So-net無料ブログ作成

大トリアノン宮殿(Grand Trianon) [ヴェルサイユ宮殿]

写真の上のカーソルがの場合はクリックすると拡大します。

ヴェルサイユ宮殿から循環トレイン(ミニトレイン)に乗って最初に向かったのがヴェルサイユ宮殿敷地内にある大トリアノン宮殿(Grand Trianon)です。大トリアノン宮殿は1670年にルイ14世が宮廷の目を逃れモンテスパン夫人と会う隠れ家として中国風の小宮殿「磁器のトリアノン 」を建造し、1687年ジュール・アルドゥアン=マンサールの設計により改築したものだそうです。大トリアノン宮殿はリンダーホーフ城のデザインにも影響を与えたそうです。ここでは戦勝国によるハンガリー分割を行うトリアノン条約の調印が行われました。1963年から1966年に改修が行われ、その後は迎賓館として用いられました。上はGoogle航空写真の3D機能で表示させた大トリアノン宮殿です。

ルイ14世の時代の大トリアノン宮殿には義妹の パラティーヌ王女、娘婿のシャルトル公爵、娘のブルボン公爵夫人が居住し、またマリー・レクザンスカもこの宮殿を好み、気候が良い時期に滞在していたそうです。マリー・アントワネットは、この宮殿で時々芝居を上演していましたが、住まいとしては、ルイ16世から贈られた小トリアノン宮殿(Petit Trianon)のほうを好んでいました。
ナポレオン・ボナパルトは、この宮殿の修復を命じ、その後は妻のマリー・ルイーズ皇后とともに何度も滞在したそうです。
ド・ゴール将軍は1963年に大トリアノンの改築を指示して共和国の迎賓館として利用できるようにするとともに、森のトリアノンと呼ばれる北翼に大統領の邸宅を設置させたそうです。
下記の地図のが大トリアノン宮殿です。
   ヴェルサイユ宮殿 紫色で囲った部分
   大トリアノン宮殿 緑色で囲った部分
   小トリアノン宮殿 臙脂で囲った部分
   マリー・アントワネットが暮らした村里
   ランチを食べたレストラン La Flottille
  ━━ ヴェルサイユ宮殿の敷地境界


東方向から見た大トリアノン宮殿です。この宮殿の奥に大トリアノン宮殿のための広い庭園が広がっています。
大トリアノン宮殿は薔薇色の大理石と斑岩でできた小さな宮殿はイタリアの建築様式の影響を受けた1階建ての建物です。
クリックすると拡大

こちらが南側です。
クリックすると拡大

こちらが北側です。
クリックすると拡大

南側の奥に入口がありました。ここから入りました。
クリックすると拡大

我々も入口に向かいました。
クリックすると拡大

入口を入ると中庭になっていました。列から離れて写真を撮らせてもらいました。
クリックすると拡大

その中庭の写真です。
クリックすると拡大

薔薇色の大理石が使われていることが判ってもらえると思います。
クリックすると拡大

中庭から建物の中へ入りました。
クリックすると拡大

緑色で囲った部分()が大トリアノン宮殿です。建物の中には沢山の部屋がありましたので紹介したいと思います。
 ① 居間-1(名前は不明)
 ② 居間-2(名前は不明)
 ③ 鏡の間(Le salon des Glaces)
 ④ 皇后の寝室(La chambre de l’Impératrice)
 ⑤ 礼拝堂の間(Le salon de la Chapelle)
 ⑥ 柱廊(Le Péristyle)
 ⑦ 円形の間( Le salon Rond)
 ⑧ 控えの間(L’Antichambre)
 ⑨ 音楽の間(Le salon de Musique)
 ⑩ ルイ・フィリップの家族の間(Le salon de famille de Louis-Philippe)
 ⑪ 孔雀石の間(Le salon des Malachites)
 ⑫ 皇帝の地図の間(Le cabinet topographique de l’Empereur)
 ⑬ 涼みの間(Le salon Frais)
 ⑭ コテルの回廊(La galerie des Cotelle)
 ⑮ 森のトリアノン翼棟(L'aile de Trianon-sous-bois)
 ⑯ トリアノンの庭園(Les jardins de Trianon)



