So-net無料ブログ作成

黄河のイカダ下り 沙坡頭 [寧夏回族自治区]


クリックすると拡大
寧夏回族自治区・中衛市にあるテーマパークに行きました。この石の塔の場所がテーマパークの入口です。石の塔には沙坡頭と書かれています。中国語では沙坡头なのですが、「头」の省略前の「頭」が使われています。「沙」は日本語では「砂」なので沙坡頭は日本語では砂坡頭となります。

航空写真の右端にあるマークがテーマパークの入口の石の塔です。
テーマパークの沢山のアトラクションは黄河を上流に1.5km登るった場所の北側にあるのです。黄河の中をモーターボートで 茶色ライン で上流に向かいました。そこでいろんなアトラクションをした後の最後に 薄紫色ライン で、イカダによる黄河下りで出発地点に戻りました。
黄河を横断している 黄色ライン がすでに紹介のロープ滑降です。

より大きな地図で 砂坡頭(沙坡头) を表示
ここが上流に向かうためのモーターボート乗り場です。
クリックすると拡大

モーターボート乗り場の前の広場に不思議なものが飾られていました。横の看板には「沙坡頭宁夏中卫」と書かれていました。日本語では宁夏は寧夏で中卫は中衛です。
この時は、これが何であるかは判りませんでしたが後で知ることになるのでした。
クリックすると拡大

黄河を上るモーターボートは気持ちがよかったです。


一番手前の女性が我々の旅行社のガイドの方です。


モーターボートで着いた場所で、すでに紹介のいろんなアトラクションを楽しみました。
クリックすると動画を表示
クリックすると拡大

アトラクションを楽しんで、トングリ砂漠を満喫した後の最後のアトラクションが黄河のイカダ(筏)下りでした。不思議なイカダが沢山並んでいました。竹の下にあるのは羊の皮の浮き袋です。これを見てモーターボート乗り場の広場の前にあった謎の物の正体が羊の皮の浮き袋を使ったイカダであることが判りました。一隻のイカダに3個 x 5列 = 計15個の羊の皮の浮き袋が使われていました。このイカダに船頭+客4名の計5人で乗りました。広場に展示されていたイカダは28個使われていたので、実際にイカダが活躍していた時代には、もっと大きなイカダが使われていたのだと想像できました。
クリックすると拡大

クリックするとチケット全体を表示立掛けてあるとあるとよくわかりました。西夏時代から使われてきた伝統のイカダだったのです。浮き袋に使われている羊の皮は胴体に穴が開かないように皮を剥がす必要があるため、高いテクニックが必要だそうです。チケットには皮筏单程と書かれていました。单程は片道という意味です。皮筏は皮で出来た筏(いかだ)という意味だと思います。最後に不思議な乗り物を楽しむことが出来ました。このイカダのことをネットでは羊皮筏子と書かれていました。中国語の筏子はイカダ(筏)なので「羊の皮のイカダ」といういい方なのだと思います。


我々が岸を離れた後にもう一隻、岸を離れました。
クリックすると拡大

我々の前にも一隻、出ていました。我々は街ださんも含めて4人だったので丁度一隻に乗れました。
クリックすると拡大

私の足元です。羊の皮の浮き袋の上に乗っていることが実感してもらえると思います。


出発した時は3隻は離れていましたが、近づいてきて接近した状態で移動を始めました。最後までこの距離を保っていました。おそらく安全のためだと思われました。一隻が沈没しても他のイカダで助けられるとの考えではないでしょうか。みんなでワイワイ移動するのも楽しいです。手がつなげるほどに接近した時には、スマホを渡して写真を撮ってほしいと頼まれましたが、さすがに船頭さんに止められました。
クリックすると拡大

動画でも紹介いたします。是非とプレーボタン( )をクリックしてみてください。
日本語で「撮影ていますか。」、「撮影している。」、「まずい。」のことばが収録されてしまいました。


船頭さんが使っている櫂(かい)です。西洋流ではオールです。
クリックすると拡大

中間地点にある橋に近づいてきました。
クリックすると拡大

橋を、くぐりました。
クリックすると拡大

我々に船が近づいてきて、長い間、こちらを見ていました。
クリックすると拡大

安全確認をしているようでした。船には「安全巡査」「救援艇」と書かれていました。
クリックすると拡大

医バラクは3隻のイカダ旅です。
クリックすると拡大

冒頭の写真で紹介した石の塔が塚づいてきました。
クリックすると拡大

到着いたしました。
クリックすると拡大

此のイカダで黄河を下ってきました。写っている方が我々のイカダの船頭さんです。1.1kmの約15分間のイカダ下りでした。歩く速さしと同じ程度なので、意外と黄河の流れが速いことが判りました。
クリックすると拡大

