So-net無料ブログ作成

父の日のプレゼントは北海道産の殻付の活牡蠣でした。 [日々]

写真の上のカーソルがの場合はクリックすると拡大します。
クリックすると拡大
北海道の長男夫婦から父の日のプレゼントとして写真の殻付活牡蠣が届きました。牡蠣は北海道の厚岸町産で、カリスマ漁師の中嶋孝さんが作った牡蠣だそうです。
厚岸は「あっけし」と読むようで、厚岸産の牡蠣は有名なようです。
ちなみに昨年の父の日のプレゼントは北海道の地ビールでした。

牡蠣が届いたのは父の日(2015年6月21日)の一週間後の2015年6月28日(日曜)でした。長男夫婦は初めての子供(我々にとっては初孫)が6月12日に生まれるなど、6月前半は忙しかったことから、一週間後になったようです。
クリックすると拡大

箱を開けると、ちゃんと「お父さん ありがとう 心からの感謝を込めて送ります」のカードが入っていました。やっぱり、うれしいですね。
クリックすると拡大

大ぶりの殻付牡蠣が10個入っていました。前日の6月27日からワンコ(むさし)の手術の見舞いも兼ねて娘も来ていたので、3人で食べることにいたしました。
クリックすると拡大

食べるためには、先ずは下記の殻を開ける必要があるので、食べる寸前に殻を開きました。かなり活きがいいので開こうとすると力強く殻が閉るので、少し手間取りました。力強くしまってからの隙間に薄いナイスを入れるのは難しかったので途中から、厚いテーブルナイフを使いました。本当は牡蠣ナイフがあると便利なのだと思います。右の写真をクリックすると詳しい説明書を表示します。
クリックすると拡大箱の中に下記の殻の開き方の写真入りの説明書が付いていたので紹介します。軍手も箱に入っていました。
牡蠣の殻の開き方
 ①ケガをしないように両手に軍手をはめます。
 ②殻の平らな方を上に、深い方を下にして持ちます。
 ③殻の細くなっている方を自分に向けます。
 ④殻の隙間の殻の太いところにナイフを3cm入れます。
 ⑤貝柱があるのでナイフをスライドして貝柱を切ります。
 ⑥貝柱が切れると殻が少し開くので手で開きます。
 ⑦深い殻にくっ付いている貝柱も切ります。
クリックすると拡大
ネットに殻付牡蠣の剥き方の動画あったので紹介します。
ナイフが入らない場合は殻を少し割ってやるのがコツのようです。これからは殻を割るためのペンチも用意します。


無事にすべての牡蠣の殻を開けて、我が家で一番大きな直径29cmの皿に並べました。細長い牡蠣や丸い牡蠣など、いろんな形がありました。円形に並べられた牡蠣を見ると、フランスで牡蠣を食べた時のことを思い出しました。 → パリ リヨン
クリックすると拡大

拡大写真を掲載します。
クリックすると拡大

牡蠣がメインということでシャンパンを用意いたしました。シャンパンの銘柄はモンヴェルメイユ クレマン ド ロワール ブリュット(Montvermeil Crémant de Loire Brut)で、辛口です。
クリックすると拡大

もちろんレモンも用意いたしました。
クリックすると拡大

さっそく牡蠣をいただきました。もちろんレモンだけでいただきました。
クリックすると拡大

スープは、娘が5月30日から行っていたドイツ旅行のお土産です。ちなみに娘の父の日のプレゼントはドイツのレッドブルでした。そのうちに掲載したいと思います。
クリックすると拡大

大きな牡蠣で食べごたえもありました。レモンをたっぷりかけていただきました。
クリックすると拡大

シャンパン1本では少ないと思い、白ワインも用意していました。銘柄はメゾン ルイ・ジラール シャブリ(Maison Louis Girard Chablis)です。こちらも辛口を選びました。シャンパンと白ワインの2本が空いてしまいました。
クリックすると拡大

モッツァレラチーズとトマトの前菜も用意いたしました。オリーブオイルをたっぷりとかけました。
クリックすると拡大

ミョウガをたっぷりとかけた冷奴も用意いたしました。
クリックすると拡大

娘の大好きな春巻きも用意いたしました。結局、和、洋、中の料理となりました。どの料理もシャンパンやワインにあいました。
クリックすると拡大

家内は前々日まで友人と3人で福島に旅行に行っていたので、お土産の、笹蒲鉾もつまみに出しました。娘のドイツ旅行と、家内の福島の旅行と、初孫の話と、ムサシの手術の話で盛り上がりました。
クリックすると拡大

