たちはアルマトイをご存知のはずです。
 アスタナ(Astana)
   開会式 スピードスケート フィギアスケート ショートトラック
   アイスホッケイ(男子)
 アルマトイ(Almaty)
   閉会式 アルペンスキー クロスカントリー ジャンプ バイアスロン
   フリースタイルスキー オリエンテェーリングスキー バンデイ
   アイスホッケイ(女子)
こちらの写真もクリックすると拡大します。
クリックすると拡大

航空写真で説明いたします。青色マークの上側がメデウ・スケートリンクで下側の青色マーク(赤の横棒)がダムです。黄色のラインが上の写真で紹介したスキー場に登るためのゴンドラです。Google地図でゴンドラの長さを見ると6.1kmとかなり長いゴンドラです。ゴンドラのりばが赤色マークです。緑色のラインが車でダムまで登ってきた道を示しています。写真内のアイコンを数回クリックすると、この位置が判ってくると思います。

より大きな地図で アルマトイでの行動の範囲 を表示
ダムの上では馬に乗せる商売が繁盛していました。ダムの上を往復するのですが、結構、長い距離でした。馬に乗っているのが観光客で、後ろから付いてきている人が、この馬の持ち主です。


この馬に立って乗っている男性は馬の持ち主です。


この女性は右の写真のように、手馴れた感じで馬に上手に乗られていました。
クリックすると拡大この女性は、お客さんなのか馬の持ち主側の人なのかはわかりませんでしたが、一人で長く乗っていたので、この男性の娘さんの可能性が高いと思えました。このダムの上で馬乗せの商売している人は、みな家族のようなものなのかもしれません。


馬に乗っているのはカザフ人と思われる小学生くらいの兄弟です。馬を引いている人も中学生くらいだと思います。もちろん馬に乗っているのがお客さんで引いているのが商売をしている人です。


カメラを向けると急に速く走りががら曲乗りをしてくれます。何度もダムを往復してくれるのです。カメラサービスなのでしょうね。
子供の時から馬に乗っていたのかもしれません。曲乗りをしてくれているのは、娘さんと思われる人と立って一緒に乗っていた人です。


沢山の馬たちがいました。馬たちはつながれることもなく自由にしていましたが、不思議なことに馬達もカメラを向けるとポーズをとってくれるのです。
クリックすると馬ちゃんを拡大

ダムの上では沢山の観光客の人が記念撮影をしていました。
真中がSORIクリックすると拡大もちろん我々も5000mを越えるザイリスキ・アラタウ山をバックに記念撮影(右側の写真)をいたしました。私が真中です。観光客の人もきれいな景色の写真を撮られていました。左の写真はクリックすると拡大します。


こちらの車に乗ってダムまで来ました。町のホテルから16.7kmですが約1000m登りました。カザフスタンでは価格の高いベンツやポルシェの乗用車やスポーツカーよりも、この写真のような重くて頑丈な四駆車の方が格上と長くカザフスタンに住んでいる人から説明されました。

nice!(192)  コメント(22)  トラックバック(2) 

nice! 192

コメント 22

Ronnie

すごい距離のロープウェーですね!
by Ronnie (2011-08-06 22:19) 

SORI

Ronnieさん こんばんは
ゴンドラに乗るとすばらしい景色だと想像できました。
by SORI (2011-08-07 01:10) 

yoko-minato

頑丈な4輪駆動車が
好まれるのは凄く
いいことですね。

by yoko-minato (2011-08-07 11:20) 

SORI

yoko-minatoさん おはようございます。
国土が広く砂漠が広がった国だからなのかもしれません。車の種類が命に関わる時もあるかもしれません。
by SORI (2011-08-07 11:33) 

シービーちゃん

背が低いお馬さんですね。
サラブレッドではなさそうだし…。この土地原産の品種なのかな?
by シービーちゃん (2011-08-07 13:57) 

SORI

シービーちゃんさん こんにちは
昔チンギス・ハーンの流れを汲む騎馬民族の場所がらなので、その土地の馬がいる気がします。
カザフスタンの国旗にはチンギス・ハーンの青地に鷲の旗がイメージされています。チンギス・ハーンはカザフ人の誇りのようです。
by SORI (2011-08-07 14:13) 

fam-kaninchen

ご訪問、ありがとうございました!