下ったイカダは船で出発地点に運んでいました。
クリックすると拡大

銀川市にある博物館の中に西夏時代(1038年~1227年)の街並みを再現した「西夏民族街」の中にも羊の皮の浮き袋を使ったイカダ作りのお店が展示されていました、この地域の文化が今でも観光に活かされて残っていくのだと思います。


我々が帰ってくると運転手さんがスイカを買って待っていてくれました。実は寧夏回族自治区の中衛市は中国で最も美味しいスイカが採れることでも有名なのです。
クリックすると拡大

3日間ほどお世話になった運転手さんからプレゼントされた西瓜は格別に美味しかったです。テーマパーク沙坡頭のことを詳しく紹介している中国の方のブログがあったので紹介します。 → ポチッ → 和訳
クリックすると拡大

写真の女性も運転手さんと一緒に迎えに来てくれました。女性は運転手さんの友人であり同僚とのことでした。レストランに向かう車の中で、彼女が、私の撮った写真を見ているところです。右は彼女のスマホです。画面の写真は本人です。ブログに掲載することを許可を得て撮らせていただきました。沙坡頭は別のガイドの方でしたが、前日の銀川を案内してもらい夕食も一緒に食べました。この日も昼食に一緒に行くところです。我々3名+ガイドの女性+運転手さん+彼女(運転手さん友人)の計6人の楽しい昼食となりました。運転手さんは銀川での夕食の記事で登場してもらうのでそれまでお待ちください。この日の昼食も、近いうちに紹介します。
クリックすると拡大クリックすると拡大
nice!(83)  コメント(28)  トラックバック(2) 

nice! 83

コメント 28

toshi

1993年の7月、ここに行ったのですが、天候の関係で
いかだには乗れませんでした。

by toshi (2014-09-15 10:54) 

なんだかなぁ〜!! 横 濱男

ここのテーマパークは、アドベンチャー敵なのが多いですね。
広大なので、まだ色々出来そうな。。。
スイカも、完熟状態で、美味しそうです。。
by なんだかなぁ〜!! 横 濱男 (2014-09-15 11:45) 

SORI

toshiさん こんにちは
21年前にも、このテーマパークがあったのに驚きです。この場所に21年前に行かれたのにも驚きです。掲載の写真が懐かしかったのではないでしょうか。
by SORI (2014-09-15 12:12) 

SORI

なんだかなぁ〜!! 横 濱男さん こんにちは
実質的に無限の広さがあるので、いろんなアドベンチャーが出来そうです。不便な場所なのに沢山のお客さんが来られていたのには驚きでした。
by SORI (2014-09-15 12:20) 

やまだ

いかだで川下りか〜
黄河はスケールがデカイから楽しそう
by やまだ (2014-09-15 13:09) 

SORI

やまださん こんにちは
文化遺産のようなイカダで黄河を漂流出来るとは思いませんでした。楽しかったです。
by SORI (2014-09-15 13:15) 

hasseyおやじ

こんにちは。動画拝見しました。結構スリルありそうで、お尻がムズムズしてしまいました。 中国は一年中スイカがあり、デザートで必ずでてきますよね、甘くて美味しいです。
by hasseyおやじ (2014-09-15 16:03) 

SORI

hasseyおやじさん こんにちは
ここの西瓜は楕円形が特徴です。標高が1300mで夏でも比較的すごしやすいところでした。ここには美味しいスイカが出来る要因があるのでしょうね。
by SORI (2014-09-15 16:08) 

海のアングラーしんちゃん

またまた、こんにちわ。
中国語の筏子はイカダ(筏)なので「羊の皮のイカダ」、だったんですね!
なんか最初は豚かと思いました。
でも、さすが、中国、発想がすごいですね!
日本じゃ考えられないです。
中国の女性は、キレイな人が多いので、次の昼食風景が楽しみです。
もちろん、中国料理も是非、見たいです。

by 海のアングラーしんちゃん (2014-09-15 16:40) 

SORI

海のアングラーしんちゃんさん こんにちは
乾燥した地域で木や竹が少ないので羊の皮が活用されたのかもしれません。ほんとすごい発想ですが作るのは難しそうです。
今回はいろんなレストランで料理を楽しみました。是非とも紹介したいです。
by SORI (2014-09-15 17:07) 

poko

SORIさん、こんにちは。
ヒツジの皮のイカダってすごいですね。
おもしろい体験をされましたね。
中国でもっとも美味しいスイカは気になりますね。
美味しそうです。
by poko (2014-09-15 17:44) 