今回のプレゼントされた牡蠣の産地である厚岸湖の場所を紹介します。厚岸と牡蠣に関するネットでの記載を紹介します。
古来よりの牡蠣の町、厚岸
厚岸という地名は、アイヌ語の「アッケケシ」(牡蠣の多いところ)に由来しているという一説があります。その名の通り、数百年前の厚岸湖は天然牡蠣が豊富で、夏の産卵期にはカキの放卵で水面は真っ白になったそうです。また、牡蠣の殻だけで出来ていて、さらに生きた牡蠣で覆われている「牡蠣島」が幾つも点在していました。しかし、天然牡蠣は明治以降の乱獲により枯渇し、それからはさまざまな養殖方法への挑戦が為されてきました。


厚岸の牡蠣は寒冷地の為、ゆっくり育つ事により旨さがギュッと凝縮していて 1年を通して市場に出荷されているそうです。現在厚岸では約160軒の方が牡蠣作りをされていて、汽水湖の厚岸湖と海水の厚岸湾を絶妙なタイミングで移動させて美味しく育てるのが漁師の腕の見せ所で、厚岸の漁師さん達はそれぞれの美味しさに磨きをかけているそうです。
 厚岸漁業協同組合
  住所 北海道厚岸郡厚岸町奔渡3丁目1番地
  電話 0153-52-3152
  直売 北海道厚岸郡厚岸町港町5丁目3番地
  漁師 https://goo.gl/maps/F70Pb


こちらの湖岸から漁師さんが牡蠣の手入れに出ていくのだと思います。
航空写真上のプラスのアイコンを2回クリックする建物の雰囲気が判ります。湖の中の沢山の島は牡蠣で出来た牡蠣島で、天然牡蠣が堆積して出来た浅瀬(カキ礁)で、昔は大部分が活きた牡蠣で覆われていたそうです。厚岸湖には大小65のカキ礁(牡蠣島)があり、4号島とか、11号島のように番号が付けられています。
クリックすると拡大画面の上の方の牡蠣島(牡蠣島16号島)にある白い点のように見えるのが弁天神社です。拡大すると神社であることが判ると思います。弁天神社には嘉永5年(1852年)にクリックすると拡大山田文右衛門によって奉納された木彫りに極彩色を施した高さ約24cmの弁財天座像が祀られています。
この厚岸湖牡蠣島弁天神社は何度も場所を変えて建替えられましたが1964年に現在の場所に基礎の半永久的工事が行われたそうです。弁天神社および弁財天の写真はネットから転用させていただきました。

nice!(151)  コメント(34)  トラックバック(1) 

nice! 151

コメント 34

ゲンママ

SORIさん、おはようございます~
北海道の牡蠣、見事ですね!!
他のお料理も皆美味しそうで
楽しい話題も満載、素敵な父の日でしたね~^^
by ゲンママ (2015-07-04 05:29) 

SORI

ゲンママさん おはようございます。
久しぶりに、たっぷりと生牡蠣をいただきました。他の牡蠣を一緒に食べないと違いは判らないのですが、それでも美味しい牡蠣だと感じました。
by SORI (2015-07-04 05:53) 

kazu-kun2626

SORIさん
おはようございます
肉厚なカキにシャンペンに白ワイン
モッツアレラチ-ズたまらんですね~
素敵な父の日プレゼントですね
僕は 響12年 を頂きました
by kazu-kun2626 (2015-07-04 07:36) 

SORI

kazu-kun2626さん おはようございます。
よいウイスキーを頂いたのですね。ご家族が、一番よく、好みをご存じなのだと思います。
私も牡蠣が好きなことを覚えていてくれました。

by SORI (2015-07-04 07:45) 

tarou

こんにちは
生牡蠣にワイン美味しそうです・・・
良い父の日でしたね(^_^)v
by tarou (2015-07-04 10:57) 

てんてん

これはたまらん( ̄¬ ̄)ジュルッ!!!
by てんてん (2015-07-04 11:46) 

yoko-minato

立派な牡蠣ですね~。
こんな立派な贈り物・・・わが家には
あったかな~。
by yoko-minato (2015-07-04 12:43) 

SORI

tarouさん こんにちは
ほんとワインによく合います。小さい時は生牡蠣が苦手だった娘も生牡蠣が大好きになっていました。
by SORI (2015-07-04 13:51) 

SORI

てんてんさん こんにちは
殻付牡蠣は大好きなので海外では20個でも30個でも食べれてしまいます。ほんと美味しかったです。
by SORI (2015-07-04 13:56) 

SORI

yoko-minatoさん こんにちは
北海道は美味しいものが多いですね。美味しい牡蠣があるとは知りませんでした。
by SORI (2015-07-04 13:58) 

島猫

うわぁ~!美味しそうですね^^
厚岸産の牡蠣は日本一美味しいらしいですね。
僕も一度は食べてみたいですが^^;無理だろうな^^;
by 島猫 (2015-07-04 14:04) 

