So-net無料ブログ作成

ひな祭りと言えば散し寿司 [雛祭り]

写真の上のカーソルがの場合はクリックすると拡大します。
クリックすると拡大
昨日は3月3日の雛祭りでした。我が家でも床の間に雛人形を飾りました。雛祭りはいつ頃から始まったのか歴史的にははっきりしていないそうですが、平安時代には貴族の子女の雅びなの遊びごとが行われていた記録があり、少なくとも数百年の歴史ある風習と言えます。
雛人形は古くから嫁入り道具のひとつとされ立派な雛人形が残されています。最近では娘が生まれてから用意することが多いようで、我が家でも娘が出来た時に家内の実家に買ってもらいました。雛人形には君ヶ代雛(きみがよびな)と名付けられています。一秀作だそうです。 

雛祭りと言えば、ちらし寿司というのが我が家の感覚です。さっそく家内がちらし寿司を作ってくれました。ほかの人の記事を読んでいると「雛祭りと言えば、ちらし寿司」は、我が家だけでなく一般的にも思われているようです。調べてみると風習的に雛祭りと散し寿司が直接的には結びつくことは無いようです。しかしながら昔は散し寿司は豪華で手間のかかる料理であったことから祝いの席で食べられる料理でした。当然ながら雛祭りでも散し寿司が食べられていました。その習慣が他の行事よりも色濃く、今も続いているというのが「雛祭りと言えば散し寿司」になった理由のようです。私の感覚ですが、散し寿司の華やかさが女の子の祭りに似合っていたのだと感じています。
クリックすると拡大

ちらし寿司を拡大いたしました。ちらし寿司の中には具が入っていますが上に乗せられているのはいくら、海老、椎茸、錦糸玉子、しそ、海苔です。一番時間と手間がかかっているのが椎茸で長い時間をかけて作っていました。
クリックすると拡大

愛媛の鯛の刺身も用意されていました。皿は小砂焼の国山窯のものです。
歌が出てきそうです。
  ・ あかりをつけましょ、ぼんぼりにお花をあげましょ、桃の花、
五人ばやしの笛太鼓、今日はたのしいひな祭り
  ・ お内裏様と おひな様、 二人ならんですまし顔、
お嫁にいらした ねえさまに、よく似た官女の白い顔
  ・ 金のびょうぶに うつる灯を、かすかにゆする春の風、
すこし白酒めされたか、赤いお顔の右大臣
  ・ 着物をきかえて帯しめて、今日はわたしも、はれ姿、
春のやよいの、このよき日、なによりうれしい、ひな祭り
クリックすると拡大

ちらし寿司に鯛の刺身となると、やはり日本酒の熱燗です。ちょうどよい温まり具合に出来ました。今回は特別純米酒にいたしました。お猪口と銚子は出石焼です。
クリックすると拡大

お酒は特別純米・八千代桜です。私は長い間ビール党だったので人が家に来るとき以外は日本酒を買うことはありませんでした。ただし、日本酒は美味しいので好きなお酒で外では時々飲んでいました。そんなこともあり、最近、日本酒を家で飲み始めたのですが、気になっていたお酒が今回の八千代桜です。私の住んでいるのは千葉県佐倉市ですが、位置的には限りなく千葉県八千代市に近い場所なのです。気になっていた理由は八千代桜が八千代市のふるさと産品となっているお酒だったからです。
クリックすると拡大ただし、醸造蔵は千葉県香取郡神埼町神崎本宿1916番地にあります。醸造蔵が八千代市にないのに八千代桜と名付けられているのは八千代市米本の水田で栽培された醸造用米が使われているからです。
つまり私の家から最も近い場所で栽培された米を使って作られたお酒と言えるのです。精米歩合60%は吟醸酒相当です。
  精米歩合 60%
  日本酒度 +3(辛口)
  酸度   1.3
  度数   14.5度
クリックすると拡大

春らしく菜の花も用意されていました。こちらの小鉢も小砂焼の国山窯のものです。小砂焼の窯がある場所は栃木県那須郡那珂川町小砂あたりです。小砂焼は国山窯以外に柿窯、朱雀窯、市川窯、藤田製陶所、松並陶苑、いさご陶芸があります。1997年にこれらの窯元を訪ねて購入いたしました。
クリックすると拡大

