SSブログ

縮景園 [広島]

写真の上のカーソルがの場合はクリックすると拡大します。
クリックすると拡大
広島の平和公園で原爆ドーム平和記念資料館の次に従妹夫婦に案内してもらったのが、下記のように今年で404年の歴史がある縮景園(しゅっけいえん)でした。現在は日本庭園として有名ですが、起源は元和6年(1620年)に広島藩浅野氏初代藩主(大名)である浅野長晟が命じて作らせた藩主の別邸でした。1940年(昭和15年)に浅野家が広島県に寄贈したことで現在に至っているそうです。
正式名が縮景園となったのは1951年ですが、Wikipediaによれば、1700年代初頭には庭園を縮景園と呼んでいたと推測されているようです。上の写真は園内の超然居(ちょうぜんきょ)から跨虹橋(ここうきょう 俗称:太鼓橋)方向を撮った景色です。記念写真を撮っている家族の光景がほほえましいです。
 歴史 1620年(元和6年)  藩邸(別邸)として着工 名称:泉水屋敷
    1758年(宝暦8年)  宝暦の大火(広島大火災)で建物の多くが消失
    1783年(天明3年)  京都の庭師清水七郎右衛門を呼び寄せ大改修
    1913年(大正2年)  一般公開
    1940年(昭和15年)  浅野家から広島県に寄付 県の公園となる
    1945年(昭和45年)  原爆により壊滅的被害(爆心地から約1.35km)
    1949年(昭和24年)  復旧開始
    1951年(昭和24年)  縮景園と改称され再開園
    1970年代       復旧工事完了

クリックすると拡大縮景園入口の門です。平和公園近くの駐車場から従妹夫婦の車でこの写真を撮った縮景園の駐車場に移動しました。写真の縮景園の入口の門は冠木門(かぶきもん)と呼ばれる形式です。両側の2つの門柱に冠木といわれる横木(梁)を渡した屋根がない門です。
 形式 池泉回遊式庭園 大名庭園
 面積 4.76ha(47600㎡)
 住所 広島市中区上幟町2-11
 電話 082-221-3620
 管理 広島県
 開園 3月16日~9月15日 9:00~18:00
    9月16日~3月15日 9:00~17:00
 入園 一般:260円  高・大学生:150円  小・中学生:100円
 HP https://shukkeien.jp/
クリックすると拡大

こちらが入園券売場でいただいた縮景園の案内図です。参考に4種類の散策コースが書かれていました。
 ━━ じっくりコース    基本順路50分
 ━━ 西回りショートコース 西回り・30分
 ━━ 東回りショートコース 東回り・30分
 ━━ 車椅子コース
クリックすると拡大

上の案内図には散策の4種類の推奨コースが書かれていますが、我々が歩いたのは下記の地図の臙脂色ライン(━━)です。


泉水屋敷(縮景園)の文字が確認出来る、寛永年間(1624年~1644年)の広島城下絵図を紹介します。赤色ラインで囲ったところが泉水屋敷です。絵図には御泉水屋敷と書かれています。泉水屋敷が着工したのは1620年なので泉水屋敷の最も初期の状態と思われます。作庭した当初の庭は御泉水と称し、池の中央に長い欄干橋を架け、橋の対岸には山を築き、橋の左右に一対の島を配し、橋の袂に数寄屋設けていたそうです。現在と違い植え込みは少なく、人の侵入が判るように築山のほとんどが芝生の山だったそうです。ほぼ現在の姿になったのは天明3年12月(1783年)~天明8年8月(1788年)の天明の大改修だそうです。
絵図はWikipediaから転用させていただきました。
クリックすると拡大

こちらが入口の門くぐってところから見える景色です。まっすぐの道の突き当りに清風館が見えます。
クリックすると拡大

上の写真のまっすぐな道の途中から右に入って芝生広場の方を見た景色です。
クリックすると拡大

こちらは清風池だと思われます。
クリックすると拡大

3月だったので植木の防寒対策の「こも巻き」が残っていました。
クリックすると拡大

こちらが清風館(せいふうかん)です。数寄屋書院造りで屋根は杮葺き(こけらぶき)なっています。
クリックすると拡大

池を挟々亭(ゆうゆうてい)が見える景色です。挟々亭は茅葺きの四阿(あずまや)で古くは歌会や納涼茶会などが行われていたそうです。池の名前は濯纓池(たくえいち)です。
クリックすると拡大