皆さん、馬を乗りこなしてますねー!すごいです。乗馬と言うより、楽しんでられますね。私も始めたくなります。
by fam-kaninchen (2011-08-07 18:53) 

SORI

fam-kaninchenさん こんにちは
カザフスタンに長く行った人で乗馬に目覚めた人に出会いました。確かに機会は多くありそうです。
by SORI (2011-08-07 18:57) 

youzi

みんな、結構馬に乗っているんのですね。
黄河に行った時に、現地の農民と思われる人たちに
馬に乗れとしつこく言われて、うんざりした事を思い出しました。
かなりの金額で、乗りませんでしたが、
彼らにすると大切な収入源だったのでしょうね。
by youzi (2011-08-19 20:18) 

SORI

youziさん こんばんは
こちらの人は押し売りはしませんでした。写真を撮っても撮影代を要求されることはありませんでした。やっぱり先進国なのかもしれません。
それよりも皆さんがおおらかなのでしょうね。
by SORI (2011-08-19 20:47) 

cocoa051

6kmものロープウェイはかなりの距離、ちょっと不安な気持ちにもなりそうです。乗り心地はいいのかも知れませんが・・・。
by cocoa051 (2014-03-23 14:44) 

SORI

cocoa051さん こんにちは
スキー場まで一気に登るロープウェイです。新しかったです。天山山脈の支山脈にあたる場所です。
by SORI (2014-03-23 17:04) 

リンさん

観光客とはいえ、馬に乗り慣れているんですね。
この娘さん、さまになってますね。
by リンさん (2014-03-23 17:35) 

昆野誠吾

馬に立っていてすごいですね。
相当慣れているんでしょうね。
お客さんも楽しそう、自分も乗ってみたいです^^
by 昆野誠吾 (2014-03-23 17:43) 

SORI

リンさんさん こんばんは
さすがチンギスハンを国の父と呼ぶ、馬の国です。DNAを感じました。
by SORI (2014-03-23 18:03) 

PENGUIN

SORIさん、こんにちは。
ここの観光客は馬に乗り慣れているようですね。
皆さんリラックスしていて楽しそうです。
by PENGUIN (2014-03-23 18:04) 

SORI

昆野誠吾さん こんばんは
これこそ、動画を撮ればよかったです。かなりのスピードで走っていました。
by SORI (2014-03-23 18:05) 

SORI

PENGUINさん こんばんは
カザフスタンを感じることが出来ました。馬を大切にしている感じがしました。
by SORI (2014-03-23 18:16) 

なんだかなぁ〜!! 横 濱男

ゴンドラの長さが、半端じゃないですね。。
お馬さん、前足を斜め前医に出してのポーズ、
決まってますね。。
みんなカメラを構えるので、
覚えてしまったのかな。。
カワイイですね。。

by なんだかなぁ〜!! 横 濱男 (2014-03-23 20:47) 

SORI

なんだかなぁ〜!! 横 濱男さん こんばんは
別の場所でもカメラを向けるとポーズをとってくれました。結構、馬さんは賢いですね。
by SORI (2014-03-23 22:23) 

ちゅんちゅんちゅん

おはようございます!
曲乗りまで!!
馬は生活の一部、家族みたいな存在なんでしょうね(^^)
by ちゅんちゅんちゅん (2014-03-24 07:09) 

SORI

ちゅんちゅんちゅんさん おはようございます。
馬を身近に見ることが出来ました。可愛らしかったです。
by SORI (2014-03-24 07:54) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2