ちらし寿司と言えば、お吸い物も欠かせないです。
江戸時代までの雛祭りは和暦(旧暦)の3月の節句(上巳 桃の節句)である3月3日(現在の4月頃)に行われていた。雛祭りを桃の節句と呼ぶのは旧暦の3月3日は桃の花が咲く時期であることも英起用しているそうです。明治の改暦以後は一般的にグレゴリオ暦の3月3日に行なうようになりました。ただし一部の地域では引き続きに旧暦3月3日に祝うところもあり、東北・北陸など積雪・寒冷地では新暦4月3日に祝うところも多いそうです。
クリックすると拡大

それでは以前に掲載記事の写真ではありますが我が家の雛人形を紹介します。
こちらが、「ひな祭り」の歌でいうお内裏様(おだいりさま)です。
男雛は正式には天皇を表しているそうです。天皇に、のみ許されている立纓の冠を戴いていることからも、そのことがうかがえます。金箔の寸法は109mm角です。屏風の文様から本物の金箔が屏風に張られているのだと思われます。金箔の価格を調べてみると100枚で2万8千円くらいでした。
クリックすると拡大

そして、こちらが主役のお姫様です。つまり正式には皇后にあたります。ちょっと珍しいおさげ髪のお姫様です。
飾るのは節分が終り、立春(2月4日)頃から、遅くても2月24日までに飾りつけるのが一般的なので、今回は仕来り通りに出来ました。
ちなみに片づけは、節句が終ったらすぐに片付けた方が良いとされています。雛人形は子どもの災厄を身代わりとなって守ってくれるため、長い間身近においておかないで早くしまわなければ縁起が悪いと言われています。
クリックすると拡大

上の写真はクリックすると拡大しますがクリックが面倒な方のために拡大写真を掲載いたしました。本写真をクリックするとさらに4倍に拡大いたします。つまり面積では16倍に拡大します。拡大写真を見ると顔の表情がよくわかると思います。この写真は今日、窓の障子を開けると太陽の光がお雛様にあたったので写真を撮って追加させてもらいました。
クリックすると拡大

髪形を、もう少し見ていただくために斜めからも撮りました。今回の場合、ほとんどの写真はフラッシュを上向きに光らせて撮っています。いつの時代も髪はおしゃれの象徴なのかもしれません。調べたところ、この雛人形は女性作家の木村一秀さんの作品のようです。木村一秀さんは1979年に通商大臣指定の伝統工芸士に認定され、さらに1985年には勲五等瑞寶章を授章されていました。この雛人形を買ってもらったのが1988年の桃の節句の前でした。
クリックすると拡大

後髪の形がわかる方向からも撮りました。黒い髪に露出を合わせたので全体が明るくなってしまいました。そのかわり髪の一本一本がわかると思います。この写真は是非ともクリックしてみてください。
クリックすると拡大

水平から撮った写真も紹介いたします。
ひな祭りは別称「桃の節句」あるいは「雛の節句」で、正式には「上巳の節句」だそうです。節句として知られているのが5月5日の「端午の節句」に7月7日の「七夕の節句」です。あまり知られていませんが9月9日の「重陽の節句」と1月7日の「人日の節句」を加えて五節句だそうです。
でも節句と単に言うと3月3日の「桃の節句」の「ひな祭り」ですね。雛あられは食べました。
クリックすると拡大
nice!(101)  コメント(22)  トラックバック(1) 

nice! 101

コメント 22

toshi

ちらし寿司、とても美味しそうですね。
by toshi (2016-03-04 06:21) 

SORI

toshiさん おはようございます。
ちらし寿司はお酒にとても合いました。美味しくいただきました。
by SORI (2016-03-04 06:44) 

kazu

SORIさん、おはようございます。

品のあるお雛さまですね。
お雛様の髪形も衣装も豪華です。
ちらしずし、美味しそうですね。

わが家も孫娘が初節句でした。
やはりお雛様を床間に飾り、ちらしずしでお祝いをしました。
by kazu (2016-03-04 06:46) 

SORI

kazuさん おはようございます。
やはり雛祭りはちらし寿司でしたか。初節句おめでとうございます。我が家の初孫も初節句ですが北海道なので会えないのが残念です。
by SORI (2016-03-04 06:50) 

yoko-minato

奥様の手作りのちらしずしはとても
美味しそうですね。
我が家は何もできませんでした。
夫がひな祭りをささやかに祝うために
和菓子を買ってきてくれました。
by yoko-minato (2016-03-04 08:10) 