天明の頃(1783年~1788年)に7代藩主の浅野重晟が庭師の清水七郎右衛門に造らせた跨虹橋(ここうきょう)です。地上と天上を結ぶ虹に例えられているため、橋が大きく反っている構えになっているそうです。
クリックすると拡大

私と従妹がこちらの構図で写真を撮ったそうなので、同じ構図で記念写真を撮ってみました。
クリックすると拡大

跨虹橋(ここうきょう)の頂上から撮った景色です。松が2本植わった小さな島にも水心島(すいしんとう)という名前が付けられています。濯纓池(たくえいち)に橋や沢山の島島が作られているのは、浅野藩は参勤交代で大阪までは船を用いたことから、船上より眺めた瀬戸の景色を7代藩主の浅野重晟の大改修時に反映されたようです。
クリックすると拡大

跨虹橋から降りた場所から撮った池の景色を3枚紹介します。四阿(あずまや)がある景色です。
クリックすると拡大

松と水が美しい景色です。少なくとも4,826本の樹木があると言われているそうです。被爆樹木つまり戦前からある樹木が3本でその他は戦後に植えられたものだそうです。主要樹木は、クロマツ6.9%、ヤマモミジ2.7%、クスノキ2.5%、ソメイヨシノ2.0%だそうです。
クリックすると拡大

松のはえている浮島を拡大しました。
クリックすると拡大

池には沢山の錦鯉が泳いでいました。
クリックすると拡大

驚いたことに池には海(汽水域)に住む魚も泳いでいました。写真の魚はボラのようでした。チヌ(黒鯛)に似た魚も見かけました。池は汽水域の川とつながっているそうなのです。
クリックすると拡大

これが京橋川(太田川水系の分流)とつながっている水門と思われます。
クリックすると拡大

原爆により園内で命を落とした被爆者の遺体の大部分はクリックすると拡大火葬されましたが、火葬されず園内の丘に埋葬され遺体もあったそうです。被爆直後に縮景園を訪れた朝日新聞の松本栄一カメラマンが被爆して枯れた木の根元に遺体が埋葬された旨を記した立札を撮影していたことから、発掘調査が実施され1987年に64柱の遺骨が発見され、その場所には下の写真の慰霊碑が建立されたそうです。慰霊碑の背景は京橋川です。右の写真は原爆で被害を受けた1945年11月頃の縮景園です。
クリックすると拡大

慰霊碑から明月亭方向を撮りました。
クリックすると拡大

こちらが明月亭です。
クリックすると拡大

クリックすると拡大別の角度から見た明月亭です。内部には茶室、控之間、水屋之間、玄関之間あり、数寄屋造りで、一部書院造りの様式を持っているそうです。屋根は茅葺で、庇は杮葺きです。窓枠に牛車の車輪を用いたデザインで数寄を凝らしています。
クリックすると拡大

明月亭あたりからの景色です。
クリックすると拡大

先ほど川側の水門を紹介しましたが、こちらは池側の水門です。
クリックすると拡大

白龍泉の説明書きがありました。これによると1807年(文化4年)に牛田山の清水谷から取水管で白龍泉や超然居に水が湧き出るようにしたそうです。ただし現在は井戸水を使用しているそうです。
クリックすると拡大

こちらが白龍泉の水だと思われます。
クリックすると拡大

水の流れを追ってみました。
クリックすると拡大

クリックすると拡大「御腰掛なば石」の説明板がありました。茸に似た自然石を腰掛石としたもので、江戸時代に土佐国から持ち帰ったものと伝えられているそうです。肝心の「御腰掛なば石」の写真を撮り損ねたので右にネットから転用させていただきました。中国・九州地方では茸のことを「なば」と言うそうです。
クリックすると拡大

最も北西方向から池を見た景色です。
クリックすると拡大

こちらが夕照庵(せきしょうあん)です。東方向から見た夕照庵です。
クリックすると拡大

上の写真の反対側(西方向)から見た夕照庵です。茶室です。
クリックすると拡大

馬の調教訓練に用いた調馬場の跡の横には梅林が広がっていました。
クリックすると拡大

縮景園の中で最も人が集まっているように感じた場所です。写真の中の四阿(あづまや)があるところが超然居(ちょうぜんきょ)です。そこは園内最大の島で、園内の池が広く見渡せる場所でもあります。
クリックすると拡大