居間-1(名前は不明)
宮殿の中に入って最初に入った部屋です。赤色の椅子と黄金色の脚のテーブルが印象的でした。
クリックすると拡大

シャンデリアが宮殿の部屋であることを感じさせてくれました。
クリックすると拡大

長い廊下を通って次の部屋に向かいました。
クリックすると拡大クリックすると拡大


居間-2(名前は不明)
2番目に入った部屋がこちらです。こちらも調べてみましたが部屋の名前は分かりませんでした。窓からの光は制限されていて暗かったけれども、やはり宮殿部屋だと感じられました。
クリックすると拡大

部屋ごとにソファーや椅子の色が違うのが印象的でした。部屋の中では色は統一されていました。
クリックすると拡大


鏡の間(Le salon des Glaces)
こちらの部屋が沢山の部屋の中で最も美しい部屋であったと思います。ネットで検索しても南棟で最も美しい部屋と書かれていました。こちらの部屋も窓からの光を制限されていました。目で見ると写真ほどは暗く感じませんでした。
クリックすると拡大

少し露出調整して明るくしてみました。美しい部屋だと実感してもらえるのではないでしょうか。
クリックすると拡大

角度を変えて撮った写真です。この部屋は1691年から1703年までルイ14世が使用し、閣議もここで行われたそうです。トリアノン宮殿のほとんどの部屋と同じく、装飾は元のままに保存されていますが、家具調度品は革命時に売却され、ナポレオンによって他の家具と入れ替えらたそうです。
クリックすると拡大

シャンデリアも見事でした。1810年から1814年までは、マリー=アントワネーットの姪の娘にあたるマリー=ルイーゼ皇女が大客間として使用していたそうです。
クリックすると拡大

鏡の間の窓からの庭の景色です。
クリックすると拡大


皇后の寝室(La chambre de l’Impératrice)
帝政期には皇后マリー=ルイーズが使用し現在の状態に家具調度品が整えられました。
元はルイ14世の寝室で、部屋を区分しているコリント式の柱と、モザイク式に彫刻された素晴らしい木工細工の装飾が特徴的です。
調度品のほとんどは皇后が使用して時代のものですが、ベッドだけは、ナポレオンがチュイルリーで使用していたものだそうです。ルイ16世の兄弟のルイ18世が1824年に亡くなった時のベッドでもあります。
クリックすると拡大

こちらの部屋の椅子やソファーはシックな赤色に統一されていました。
クリックすると拡大

ベッドを正面から撮りました。
クリックすると拡大

ベッド部分を拡大いたしました。さすが王室の人達が使ったベッドです。
クリックすると拡大

柱で仕切られた小部屋も紹介します。
クリックすると拡大

小部屋の方から見た寝室です。
クリックすると拡大


礼拝堂の間(Le salon de la Chapelle)
こちらが南棟で最後に紹介する部屋です。元々、この部屋は礼拝堂でした。
1691年にルイ14世が、ここに居を構えた時に、控えの間に改造されましたが、当初の目的を維持していたそうです。奥の扉から祭壇の奥まった部分に通じており、ミサが終了すると扉を閉めて部屋として使ったようです。
クリックすると拡大

絵画は福音の伝道師である聖マルコと聖ルカが描かれています。
ジャン=バティスト・ヴァン・ローの描いたルイ15世とマリー・レクザンスカの肖像画が、トリアノンの王妃の滞在を象徴しているそうです。
クリックすると拡大

礼拝堂の間にふさわしく十字架も部屋に飾られていました。
クリックすると拡大


柱廊(Le Péristyle)
柱廊は部屋ではなく南棟と北棟の間の屋根のある屋外の空間です。
ただし1810年にナポレオンは、自分の居室と皇后の居室の行き来を容易にするために、ペリスタイルの両側をガラス張りにさせて部屋の回廊になったそうです。ただし、1910年にガラス張りは取り払われて現在形になったそうです。この柱回廊が大トリアノン宮殿の特徴になったと言えます。南棟側から北棟方向を見た景観です。
東側が四角い太い柱で、西側が丸い柱です。
クリックすると拡大