SORI

島猫さん こんにちは
厚岸産の牡蠣は、そんなに有名だったのですね。確かに、今まで食べて来たか気に比べて、確証はなかったけれど、美味しく感じながら食べていたのです。
by SORI (2015-07-04 14:19) 

poko

SORIさん、こんにちは。
殻付き牡蠣、とっても美味しそうです!
嬉しくて楽しい父の日になりましたね。
by poko (2015-07-04 15:14) 

なんだかなぁ〜!! 横 濱男

厚岸の牡蠣ですか。。
とても美味しそうです。
父の日プレゼント、嬉しいものですね。
by なんだかなぁ〜!! 横 濱男 (2015-07-04 15:36) 

SORI

pokoさん こんにちは
やっぱり殻付は格別ですね。新鮮だからでしょうね。レモンだけで食べるのが一番好きです。
by SORI (2015-07-04 16:18) 

SORI

なんだかなぁ〜!! 横 濱男さん こんにちは
早いもので息子夫婦が北海道に引越して1年になります。北海道の美味しい食べ物に詳しくなったようです。プレゼントは嬉しいです。
by SORI (2015-07-04 16:21) 

昆野誠吾

殻つき牡蠣をこんな風に食べてみたいです。
そして、モッツァレラチーズ!
これ毎日食べたいです^^
by 昆野誠吾 (2015-07-04 18:28) 

SORI

昆野誠吾さん こんばんは
最近は日本でもオイスターバーが増えて来たので食べる機会が多くなりましたが、昔は海外でしか食べれませんでした。確かにモッツァレラチーズはいいですね。
by SORI (2015-07-04 19:34) 

旅爺さん

釧路の魚市場に行けば美味しい牡蠣が食べられそうですね。
あの市場大好きなんです。
by 旅爺さん (2015-07-05 10:12) 

mimimomo

こんにちは^^
見事な牡蠣ですね。親孝行のお子様方^^
素晴らしい家族ですね。
by mimimomo (2015-07-05 10:31) 

SORI

旅爺さんさん こんにちは
釧路地区と言っていいほどの距離なので新鮮な牡蠣が食べれるのではないでしょうか。釧路の魚市場は未体験なので是非とも行って見たいです。秋刀魚の季節もいいですね。
by SORI (2015-07-05 12:25) 

SORI

mimimomoさん こんにちは
やっぱりプレゼントとをもらうとうれしいものですね。去年はビールで、今年は牡蠣と、私が好きなものばかりです。
by SORI (2015-07-05 12:34) 

あーちゃ

なんとまあ幸せ盛りだくさんの父の日ですね
息子さんに娘さん
皆さんの愛情につつまれて
こちらもほっこりした気持ちをいただけました
by あーちゃ (2015-07-05 18:30) 

リュカ

わー!これは嬉しいですね!
そしてめちゃめちゃ美味しそうです♪♪
牡蠣・・・そしてワイン♪
最強!!!(^^)
by リュカ (2015-07-05 18:31) 

azu-ri

豪華すぎるプレゼントですね!
お父さん大喜び(^^)
by azu-ri (2015-07-05 18:43) 

SORI

あーちゃさん こんばんは
父の日のおかげです。やっぱりプレゼントはいいですね。北海道は離れているけれども、娘が来てくれたおかげで話も弾みました。
by SORI (2015-07-05 19:00) 

SORI

リュカさん こんばんは
ほんとワインと牡蠣は最強の組み合わせです。ついついワインが進んでしまいました。
by SORI (2015-07-05 19:10) 

SORI

azu-riさん こんばんは
今まで知らなかったけれども、おかげで、北海道の牡蠣の美味しさを知りました。
by SORI (2015-07-05 19:12) 

Rinko

これは嬉しいプレゼントですね~^^
ほかのお料理も、どれも美味しそう!!
良い父の日を過ごされたんですね☆
by Rinko (2015-07-06 07:42) 

SORI

Rinkoさん おはようございます。
北海道の食を堪能いたしました。いい牡蠣なのに驚きました。
by SORI (2015-07-06 10:04) 

youzi

父の日のプレゼント凄いですね。
うちはスルーしましたが、遅れて弟が
焼酎を2本持ってきたようです。
by youzi (2015-07-07 17:40) 

SORI

youziさん こんにちは
海外でも、殻付牡蠣が食べれるお店を見つけると、必ず入るほど大好きです。それだけに美味しくいただきました。
by SORI (2015-07-07 18:23) 

はらぼー

これは本当に美味しそうですねぇ。

ボクは一度某スーパーのカキフライにあたってから、
大好きだった牡蠣が食べられなくなってしまいました。
でもこの牡蠣だったら、食べてもあたらなさそうに・・・
・・・いやいや、あの苦しみを思い出すと、やはり無理かと・・・。
by はらぼー (2015-07-07 23:13) 

SORI

はらぼーさん こんばんは
貝類はあたると厳しいものがありますね。大好きな牡蠣が食べられなくなってしまったとは、大変な経験だったと推察いたします。
by SORI (2015-07-08 01:20) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1