超然居からの景色を4つ紹介します。こちらは跨虹橋(ここうきょう)がある方向の景色です。
クリックすると拡大

上の写真の少し左側の景色です。
クリックすると拡大

さらに左側の景色で、池の最も西側の景色です。
クリックすると拡大

こちらは跨虹橋から右側の景色で、大きな建物が清風館(せいふうかん)です。
クリックすると拡大

左端に超然居(ちょうぜんきょ)の四阿(あづまや)の一部が写っています。観瀾・洗心の両橋で結ばれ人里離れた静寂な場所を表しているそうです。周辺の模様は、上田宗箇の代表的な作意であると言われており、清水七郎右衛門は上田宗箇の意思を尊重して縮景園の大改修でも、ここは手を加えなかったと言われているそうです。
クリックすると拡大

小舟も景色の一部になっているようでした。
クリックすると拡大

変わった形の石灯籠がありました。楊貴妃型石灯籠です。クリックすると拡大右の説明板には「形が唐の楊貴妃(ようきひ)が付けた冠に似ていることから、この名が付きました。同じ形のものには、京都市大徳寺内の聚光院(じゅこういん)にある千利休の墓があります。この二つが楊貴妃型と言われる貴重なものとされています。」書かれていました。
クリックすると拡大

清風館(せいふうかん)に戻ってきました。
クリックすると拡大

清風館の正面側に来ました。
クリックすると拡大

後ろを見ると入口の冠木門(かぶきもん)がありました。ここを出て広島駅前のホテルに送ってもらい、いったん休憩して18時20分から海の幸・磯の坊で一緒に夕食を楽しみました。
クリックすると拡大

入園券売場でいただいた縮景園の案内を紹介します。
クリックすると拡大

詳しい説明も書かれていて参考になりました。いろんな外国語の案内が用意されていました。
クリックすると拡大
タグ:広島 観光
nice!(96)  コメント(34) 

広島平和記念資料館 [広島]

写真の上のカーソルがの場合はクリックすると拡大します。

広島駅から歩いて5分ほどのところに住んでいる従妹と山口県の墓参りに行き、広島で昼食に広島のお好み焼きを食べた後に従妹夫婦に広島市内を案内してもらいました。案内してもらったのは原爆ドームを含めた平和公園と縮景園でした。原爆ドームから原爆死没者慰霊碑あたりまでは、記事「原爆ドーム」で紹介させていただいたので本記事では広島平和記念資料館を紹介したいと思います。沢山の人が見学されていながら、会話している人もほとんどおられないほど、静かな雰囲気のため、私も限られたところしか写真が撮れない気分だったので、紹介も限られたものになっております。そんな中でこれだけは紹介したいと撮った動画が、原爆投下の瞬間をプロジェクションマッピング映像で表現したものでした。是非ともプレーボタン( )クリックしてみてください。最後まで行くと頭から永遠に繰り返すように設定しています。

クリックすると拡大先ずは広島平和記念資料館の場所を紹介したいと思います。
紫色に着色した建物が広島平和記念資料館です。緑の線の最も北に原爆ドームがある配置です。一直線上の途中に右の写真の原爆死没者慰霊碑があることは有名です。


写真中央の中2階の建物が広島平和資料館で、見えているのは一部です。写真の左側に資料館東館があり、そこに目玉展示の「ホワイトパノラマ」があります。そこに資料館の入口があるのでとりあえず行ってみました。とりあえず行くと書いたのは予約がないと入れないのではないかと思っていたためでした。入口で確認すると予約なしで見れることが分かって、見学することが出来ました。
クリックすると拡大

最初は壁いっぱいの原爆投下前の広島の景観でした。一番左端の立派な建物が、現在は原爆ドームと呼ばれている右の写真の広島県産業奨励館です。
クリックすると拡大この建物の左奥(南東)方向160mの位置の真上600メートルの空中で原爆が爆発し0.2秒後には日光の数千倍という熱線に包まれ、この辺りの地表温度は3,000℃になったそうです。右の写真はWikipediaから転用させていただきました。
クリックすると拡大

クリックすると拡大次に進むと、壁いっぱいの原爆投下後の様子のでした。山が写っていることから上の写真とは角度は違いますが、原爆ドームの周辺には沢山の建物や住宅がありましたが、原爆投下で消えてしまったのです。右の原爆ドームは今回の訪問で撮った現在の写真です。
クリックすると拡大

さらに進むと、上の場所とは位置が違いますが、同じように沢山の建物があり沢山の人が生活していたのだと感じてしまいます。
クリックすると拡大

展示室は暗くフラッシュは使えないので、写真は手振れしてしまっていますが、雰囲気を感じていただきたいので掲載しました。みなさんゆっくり見られているので行列になっていますが、順番ではないので早く進んでもいいと、係員の方から説明されました。入口まで行列になっていて、入るのに待たされるほどだったのです。