こちらが東側の四角い太い柱です。薔薇色の大理石がふんだんに使われています。
クリックすると拡大

こちらが北棟から南棟方向を撮った景観です。丸い柱にも薔薇色の大理石が使われていました。
クリックすると拡大

庭園から見た大トリアノン宮殿です。中央の柱が並んだ部分が柱廊です。
クリックすると拡大

東の石畳の広場から見た大トリアノン宮殿です。中央が柱廊です。この写真はクリックすると特別に大きく拡大します。是非とも宮殿の雰囲気を感じてください。
クリックすると拡大


円形の間( Le salon Rond)
柱廊から北棟に入ったところが円形の間です。円形の間というよりはホールと言った感じです。このホールから1688年から1691年までルイ14世が3年間だけ使用した最初の居室に入ることができます。
クリックすると拡大

こちらがルイ14世が3年間だけ使用した居室ではないかと思います。
クリックすると拡大

比較的広い部屋でした。
クリックすると拡大


控えの間(L’Antichambre)
元々はルヴァンの書斎でしたが、マントノン夫人の大客間になったそうです。1812年、中二階へ通ずる階段を作ったために奥行きが浅くなり、皇帝の秘書の書斎になったそうです。
クリックすると拡大


音楽の間(Le salon de Musique)
この部屋に入って最初に目に入ってきたのはビリヤードの台です。今のビリヤードの台のような穴はありませんでした。ナポレオン時代に入れられたために、その時代のビリヤードの台のようです。
クリックすると拡大

見事な装飾品でした。ルイ14世の最初の居室の控えの間で、王の夕食が出された部屋だったそうです。王の食事中に演奏家が音楽を奏でたことから音楽の間と呼ばれているようです。
クリックすると拡大

ビリヤードの台をアップいたしました。穴が無いように見えましたが、コーナーには穴があるようです。クリックすると判ると思います。
クリックすると拡大


ルイ・フィリップの家族の間(Le salon de famille de Louis-Philippe)
広い部屋でした。この広い部屋はルイ・フィリップが、2つの部屋を合わせて作らせたそうです。黄色を基調にした椅子が印象的な部屋でした。
トリアノンに滞在することを好んだ王と家族は、夜になると、この広間でまれてひと時を過ごしたそうです。
クリックすると拡大

椅子やソファーだけでなく壁も黄色にそろえられていました。
クリックすると拡大

黄色基調の家具は当時流行した家具だったそうです。
クリックすると拡大

見事なな部屋で南棟の鏡の間と美しさを争う部屋だと思います。
クリックすると拡大


孔雀石の間(Le salon des Malachites)
ロシア皇帝アレクサンドル1世がナポレオンに贈った孔雀石の台が、この部屋の名前になっているそうです。
クリックすると拡大

宝石で出来た台と言えるのかもしれません。
クリックすると拡大

孔雀石は存在感がありました。
クリックすると拡大


皇帝の地図の間(Le cabinet topographique de l’Empereur)
元々は書斎で、泉の木立ちに向かって開かれた部屋でした。ル・ノートルの最後の設計で、小川が小さい森を縫って流れていたこの木立ちは、ルイ16世の時に取り払われたそうです。この部屋はマントノン夫人の居室に通じ、木工細工の装飾は1713年の製作でその中にヴェルサイユの庭園の眺めがはめ込まれていました。
クリックすると拡大

1810年にナポレオンはこの部屋を地図の間にし、隣の部屋を小居室にしたそうです。
クリックすると拡大


涼みの間(Le salon Frais)
この部屋が北棟の北に端にあることから、涼みの間の名前がつけられたようです。この部屋はナポレオンの閣議の間として使用され、シャルル10世がここで1830年7月31日、大臣たちに別れを告げた場所でもあるそうです。
クリックすると拡大

時計のように見えるのは気圧・温度計でバイイの作品だそうです。
クリックすると拡大


コテルの回廊(La galerie des Cotelle)
この回廊はトリアノンの花壇を冬の寒さから保護するために建造されたそうです。この回廊は南側(左側)には12の両開きのフランス窓があるのに対して、北側(左側)には5つしかありません。
クリックすると拡大

この回廊は24の絵画で飾られています。そのうちの21枚がジャン・コテルの作品です。これらの絵画には1687年の造園当時のヴェルサイユとトリアノンの木立ちが描かれており、17世紀の庭園の貴重な資料にもなっているそうです。
クリックすると拡大

