So-net無料ブログ作成

中国のゴルフ場 龙悦谷东盟高尔夫俱乐部 [安徽省]

写真の上のカーソルがの場合はクリックすると拡大します。
クリックすると拡大
この度、2015年4月6日から4月17日まで97回目の中国に行っていました。その間の土曜日である4月11日にゴルフをいたしましたので、報告いたします。海外では今までに台湾、インド、ベトナム、タイでゴルフをしたことがあったのですが、今までに96回も訪問していた中国では初めてのゴルフでした。

場所は上海の中心から西に直線距離で250kmの場所にある龍悦谷グルフ俱楽部です。近くの市の宣城(273万人)や蕪湖(384万人)からだと1時間30分の距離です。地図をクリックすると百度地図で場所を表示します。
クリックするとGoogle地図

下の写真がクラブハウスの入口です。その入口の表示には龙悦谷(龍悦谷)と書かれていました。しかしネットで龙悦谷を検索しても詳しいことはあまり出てきません。


調べてみると、最近、経営が変わり白马山庄から龙悦谷に名前も変わったことが判りました。下の写真がネットで出てきた同じゴルフ場のクラブハウスの入口の写真です。この昔(2008年12月14日)の写真に白马山庄と書かれていることからも名前が変わったことが判ってもらえると思います。ゴルフ場を紹介します。
正式名の中の东盟(東盟)はアセアンの意味で、実際には省略して白馬山庄高爾夫倶楽部と言われることが多いようです。
名前の中の高尔夫俱乐部(高爾夫倶楽部) はゴルフクラブのことです。
 旧名 白马山庄东盟高尔夫俱乐部 ( 白馬山庄東盟高爾夫倶楽部 )
 新名 龙悦谷东盟高尔夫俱乐部 ( 龍悦谷東盟高爾夫俱楽部 )
 住所 安徽省宣城市宣州区狸桥镇白马山庄 ( 宣城市宣州区狸橋镇白馬山庄)
 電話 0563-3492818
クリックすると記事を表示

入口のロビーです。右の壁にはキャディー(球童)の顔写真が沢山貼られいました。
上からA級球童、B級球童、C級球童です。
  A級キャディー  5人
  B級キャディー  7人
  C級キャディー 14人


チェックインカウンターです。クラブハウスのいたるところに龙悦谷(龍悦谷)


さっそくチェックインをいたしました。名前を書き込みます。宿泊施設のチェックインもこちらで行なうようです。


ロッカールームです。かなりゆったりとしています。


クラブハウスの入口からの景色です。正面には別荘地が広がっており、ゴルフ場は左の方にあります。


クラブハウスから見て右方向(南西方向)です。


こちらが左方向(南東方向)です。沢山の別荘が立ち並んでいました。
クリックすると拡大

比較的最近に植えられたと思われる桜の花が咲いていました。別荘地の向こう側にコースが広がっていました。
クリックすると拡大

クラブハウスの全景の写真が撮れなかったのでネットから拝借いたしました。こちらのクラブハウスにはホテルのような宿泊設備があります。建物の左側が宿泊設備です。


こちらがコースの配置です。我々はINコース(10番ホール)からスタートしました。クリックすると拡大するので各ホールの形がし要塞に判ると思います。
クリックすると拡大

コースのスペックです。18ホール、パー72、7076ヤード
  BLACK 3583Y + 3493Y = 7076Y
  GOLD  3430Y + 3295Y = 6725Y
  BLUE  3285Y + 3147Y = 6432Y
  WHITE 3143Y + 2992Y = 6135Y
  RED   2975Y + 2713Y = 5688Y
クリックするとコース説明を表示

クラブハウスの入口前から出発いたします。左側は宿泊設備になっていました。


プレーヤー2人に対してキャディーは一人です。2人乗りのカートの後ろにキャディーが立って乗ります。前のカートはプレーヤーが1人なのでキャディーが運転席に乗って運転しています。


スタートの10番ホールです。右側に池があり右はブッシュのため球が左にいってしまうと、その位置から1ペナで打つことになります。つまり池と同じ扱いなのです。右も左も池と言うことになります。
クリックすると拡大

こちらは14番ホールです。150Y(BLUE)のショートコースです。
クリックすると拡大

こちらは18番ホールです。INの最終ホールです。こちらも両側共に池の難しいロングホールです。
日本では9ホール周ったところで昼食のための休憩がありますが、中国では休憩なしでスルーで周るためにホールアウトするとすぐに1番ホール(OUTコース)に向かいました。
クリックすると拡大

上の写真で山の上に風力発電の風車が並んでいるのに気が付かれた方も多いと思います。それは、平原の多い中国では珍しい地形によるものです。一直線の尾根のある山なのです。
クリックするとGoogle地図

尾根の風車の部分の拡大航空写真です。クリックするとオリジナル航空写真を表示します。
クリックするとGoogle

難しいショートホールがあったので航空写真で紹介します。8番ホールです。難しい理由はグリーンの際まで池があることです。さらに池に落ちて救済のはずの特設ティーも約100ヤードの池越えとなります。女性用のREDティーも150ヤードの池越えで高い球で止める必要があるため、女性でもかなりの腕の人でないと厳しいかもしれません。


プレーを終わって上がってきたところです。この後、シャワーを浴びて着替えて昼食です。キャディーは女性もいますが男性が多かったです。


料理は中華料理です。料理はいずれも美味しいです。やっぱり麻婆豆腐です。
クリックすると拡大

ゴルフの後はビールが格別です。


ワカメスープもなかなかのものでした。


セリのような野菜とハムの炒め物も美味しかったです。
クリックすると拡大

麺も頼みました。


麺を頼むと漬物がついてきました。


今回の費用を紹介いたします。2台の車の1日チャーター費用が1100元です。人数は5人のため交通費は一人当たり220元/人となりました。8人であれは138元/人です。食事代を除いた費用は一人、950元(18164円)でした。8人であれは868元(16596円)となります。
  プレー+キャディー費等 680元 
  キャディーへのチップ   50元
  交通費         220元
  合計          950元   日本円は19.12円/元で計算           


上で紹介の画像とダブりますがGoogle航空写真にコースを記入したオリジナルも掲載いたします。


Google地図でも場所を紹介します。
      ゴルフ場 龙悦谷东盟高尔夫俱乐部
      上海で泊まったホテル 花園飯店
  A~B   蕪湖市のホテルからの車のルート 68km


こちらが龍悦谷ゴルフ倶楽部のスコアカード(Score Card)です。表面がツルツルで鉛筆では字が書けませんでした。ボールペンを持って行くことをお薦めします。
クリックすると拡大

海外でゴルフをしたのは下記の5ケ所だけです。
 台湾   1991年 淡水ゴルフクラブ
 インド  1994年 プライベートの公園
 タイ   2000年 Laem Chabang International Country Club
 ベトナム 2002年 Vietnam Golf & Country Club
 中国   2015年 龙悦谷东盟高尔夫俱乐部

タグ:ゴルフ 中国