亡くなった人たちの衣服も何かを訴えているようでした。
クリックすると拡大

貴重な資料も沢山展示されていました。外人の方も含めて、皆さん静かに見学されているので、雰囲気的に沢山の写真は撮れませんでした。
クリックすると拡大

沢山の人が無言で見学されていました。


原爆投下前の広島の中島地区の航空写真です。
クリックすると拡大

上の写真と同じ中島地区の原爆投下後の航空写真です。右方向が南で、現在のこの場所は平和公園です。平和記念資料館は右端に縦に通っている道路の左側に建っていて、原爆死没者慰霊碑が写真の真中あたりに建てられました。
クリックすると拡大
クリックすると拡大
上の2枚の航空写真は真上からではなく西北西方向から撮ったものなので、現在のGoogleマップの真上からの航空写真を回転して縦横比を調整しました。こうすると同じ場所だと分かっていただけると思います。紫色に着色した建物が平和記念資料館です。
右の小さな航空写真は縦横比は1:1、つまり縦方向を圧縮していない真上から航空写真です。画面をクリックするとGoogleマップのオリジナルを表示します。
クリックすると拡大

戦争や原爆開発などの展示もありました。クリックすると書かれている内容が読める大きさに拡大いたします。
クリックすると拡大

原爆によって廃墟となった広島の写真とともに、同じく原爆によって廃墟となった長崎の写真も展示されていました。
クリックすると拡大

クリックすると拡大こちらが広島です。クリックすると特別に大きく拡大するので悲惨な破壊をより感じていただけると思います。中央あたりに原爆ド--ムがあります。10枚上で紹介した右の写真と比べていただくと原爆による破壊のすごさが判ると思います。右の写真の襞の端が原爆トーム(広島県産業奨励館)です。
クリックすると拡大
クリックすると拡大

長崎の原爆で廃墟になった写真も正面から紹介します。こちらもクリックすると特別に拡大するので悲惨な破壊がより感じていただけると思います。
クリックすると拡大
クリックすると拡大

冒頭で紹介したプロジェクションマッピング映像の動画をあらためて紹介します。本投影はこれまでの実績や経験を活かして2022年2月21日から稼働開始した新しい投影システムだそうです。資料館入口のあった広島平和記念資料館東館にありました。


上の動画のプロジェクションマッピング映像での原爆投下前と投下後を8秒ごとに表示させています。黄色の矢印(↓)が原爆ドームの位置です。明るい画面が原爆投下前で、暗い画面が原爆投下後の映像です。
原爆投下後の市内の様子の映像(Wikipedia)→動画
クリックすると拡大

CRTモニターで世界の核弾頭数の表示がありました。左下に2023と書かれているので、2023年の時点だと思います。気になっていた北朝鮮は30の核弾頭を保有していると表示されていました。
クリックすると拡大

広島平和記念資料館の2階から原爆ドーム方向を撮った写真です。原爆ドーム、平和の灯、原爆死没者慰霊碑などが一直線に並んでいます。
クリックすると拡大

nice!(108)  コメント(44) 

原爆ドーム [広島]

写真の上のカーソルがの場合はクリックすると拡大します。
クリックすると拡大
右下の写真の前記事で紹介した昼食で「広島のお好み焼き」を食べた五エ門を出た後は、従妹夫婦に原爆ドームのある平和記念公園と縮景園を案内してもらいました。クリックすると拡大従妹の旦那さんはボランティアで広島市内の観光案内をされていることから詳しい話を聞くかせてもらうことが出来ました。実は五エ門から上の写真の場所まで歩いて400mの距離だったのです。車を駐車場に置いたまま原爆ドームまで来ることが出来ることから、広島のお好み焼きのお店として五エ門を選択されたのかもしれません。

これまでに原爆ドームに来たのは、広島の井口町に住んでいた幼稚園児の時と小学生低学年の時なので数十年ぶりになります。そのため撮った原爆ドームの写真を沢山紹介したいと思います。
クリックすると拡大

