So-net無料ブログ作成

戦闘の回廊 Galerie des Batailles [ヴェルサイユ宮殿]

写真の上のカーソルがの場合はクリックすると拡大します。
クリックすると拡大
この写真は「王子の階段」から小さな入口から入って最初に目に入って来る「戦闘の回廊」です。

今回紹介する「戦闘の回廊」はヴェルサイユ宮殿の中で最も大きな部屋です。この回廊は、下の航空写真でも判るように、南翼の2階全体を占めていて、1837年にルイ=フィリップ王によって作られました。ちなみにルイ=フィリップ王の在位は1830年8月9日から1848年2月24日です。ヴェルサイユ宮殿自体は1624年にルイ13世の狩猟の館として建てられたのが始まりで、その後に増築が行われて1682年にルーブル宮殿から、政府と宮廷が移されて宮殿となり、その後も増改築が行われました。
  ヴェルサイユ宮殿    1682年建設 Château de Versailles 本館
  鏡の回廊  長さ 73m 1687年完成 Galerie des Glaces
  戦闘の回廊 長さ120m 1837年完成 Galerie des Batailles


ヴェルサイユ宮殿で最も大きな部屋の大きさは
 長さ 120 m
 幅   13 m   です。
クリックすると拡大

壁に掛けられた35点の絵画は、トルビアックの戦い(496年)からワグラムの戦い(1809年)まで、フランス軍の歴史における最も重要な出来事を描いたもので、ウジェーヌ・ドラクロワ作の「タイユブールの戦いの聖王ルイ」、フランソワ・ジェラール作の「アンリ4世のパリ入城」、オラス・ヴェルネ作の「フォントノワの戦い」などがあります。
クリックすると拡大

上の写真と似ていますが見ている方向が違います。こちらの写真は窓が左にあり、上の写真は右にあります。つまりこの写真は南から北方向を撮った写真なのです。この部屋では600人から800人までのディナーパーティーを開催することができます。
クリックすると拡大

こちらの写真も窓が左にあるので南から北方向を撮った写真です。「戦闘の回廊」では北端と中央と南端にそれぞれ8本(北端)、32本(中央)、8本(南端)の柱が建てられており、それが回廊のアクセントになっていました。写真に写っているのは中央と北端の柱群です。
クリックすると拡大

中央の32本の柱群からの「戦闘の回廊」の景観です。ここが回廊の中心部になります。片側が60mで総長さが120mになります。
クリックすると拡大

天井は天窓になっていました。
クリックすると拡大

天窓と梁の間の天井の装飾です。
クリックすると拡大

中央の32本の柱群と天井の飾りです。
クリックすると拡大

その柱群の部分の天井の装飾を拡大いたしました。
クリックすると拡大

35点の絵画はいずれも大きかったです。
クリックすると拡大

絵画をいくつか紹介したいと思います。こちらは1242年7月21日の戦闘を描いたもののようです。
BATAILLE DE TAILLEBOUR G
GAGNEE PAR SAINT LOUIS
21 Juillet 1242.
クリックすると拡大

絵画と絵画の間には沢山の石像が飾られていました。
クリックすると拡大

こちらの絵画は1214年7月27日の戦闘を描いたもののようです。
BATAILLE DE BOUVLNES
GAGNEE PAR PHILIPPE AUGUSTE
27 Juillet 1214.
クリックすると拡大