第一次世界大戦の ハンガリーとの講和条約が1920年6月4日に調印されたのもこの回廊だったそうです。
クリックすると拡大

長椅子が置かれている部分にはルイ=フィリップが、ルイ15世のラングドック産大理石の氷入れが入った食器戸棚が置かれていました。
クリックすると拡大

正面の建物の中がコテルの回廊です。
クリックすると拡大


森のトリアノン翼棟(L'aile de Trianon-sous-bois)
単にトリアノン・スー・ボワとも呼ばれている棟です。
宮殿建設から20年が経過してルイ14世の家族全員が住むには狭すぎるものになりました。王の願いを満足させるために、ジュール・アルドゥアン=マンサールが、この「森のトリアノン翼棟」を建設したそうです。今までの建物が1階建なのにたいして、こちらは2階建でした。最初は王の義妹パラティーヌ夫人が、その後はその子供たちが住んだそうです。
クリックすると拡大


トリアノンの庭園(Les jardins de Trianon)
庭に面したすべての部屋から多くの種類の花を見ることが出来るそうです。特に宮殿中央の柱廊からの庭園は圧巻でした。こちらは柱廊から見たその庭園です。
クリックすると拡大

こちらは柱廊の中央からの庭園の景色です。
クリックすると拡大

コテルの回廊のある建物から南方向を見た景色です。
クリックすると拡大

次の小トリアノン宮殿方向に歩いていくときの景観です。建物の中はコテルの回廊です。北側は窓が少ないことが判ってもらえると思います。
クリックすると拡大

緑の中に白い小さな花が咲いていました。
クリックすると拡大

ピンクの花も咲いていました。
クリックすると拡大
nice!(81)  コメント(10)  トラックバック(3) 

nice! 81

コメント 10

kazu-kun2626

おはようございます
立派すぎる隠れ家ですね(笑)
by kazu-kun2626 (2016-10-10 06:53) 

SORI

kazu-kun2626さん おはようございます。
高価なバラ色の大理石が使われるなど、力の入れようが伝わってきました。すばらしい離宮です。
by SORI (2016-10-10 07:00) 

kazu

SORIさん、こんにちは。

大トリアノン宮殿の存在すら知りませんでしたよ。
ミニトレインに乗っての移動、ツアーでは絶対出来ない相談です。

豪華なバラの大理石を使ったり、贅沢三昧の宮殿ですね。
素晴らしかったでしょうね。
by kazu (2016-10-10 11:12) 

SORI

kazuさん おはようございます。
今回は、マリー・アントワネットが暮らした村里を是非とも見たかったので、ミニトレインを使って足を延ばしました。
大トリアノン宮殿を見た後に、村里に行き、その後に小大トリアノン宮殿の中も見学いたしました。
どこも、趣のあるところでした。

by SORI (2016-10-10 11:23) 

みぃにゃん

当時からするとすごい建築技術ですね。細部までこだわってるのがわかりますね。
by みぃにゃん (2016-10-10 12:38) 

mayu

宮殿それ自体が、一つの街のようですね。マリーアントワネットのプチトリアノンの方が、日本では有名なのでしょうか。
by mayu (2016-10-10 15:27) 

SORI

みぃにゃんさん こんばんは
すごい建築技術だと思います。見ることが出来て幸せでした。
by SORI (2016-10-10 19:53) 

SORI

mayuさん こんばんは
やはりマリー・アントワネットがあまりにも有名ですね。ヴェルサイユ宮殿にも住んで、大トリアノンにも住んで、小トリアノンに住みましたが、小トリアノンはマリー・アントワネットの専用住居だったので有名なのでしょうね。村里の王妃の館にも部屋がありました。
by SORI (2016-10-10 19:59) 

Rinko

薔薇色の大理石、きっと当時はもっと鮮やかだったんでしょうね~!
それぞれのお部屋にテーマカラーがあって、本当に素敵です。
by Rinko (2016-10-11 13:50) 

SORI

Rinkoさん こんにちは
当時、薔薇色の大理石は宝石のようにピカピカに磨かれていたのだと思います。
ご指摘のように、まさにテーマカラーです。1階建なのが優雅さを物語っています。
by SORI (2016-10-11 15:28) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 3