原爆が広島に落とされたのは1945年8月6日(月)午前8時15分でした。22年後に行われた原爆ドームの補強工事を記念した石碑です。記載内容を枠内に転記する形で紹介します。
原爆ドーム
昭和20年8月6日 史上はじめての原子爆弾によって破壊された旧広島県産業奨励館の残骸である
爆弾はこの建物のほぼ直上約600メートルの空中で爆発した
その1個の爆弾によって20万人をこえる人々の生命が失われ半径約2キルメートルに及ぶ市街地が廃墟と化した この悲痛な事実を後世に伝え人類の戒めとするため 国の内外の平和を願う多数の人々の寄金によって補強工事を施し これを永久に保存する  
昭和42年8月6日 広島市
クリックすると拡大

北側から見た原爆ドームです。
クリックすると拡大

こちには北西方向から見た原爆ドームです。
クリックすると拡大

こちらは西北西方向から撮った写真です。
クリックすると拡大

西方向からの写真です。背中側は元安川です。
クリックすると拡大

こちらは南西方向からの角度の写真です。
クリックすると拡大

こちらは南南西方向からの原爆ドームです。
原爆炸裂後、建物は0.2秒で通常の日光の数千倍という熱線に包まれ、地表温度は3,000℃に達したそうです。0.8秒後には、衝撃波を伴う秒速440メートル以上の爆風が襲い、1平方メートルあたり35トンの爆風圧を受けたと推測されているそうです。このため建物は原爆炸裂後1秒以内に3階建ての本体部分がほぼ全壊し、中央のドーム部分だけは全壊を免れ、枠組みと外壁を中心に残存したそうです。原爆の爆心は写真の左上の方にあったようです。
クリックすると拡大

ドームの鉄骨部分を拡大しました。
クリックすると拡大

レンガ(煉瓦)の部分です。
クリックすると拡大

クリックすると読める大きさに説明板を拡大いたします。ただし読みやすいようにモノクロ(白黒)に変換した写真です。
クリックすると拡大

少し離れて撮った原爆ドームです。南の元安橋(もとやすばし)から撮った写真です。原爆ドームは1996年に世界遺産に登録されました。
世界遺産の顕著な普遍的価値(OUV)の言明→PDF
クリックすると拡大

こちらも元安橋から撮った写真です。黄色の矢印のところが爆撃機からの照準点であった相生橋(あいおいばし)です。相生橋のところは川が2つに分かれることから上空から見ると橋はT型でした。
クリックすると拡大

こちらが爆撃機からの照準点となった原爆投下前の相生橋の写真です。T型をしていたことが分かっていただけると思います。Tの部分を走っている路面電車の辺りが照準点だったようです。こちらの写真は広島平和記念資料館に展示されていたものです。
クリックすると拡大

原爆投下4ケ月前の1945年4月に撮られた原爆投下用の広島の航空写真です。アメリカ空軍歴史研究センター所蔵だそうです。クリックすると拡大
説明には「周囲に目盛りが記されており、位置を横と縦3けたずつの数字で表しています。原爆の照準点は「063096」でした。これは市の中心部にあるT字型の相生橋にあたります。」と書かれていました。こちらも広島平和記念資料館に展示されていたものです。
クリックすると拡大

Wikipediaから転用させていただいた爆心のイメージ図です。1945年8月6日(月)午前8時15分でした。
クリックすると拡大

爆撃機の照準点と爆心点と原爆ドームの位置関係を航空写真に記載しました。原爆は高さ約600メートルの空中で爆発したので、角度的に原爆ドームのほぼ直上で爆発したと言えると思います。
 ━━ 原爆ドーム→爆心(約160m)   ━━ 照準点→爆心(約300m)
 ━━ 原爆ドーム→平和の灯→原爆死没者慰霊碑→平和記念資料館


相生橋から見た原爆ドームです。
クリックすると拡大

背景にビルがない角度から撮った原爆ドームです。
クリックすると拡大

川を挟んだ場所に設置された原爆被災説明板の場所から撮った原爆ドームです。
クリックすると拡大

原爆被災説明板を大きく撮りました。クリックすると文字が読めるように特別に大きく拡大いたします。SV
クリックすると拡大

クリックが面倒な方のために説明板だけを拡大します。クリックして拡大すると更に読みやすくなります。
クリックすると拡大

原爆前の昔の広島県産業奨励館の写真です。こちらは広島平和記念資料館に展示されていた写真です。
クリックすると拡大

クリックすると拡大広島平和記念資料館には旧広島県産業奨励館の模型と原爆ドームの模型も展示されていたので紹介します。裏側からの写真です。裏側の方はほとんど破壊されてしまっていることが分かります。クリックすると特別に大きく拡大します。右の小さな写真のように並んで置かれていました。
クリックすると拡大クリックすると拡大