こちらの絵のタイトルは写真からは読み取れませんでしたが大作でした。
クリックすると拡大

回廊の一番北側の部分です。
クリックすると拡大

その北側の壁の絵がこちらです。
クリックすると拡大

そして、こちらが南の端です。
クリックすると拡大

南の端の壁の絵を拡大いたしました。
クリックすると拡大

回廊の南端に近い場所から見た外の庭園の景色です。
クリックすると拡大

回廊の南端からは元の場所に戻る細い廊下がありました。その廊下の写真を紹介したいと思います。
  戦闘の回廊
  廊下


戦闘の回廊の南端の出口を出てすぐの通路(廊下 )です。突き当りを左に曲がるとまっすぐな廊下を見ることが出来ます。
クリックすると拡大

こちらが、その長い廊下です。回廊と呼んでもいいかもしれません。石像が沢山並んでいました。
クリックすると拡大

途中で窓がなく暗くなる所かせありました。
クリックすると拡大

暗いところを過ぎるとまた明るくなりました。
クリックすると拡大

外には煙突が沢山見えました。
クリックすると拡大

出発地点である「王子の階段」に戻ってきました。
クリックすると拡大

下から見上げた「王子の階段」です。ここから1階に下りました。
クリックすると拡大

追伸
今日2016年9月20日から9月27日まで関西に行っています。その間はネット事情の関係で皆様のところに訪問できないことお許しください。


2016年9月20日 14時10分追伸 タイトル:飛行機が欠航になりました。
成田空港11時55分発で関西空港行きのフライトに乗るつもりで成田空港まで行きました。台風16号のために、結局12時20分に欠航との結論になりました。今日の新幹線に乗るつもりで、搭乗口を一番で離れて駅に向かいましたが、念のため航空会社のチェックインカウンターの一部に欠航扱いカウンターが開かれたので、話を聞いてみようと行ってみると、先頭に並ぶことが出来ました。今日のフライトは満席だったので、明日の朝一のフライトを聞くと空いていたので、そちらに変更してもらい、先ほど家に帰ってきました。幸いにも台風16号は9月20日21時ごろに、静岡県沖で温帯低気圧に変わりました。
クリックすると拡大
nice!(62)  コメント(12)  トラックバック(1) 

nice! 62

コメント 12

kazu-kun2626

おはようございます
絵画の大きさと数、彫刻の
多さ、凄すぎですね~
さすがベルサイユ宮殿です
by kazu-kun2626 (2016-09-20 06:29) 

SORI

kazu-kun2626さん おはようございます。
ヴェルサイユ宮殿の中では新しい方の部屋になります。それでも179年前に造られた部屋ですね。
by SORI (2016-09-20 07:14) 

Rinko

戦闘の回廊と言うだけあって他の部屋とはまた違った落ち着き感がありますね。
天井の装飾や床の板の張り方にも目が行ってしまいます。すごく素敵ですね~。
by Rinko (2016-09-20 08:37) 

SORI

Rinkoさん こんにちは
見事な回廊でした。32本の柱がある部分は、あらゆる意味で圧巻でした。
今日、関西に行くつもりでしたが、予定の飛行機が台風16号のために欠航になったことから、関西行きは、明日に延期いたしました。
by SORI (2016-09-20 14:34) 

poko

SORIさん、こんばんは。
120mもの長さに人が側にいるとわかる大きな絵
天井の装飾も本当に豪華で素敵で天窓で明るいのもいいですね。
長い廊下も120mあるんですよね。
落ち着いた雰囲気になっててこちらも素敵です。
空港まで行かれたのに欠航とは。お疲れさまでした。
by poko (2016-09-20 20:59) 

なんだかなぁ〜!! 横 濱男

戦闘の回廊・・広すぎて歩くのが疲れそう。。(^▽^)
天井の装飾・・細かい絵柄、どうやって描いたんだろう。。
by なんだかなぁ〜!! 横 濱男 (2016-09-20 21:13) 

ラン

目を見張るものばかりですね!いつか訪れたい場所です。
台風の影響でフライトが一日遅れたんですね。お疲れでしょう。。。お気を付けて帰られてくださいね。
by ラン (2016-09-20 23:34) 

SORI

pokoさん おはようございます。
戦闘の間は、いろんな新しい技術が使われている気がします。巨大なガラスを沢山使う天窓はその一つだと思います。そして柱群が使われた回廊も斬新です。
9時20分に出発して14時20分に戻ってきました。でも家に戻ったおかげで美味しいケーキを食べることが出来ました。そのケーキに関しては9月28日以降に紹介したいと思います。
by SORI (2016-09-21 02:53) 

SORI

なんだかなぁ〜!! 横 濱男さん おはようございます。
天井を飾るのは大変なことだと思います。それだけに天井の装飾は値打ちがあるのだと思います。
by SORI (2016-09-21 02:57) 

SORI

ランさん おはようございます。
天候によるフライトの欠航は、生まれて初めての経験となりました。いい体験をさせてもらいました。欠航を決断するのは安全のためなので、待ちながら利益よりも安全を優先しているのだと実感いたしました。
by SORI (2016-09-21 03:09) 

レインボーゴブリンズ

回廊に飾られた見事な絵画。身長の数倍の大きさの絵を描けるのなら、ナスカの地上絵だって、人が描いたものなのかと思ってしまいます(ボクは宇宙人が描いたものだと信じていますが)(^^♪
by レインボーゴブリンズ (2016-09-22 12:29) 

SORI

レインボーゴブリンズさん おはようございます。
ナスカの地上絵はすごいですね。ほんと宇宙人が書いたのでは思ってしまいます。
by SORI (2016-09-23 11:13) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1