So-net無料ブログ作成

九寨溝 箭竹海(せんちくかい) 鴨のいる景色でした。 [九寨溝 黄龍]



諾日朗観光センターでの昼食のあとは日則溝方面にバスで登ってきて最初に、この箭竹海(センチクカイ)まで来ました。ここを散策した後は下りながら熊猫海、熊猫海瀑布、五花海、孔雀河道、珍珠灘、珍珠灘瀑布はバスを降りての遊歩道を歩いて散策しました。
箭竹海の上流側は草が生えた湿地になっていました。
標高は2618mで李連杰(ジェット・リー)や章子怡(チャン・ツィイー)が出演していた2002年の香港・中国合作映画「HERO/英雄」のロケ地になったところです。HERO/英雄は豪華なキャスト、美しい色彩が話題を呼び、中国映画の興行成績を塗り替えた映画です。衣装を担当したのはアカデミー賞受賞デザイナーのワダ・エミ(本名:和田恵美子)さんで、この映画の華ともいえる場面ごとに色を合わせる色彩のアイディアは日本人スタッフが提案したそうです。

湖の中の草地には小さな木も生えていました。きれいな花も咲いており独特の雰囲気の場所でした。


水と草地が複雑に入り組んでいました。箭竹海は深さ6m、面積17万㎡の湖です。湖岸の周囲には多くのヤダケが群生していて、ジャイアントパンダが好んで食べたそうです。熊猫海(パンダ海)の隣りなので箭竹海の名がつけられたそうです。


よく見ると草地と草地の間に鴨たちが沢山いました。


比較的近くにいた鴨を400mmの望遠で撮ってみました。


九寨溝で鴨を見かけたのはこの箭竹海だけでした。鴨の種類は中国名で緑頭鴨で、箭竹海は緑頭鴨の生息地だったようです。緑頭鴨を調べてみると、日本では一般的に見かける鴨で、マガモ(真鴨)でした。看板の日本語では緑頭アヒルと書かれていますが、直訳したために緑頭アヒルとなったようですが、野生の鴨(野鴨)で、アヒルではありません。九寨溝ではこのような看板は4ケ国語で書かれていました。4ケ国語とは中国語、英語、韓国語と日本語です。ネットで古い記事を見ると中国語と英語だけでしたが、日本人や韓国人の観光客が増えたための配慮なのだと感じました。


突然に遠くにいた5羽のカモが飛び立ちました。エクステンダーを取り付けて800mmにする余裕がなかったので400mmの望遠レンズのままで追ってみました。


先頭の鴨の頭は緑色ではないので雌の鴨のようです。どうやら1匹の雌を2匹の雄が追いかけているようです。撮影地点からの距離は約190mです。


上の写真は、このオリジナルの写真から黄色の枠の部分を切り取ったものです。右のリュックで持ってきた400mmのレンズでもこの程度の大きさにしか写らない距離でした。
周りの景色は流れているのに鴨に関しては、手振れ防止機能も働いて鴨だけにピッタリとピントが合っているのには感心いたしました。最近のレンズとカメラの性能の良さのおかげです。


上の3羽と合わせて5羽が着水寸前です。対岸にも遊歩道が見えます。


その5羽が着水しました。撮影地点から約370mの距離で、遠く離れてしまいました。


今の鴨の飛行ルートとその時の撮影位置を航空写真で説明します。湖の上側と下側の色が番うのは撮影の時期が違うためで、下の白くなっているのは湖が凍っている季節だと思われます。緑のラインが鴨の飛行ルートです。
クリックすると大きな航空写真を表示

箭竹海の下流側の方向の景色です。航空写真だと上方向(北方向)を撮った写真です。


箭竹海の上流の草原の間を流れてくる小川です。このような沢山の小川から水が箭竹海に流れ込んできていました。


九寨溝ではどこに行っても立派な遊歩道が整備されていました。


nice!(136)  コメント(16)  トラックバック(2) 

nice! 136

コメント 16

楽しく生きよう

お久しぶりです。

今回は撮影の様子を航空写真基に開設してもらっておもろかったです。

遅くなりましたがお礼を。
ブログに来て頂いてありがとうございました。
ぼちぼちやっていこうと思いますのでまた来てやってください。
by 楽しく生きよう (2012-07-08 14:02) 

SORI

楽しく生きようさん こんにちは
航空写真は便利です。写真や記憶と突き合わせることで行った場所などを特定することもできます。
by SORI (2012-07-08 15:51) 