資料館のプロジェクションマッピング映像での原爆投下前と投下後を8秒ごとに表示させています。黄色の矢印(↓)が原爆ドームの位置です。明るい画面が原爆投下前で、暗い画面が原爆投下後の映像です。こちらはプロジェクションマッピング映像を撮った動画から作りました。動画に関しては資料館の記事を書いた時に紹介させていただきます。原爆投下後の市内の様子の映像(Wikipedia)→動画
クリックすると拡大

原爆直後の原爆ドームです。こちらに広島平和記念資料館に展示されていた写真です。
クリックすると拡大

広範囲の原爆投下から2ケ月後(1945年10月5日)の写真です。右端の橋が照準にされた相生橋出す。相生橋と原爆ドームの位置から写真の左端辺りが爆心になります。こちらの写真はクリックすると特別に大きく拡大いたします。
クリックすると拡大

上の昔の写真の丁度反対側から撮った写真です。写真を撮った場所の元安橋が写っています。沢山の外国人の人が見に来ているのが印象的でした。元安橋は安土桃山時代に木橋として築造され1920年に鋼橋に永久橋化、1945年原爆被災の際、爆心地より約130mに位置し爆心地から最も近い橋です。落橋を免れ、の被災状況から、爆心地特定の手がかりとなったそうです。戦後も長く使用されて1992年に架け替えられました。日本百名橋の1つだそうです。
クリックすると拡大

上の写真の広い範囲を撮った写真です。みなさん真剣に見ておられる感じで、資料館では無言で見学されていました。
クリックすると拡大

広島平和記念資料館の2階から原爆ドーム方向を撮った写真です。原爆ドーム、平和の灯、原爆死没者慰霊碑などが一直線に並んでいます。
クリックすると拡大

少し左側から撮った写真です。斜めから見ると距離感が判ると思います。
クリックすると拡大

少し右側から撮った写真です。
クリックすると拡大

Googleマップの航空写真で平和公園の辺りを紹介します。
 ━━ 原爆ドーム~爆心       ━━ 照準点~爆心
 ━━ 原爆ドーム~嵐の中の母子象
 原爆ドーム     原爆投下照準点   爆心
 原爆の子の像    平和の灯      原爆死没者慰霊碑
 平和記念資料館   資料館入口     祈りの泉
 嵐の中の母子象   広島のお好み焼き店 五ェ門


原爆ドーム方向から広島平和記念資料館方向を撮った写真です。手前から平和の灯、原爆死没者慰霊碑、広島平和記念資料館です。
クリックすると拡大

一直線上からは少し外れますが、もっと北側にある原爆の子の像です。
クリックすると拡大

私が広島市井口町に住んでいた幼稚園児~小学4年頃は、ここに千羽鶴が吊るされていました。
クリックすると拡大

原爆の子の像に近い一直線上から見た原爆ドームです。写真の左側に原爆の子の像があります。
クリックすると拡大

こちらは原爆死没者慰霊碑です。慰霊碑は1949年に成立した広島平和記念都市建設法の精神に則り建立が計画され、1952年にコンクリート製が完成し、1985年に現在の御影石製に改築されたそうです。クリックすると拡大
したがって私が幼稚園児と小学生の時に見たのはコンクリート製だったことになります。
右の写真はネットから転用させていただいた建設中(1952年撮影)のコンクリート製の初代原爆死没者慰霊碑です。
2016年にアメリカのオバマ大統領が現職として初めて慰霊碑に献花し、2023年のサミットではG7首脳が初めて揃って慰霊碑に献花しました。
クリックすると拡大

原爆死没者慰霊碑の前で記念写真を撮る人が多かったです。
クリックすると拡大

撮った瞬間を拡大いたしました。
クリックすると拡大

原爆死没者慰霊碑から見た原爆ドームです。
クリックすると拡大
タグ:広島
nice!(115)  コメント(34) 

昼食は本場の「広島のお好み焼き」を食べました。五エ門 [広島]