Rinko

木目込みの雛人形、素敵ですね~!
今年は私が2月の中旬まで忙しかったこともあり、お雛様出すタイミングを逃してしまいました。涙
昨日(3月3日)は軽くお祝いして、明日(土曜日)に家族揃ってひな祭りする予定です^^
奥様のちらし寿司、丁寧ですね~。とても美味しそうです❤
by Rinko (2016-03-04 08:20) 

SORI

yoko-minatoさん おはようございます。
ご主人様の買ってこられた和菓子は美味しかったことでしようね。我家でも雛あられと道明寺の桜餅が用意されていて、お昼にいただきました。昼と夜で雛祭りを満喫させたもらいました。
by SORI (2016-03-04 09:13) 

SORI

Rinkoさん おはようございます。
明日が本番のお祝いですね。娘さんが3人おられるので楽しい雛祭りになるのでしょうね。
我家でも、よく雛人形を飾り忘れることがありました。でも、最近はよく飾っている方だと思います。せっかくのきれいな人形なので飾らないともったいない気がします。
by SORI (2016-03-04 09:20) 

サンダーソニア

ウチは五目ずしに 
お刺身は各々好きに摂って食べるようにしました。
お刺身は 売り切れが多かったのです。
スーパーのお魚屋さんは 
とっとと(魚屋だけに) 帰ってしまっていて
調理部門は真っ暗でした。
by サンダーソニア (2016-03-04 13:40) 

SORI

サンダーソニアさん こんにちは
確かに魚屋さんは大繁盛だったでしようね。雛祭りの食べ物を調べてみると
 散し寿司 蛤のお吸い物 菱餅 雛あられ 白酒
                       でした。
散し寿司と五目寿司の違いも調べてみました。これからすると我が家では具も混ぜ込んでいるので五目散し寿司になりそうです。
 五目寿司 酢飯に具財を混ぜ込んだ寿司
 散し寿司 酢飯の上に具財を散りばめた寿司
by SORI (2016-03-04 14:27) 

johncomeback

soriさんこんにちは。
息子が先月、八千代から所沢に引っ越しました(^-^)
by johncomeback (2016-03-04 14:33) 

夏炉冬扇

お酒も上等でずか、器もいいですね。

by 夏炉冬扇 (2016-03-04 15:54) 

らる

ちらし寿司,お刺身,お吸い物,お酒!
どれも美味しそうですね~(^^
by らる (2016-03-04 16:03) 

SORI

johncomebackさん こんにちは
東京を挟んてせ反対側に引越しをされたのですね。所沢もいいところですね。先輩が住んでいます。
by SORI (2016-03-04 16:05) 

SORI

夏炉冬扇さん こんにちは
お酒に関しては研究中ですが、あまりにも多いので迷ってしまいます。
by SORI (2016-03-04 16:10) 

SORI

らるさん こんにちは
雛祭りは食べて飲むための口実なのかもしれません。いずれにしても美味しくいただきました。
by SORI (2016-03-04 16:11) 

なんだかなぁ〜!! 横 濱男

我が家は、手巻き寿司でした。
お雛様は、箱の中に入ったままです。
7段飾りなので、出す場所が無くなりました。。

by なんだかなぁ〜!! 横 濱男 (2016-03-04 21:13) 

昆野誠吾

うちは坊主ばっかりで雛祭りには縁が
ありませんが、妹がいるので子供の頃は
雛飾りを出して飾りつけするのを一緒にやりました。
成人してからは全然出していない様子ですが^^;
by 昆野誠吾 (2016-03-04 22:45) 

ryang

こんばんは
お雛様にちらし寿司、お酒、お祝いですね^^
華やかな食卓で楽しそうです。


by ryang (2016-03-05 01:16) 

SORI

なんだかなぁ〜!! 横 濱男さん おはようございます。
確かに7段飾りは大変そうです。その点では我が家は簡単だと言えるのかもしれません。 手巻き寿司はよくやるので雛祭りで手巻き寿司をやったこともあるのではないかと思います。
by SORI (2016-03-05 05:11) 

SORI

昆野誠吾さん おはようございます。
うちは男・男・女です。末っ子のおかげで雛祭りをすることが出来るようになりました。私の子供のころは美味しいものを食べた記憶だけです。
by SORI (2016-03-05 05:15) 

SORI

ryangさん おはようございます。
ちらし寿司は華やかで雛祭りの料理に一番合っているような気がします。だから昔から雛祭りと言えば散し寿司なのでしようね。
by SORI (2016-03-05 05:18) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1