花IKADA

水がとっても澄んでいるとかテレビで拝見しました、
大自然の中なのに遊歩道があるなんてすばらしいです^^;
by 花IKADA (2012-07-08 17:03) 

スミッチ

デジタルでトリミングが簡単になり、何枚撮ってもお金がかからなくなって。手振れ補正で手持ちでも撮影しやすくなってますよね、鳥を撮るには技術の恩恵は大きいですね。でないと私は撮ってないですね
by スミッチ (2012-07-08 19:31) 

飛狼

いま思うと、九寨溝も黄龍も雨に降られ、
小さな花や鳥に目をやる余裕がなかった気がします^^;
by 飛狼 (2012-07-08 20:45) 

SORI

花IKADAさん こんばんは
九寨溝では、いろんな景色に出会いました。共通しているのは水のきれいさでした。同じ水なのに場所によって影などの環境の違いで劇的な色の違い驚きました。九寨溝の次の記事辺りからの水の色に注目しください。この次はパンダ湖(熊猫海)を紹介するつもりです。
by SORI (2012-07-08 22:20) 

SORI

スミッチさん こんばんは
今回のカメラをプレゼントされて1ケ月目に、今回の写真を撮る機会を得ました。ますのコンパクトカメラだと鳥を撮ることはできなかったです。
by SORI (2012-07-08 22:24) 

SORI

飛狼さん こんばんは
景色のいい場所での天候は運まかせですね。今回は天候に関してはラッキーでした。でも雨の多い時期は水の量も多いので素晴らしい景色に出会えるチャンスもあります。特に、ここの秋は天気が変わりやすいですね。でも紅葉の景色は素晴らしいと思います。
by SORI (2012-07-08 22:29) 

まほ

素晴らしい自然ですね、水の色が美しいです。
鴨、飛ぶ姿がよく撮れていますねぇ・・・すごい!
やっぱり、コンデジでは無理ですよね。
by まほ (2012-07-09 02:37) 

SORI

まほさん おはようございます。
大きな湖が沢山ありました。こちらは鴨のいる景観が特徴でした、昔はパンダも景観一つだったそうです。今回の湖が九寨溝では4つ目の紹介記事です。あと13個の湖を紹介するつもりですが、それぞれに特徴がありました。
by SORI (2012-07-09 06:01) 

みんこ

すごいですね。400mmのレンズもって行かれたんだぁ〜!!
最近のレンズは重くないのですか?
(デジタル一眼は経験なしです。)
by みんこ (2012-07-10 13:52) 

SORI

みんこさん こんにちは
最近のレンズは手振れ機能なのが入っていて、けっして軽くなってはいないです。でもせっかくの九寨溝なのでリュックに入れて持ち歩きました。小さいけれど、その時の写真を掲載させてもらいました。
by SORI (2012-07-10 19:25) 

youzi

レンズと言うと、アメリカにいる友人と旅行に行くと、
友人が望遠レンズも持って行っていたのですが、
なぜか、私が望遠レンズを持たされたんです(>_<)
交換の時に落としたらって、ハラハラしながら、
手渡した事を思い出します。
SORIさん、レンズを持ってきてよかったと思える写真が
撮れましたね。
鴨、とても生き生きと撮れていますね。
by youzi (2012-07-14 22:12) 

SORI

youziさん おはようございます。
日本では普通の鴨ですが、チベットでは珍しいようです。九賽溝も鴨がいたのはこの湖だけでした。不思議な感じでした。
by SORI (2012-07-15 11:38) 

なんだかなぁ〜。横 濱男です。

風景だけ見ていると、日本と代わらないですね。
緯度的には、鹿児島当たりで、標高2618mだと
日本の剱岳くらいですね。
日本の森林限界が日本アルプス中央部では約2500mと
書いてありました。
さすが中国、この標高で普通の景色とは、
別の意味でビックリです。
by なんだかなぁ〜。横 濱男です。 (2013-06-08 11:43) 

SORI

なんだかなぁ〜。横 濱男です。 さん こんにちは
標高が高いところでも木や草が生い茂っているのには私も驚きました。標高が4000mになるとさすがに木が減ってきますが3000mだと、ほんと日本の平地と変わらないくらい木や草が生い茂っていました。水が豊富なことが関係があるのかなと感じました。

by SORI (2013-06-08 12:51) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2