写真の上のカーソルがの場合はクリックすると拡大します。
クリックすると拡大
前記事山口県の墓参りの新幹線と車の旅 朝食「ひっぱりだこ飯」で紹介したように従妹と車で山口県の墓参りに行って広島に戻って来ると、クリックすると拡大時間は昼食時間になっていました。右の写真が広島に戻ってきた時の車内からの写真です。そこで私の希望で昼食は広島のお好み焼きにしてもらいました。最後に広島のお好み焼きを本場の広島で食べたのは2003年9月なので20年6ケ月ぶりの本場での広島のお好み焼きなので紹介したいと思います。
お好み焼きは大別すると"混ぜ焼き"の「大阪風」と"重ね焼き"or"乗せ焼き"の「広島風」になるそうです。広島のお好み焼きは麦粉を水で溶いたものを薄く伸ばして焼いた生地の上にクリックすると拡大右の写真(Wikipediaから転用)のような多量のキャベツや肉や海鮮や麺を重ねてひっくり返して焼くので、自分で1度だけ作り上手に出来ましたが手間なことから、いつも大阪風を作ってしまうので、新幹線で広島を通るごとに食べたいと思っていたのです。20年前に食べた本場の広島のお好み焼きの味が忘れられなくて、今回の昼食は広島のお好み焼きにしてもらいました。本記事に掲載させていただいた写真は、クリックすると全て特別に大きく拡大するように設定いたしました。

こちらが広島のお好み焼きを食べたお店です。お店の名前は五エ門です。五エ門は広島市内6店舗+広島空港+呉市+山口県徳山の計9店舗展開するお好み焼き&鉄板焼きのお店です。入ったのはデパートそごう広島店がある場所の五エ門・広島バスセンター・アクア店です。食事の後に近くにある原爆ドームや広島平和記念資料館を案内してもらいました。
クリックすると拡大

こちらがお店の入口に置かれていたメニューです。ただし、こちらのメニューの中にはお好み焼きの詳しいメニューはありませんでした。
クリックすると拡大

そこでネットのホームページ(HP)からメニューを転用させていただきました。我々が注文したのは、お好み焼きスペシャル(1500円)です。
クリックすると拡大

こちらがお好み焼きスペシャルです。
クリックすると拡大

食べやすいように切ってもらいました。
クリックすると拡大

切ってもらったお好み焼きです。イカやホタテが分かってもらえると思います。イカやホタテ以外に肉や海老や玉子などもいろいろ入っていました。麺はそばにいたしました。うどんも選択できます。
クリックすると拡大

マヨネーズが置かれていたので、マヨネーズをかけました。
クリックすると拡大

お好み駅は取り皿に食べる分だけ移しながら食べたので最後まで熱々でした。
クリックすると拡大クリックすると拡大今回が本場の広島で広島のお好み焼きを食べたのが4回目になります。私が通っていた聖モニカ幼稚園の先生が広島の己斐にあるお好みや店に嫁いで、そのお店に招待されて食べに行ったのが初めて(1回目)でした。右の写真は幼稚園の卒園式の記念写真です。私は前から2列目の左端です。己斐駅近くのお好み焼き店は老舗の高級日本料理店のようなお店で和室の個室でいただきました。
 1回目 幼稚園児の時   己斐駅(現在:西広島駅)近くのお好み焼き店
 2回目 2003年09月13日 広島市佐伯区五日市駅前1丁目のお好み焼き店
 3回目 2003年09月15日 広島駅の駅ビルにある麗ちゃん
 4回目 2024年03月10日 広島市中区の五エ門(本記事)
クリックすると拡大

目の前で他のお客のお好み焼きも焼いていたので写真を撮らせていただきました。これは麺を焼いているところです。左の2枚がうどんで、他はそばです。
クリックすると拡大

こちらは野菜や具を焼いているところです。
クリックすると拡大

麺と合体させているところです。
クリックすると拡大

全てを重ね合わせて焼いているところです。
クリックすると拡大

完成してソースをかけてネギや青のりをトッピングして完成です。
クリックすると拡大

お好み焼きネギかけデラックスを拡大いたしました。左がうどんで、右がそばです。冒頭の写真はネギかけデラックスだったのです。
クリックすると拡大

クリックすると拡大目の前で変わったものを作っていたので写真を撮らせていただきました。お店の入口にあったメニューの定番鉄板焼きの一番上に書かれていた「五エ門巻き」(970円)だと思われました。右の写真がネットで検索した「五エ門巻き」なので間違いないと感じました。
クリックすると拡大

それでは広島のお好み焼きを食べた五エ門を紹介します。
下記の中央あたりの臙脂マーク( )が五エ門です。右端の広島駅のところにある臙脂マーク( )は2003年9月15日に広島のお好み焼きを食べた麗ちゃんです。五エ門は西南西にある原爆ドームまで歩いて450mの距離です。
 名前 五エ門 広島バスセンター・アクア店
 住所 広島市中区基町6-27 アクア広島センター街 7F そごう広島店のビル 
 電話 082-511-8220
 営業 11:00 - 22:00
 定休 無
 HP http://goemon.in/
 目標 そごう広島店

nice!(120)  コメント(36) 