SORI

pokoさん こんにちは
イカダに関しては、ほんと面白い体験でした。
そのうちに、ここの西瓜だけで記事を書こうと思っています。
by SORI (2014-09-15 17:48) 

昆野誠吾

面白い筏ですね、乗ってみたくなりました。
動画拝見しましたがピチャピチャと穏やかな
水の音と強い風の音が臨場感抜群でした♪
by 昆野誠吾 (2014-09-15 18:07) 

toshi

21年前、このテーマパークは建っていませんでした。
イカダのコースだけ設定されていたのです。
中衛には寺院もありました。
by toshi (2014-09-15 18:22) 

SORI

昆野誠吾さん こんにちは
動画を見ていただけてうれしいです。雰囲気が判ってもらえたのではないかと思います。3隻の筏が一緒に行動するのも面白かったです。
by SORI (2014-09-15 19:36) 

SORI

toshiさん こんにちは
イカダ下りが発展してテーマパークになったのですね。現在の中衛市はマンションの建設ラッシュでした。近いうちに紹介したいと思います。
by SORI (2014-09-15 19:41) 

daylight

ヤバイヤバイ、イカダの方だと落ちそうで怖いです><
落ちたら黄河だし、行方不明にと勝手に妄想しましたw
慎重に安全確認されながらだとは思いますが、妄想だけで落ちる自信ありましたが場所により、なるべく緩やかなところを通っているんですよね?^^;
綺麗なお姉さん画像は好きです(笑)
by daylight (2014-09-16 03:21) 

SORI

daylightさん おはようございます。
確かに身近なところに水が流れているので、迫力がありました。救命胴衣(ライフジャケット)の着用が身の安全の頼りです。紐がしっかり結ばれていることを、入念にチェックされて、ゆるい場合はしっかりと結びなおされます。
もしかして落ちる人がいるので、安全を確認する船が近くを廻っているのかもしれません。写真の女性に案内してもらった銀川の記事を早く掲載しなければなりませんね。
by SORI (2014-09-16 05:05) 

Rinko

動物の形を思わせる筏に「なんだろう?」と思って拝見したら、羊だったんですね!!
スイカもすごく美味しそうです^^
by Rinko (2014-09-16 07:34) 

kazu-kun2626

SORIさん おはようございます
羊の風船を筏のブイにするんですね~
ビックリですよ(笑)
by kazu-kun2626 (2014-09-16 07:47) 

koni

羊の皮の浮き袋、ちょっとグロテスクですね。
イカダ下りはかなりスリリングですね。
by koni (2014-09-16 08:07) 

SORI

Rinkoさん おはようございます。
長く使い込んだ川の浮き袋のようでした。寧夏の文化を感じさせてくれる黄河下りでした。
by SORI (2014-09-16 09:43) 

SORI

kazu-kun2626さん おはようございます。
胴体の皮には傷をつけないように骨や肉を取り出すわけですから、高い技術が必要そうでした。いい経験をさせてもらいました。
by SORI (2014-09-16 09:46) 

SORI

koniさん おはようございます。
浮き袋は動物の形をしているので、確かにグロテスクです。確かにいろんなアトラクションの中で事故率(アクシデント率)は多いそうです。でも救命胴衣を着ているので、今の時期は命の危険は少ないと感じました。
by SORI (2014-09-16 11:32) 

sig

こんにちは。
動画はいいですね。筏のりをいっしょに体験しているようで、楽しませていただきました。かなり波立っているんですね。結構スリルがありそうですね。
by sig (2014-09-16 16:52) 

SORI

sigさん こんばんは
動画を見ていただいてうれしいです。やっぱり動画を残していると後で実感が湧いてきます。ラクダの時に撮らなかったのを後悔しています。でも動画を撮るとバッテリーの消耗が激しいので、電池の残量が少なくなると、つい控えてしまうこともありました。
by SORI (2014-09-16 19:44) 

youzi

この筏にはビックリです。
落ちたらって思うと怖いですが
乗ってみたくなりますね。
浮き輪もまさかと思ったら、まさかのものだったのですね。
by youzi (2014-09-30 22:27) 

SORI

youziさん おはようございます。
これは伝統の乗物でした。作るのはすごい技術です。楽しく乗らせていただきました。
by SORI (2014-10-01 11:28) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2