山口県の墓参りの新幹線と車の旅 朝食「ひっぱりだこ飯」 [広島]

写真の上のカーソルがの場合はクリックすると拡大します。
クリックすると拡大
2024年の3月に関西から関東の自宅に帰る時に、お彼岸(3月17日~3月23日)には少し早かったけれども山口県の墓参りをしてから帰ることにいたしました。1人で墓参りをする場合は、徳山まで新幹線で行き、そこから周防久保駅の近くの墓参に行くにはバスかタクシーかJR岩徳線で行っていました。急ぐときはタクシーですが、通常は行くときがバスで帰りが岩徳線を使っていました。
ただし、今回は広島に住んでいる従妹が車で広島と周防久保を往復していただくことになったので新幹線は広島までになりました。クリックすると拡大
実は2021年12月に周防久保の墓参りの後に、下関にある叔父さん(従妹のお父さん)の墓参りをして、下関で一緒に食事(右の写真 左奥:従弟 左手前:私 右:従妹夫婦)をした時に、次回は広島で一泊して従妹夫婦と飲む約束をしていたので、それを実現するために広島で降りるとこになったのです。
上の写真は新神戸駅で、さくら543号を待っている時に上り(東京方面の)の列車(のぞみ72号/6時55分発)が入ってきた写真です。

これが墓参り当日と、翌日(帰り)の列車のスケジュールです。
クリックすると拡大

1号車への乗り口の前にスーツケースを置いてベンチで待ちました。停まっている新幹線は上りホームに停まっている列車(のぞみ72号/6時55分発)です。ちなみに私の乗る列車は7時02分発です。
クリックすると拡大

朝食用に新神戸駅で買ったのがこちらの壺飯です。今年の1月6日のヨッシーパパさんの記事「駅弁は明石のたこ(ひっぱりだこ飯 淡路屋、新神戸駅、兵庫)」で気になっていたので、その「ひっぱりだこ飯」を買ってみました。
クリックすると拡大

しばらくすると乗る列車(さくら543号)が入ってきました。
クリックすると拡大

乗って、さっそく壺飯を食べることにしました。
クリックすると拡大

これが「ひっぱりだこ飯」です。
クリックすると拡大

蓋の紙を外しました。
クリックすると拡大

中身がこちらです。
クリックすると拡大

さらに拡大いたしました。
クリックすると拡大

下のご飯を上に出してもう一枚撮りました。
クリックすると拡大

蓋の紙には説明が書かれていました。
クリックすると拡大

上の写真をクリックすると拡大するので説明は読めると思いますが、クリックが面倒な方のために説明文のところを拡大いたしました。
クリックすると拡大

福山駅にRail Starが停まっていたので写真を撮りました。Rail Star(レールスター)はJR西日本が山陽新幹線だけで運用している列車です。
クリックすると拡大

クリックすると拡大広島駅の新幹線の改札口に従妹の旦那が待っていてくれて車まで案内してもらい、その車に乗って山口県の周防久保駅の近くのお墓まで行き墓参りすることが出しました。この墓には私の父だけでなく、私と従妹の祖父と祖母も、この墓に眠っているのです。
クリックすると拡大

広島への帰りは高速で広島まで行くのではなくて、大野ICで下りて高速から下りて国道2号線を走りました。この写真の場所は 広島市西区井口ですが、昔は広島市井口町でした。広島市井口町の時代に写真の茶色のマンションの場所にクリックすると拡大立っていた木造の住宅に住んでいたのです。住んでいたのは3歳~10歳(小4年)でした。住んでいたところを見るために大野ICで下りてくれたのでした。実は約1年間だけですが、従妹も住んでいたことがありました。その時の写真が右の写真で、真中が従妹です。左が姉出右が私です。
クリックすると拡大

住んでいた場所のGoogleマップの航空写真です。住んでいた頃の3ケ所のマーク( )の写真を下で紹介します。海岸線(━━)までが家の敷地でした。右の写真は庭から見た海の景色(井口漁港と男明神)です。
クリックすると拡大 入学式の記念写真を撮った場所(門)
 住んでいた家があった場所
 庭の中の小山の場所
  井口小学校への通学路 183m
  踏切までの距離 39m
  当時の海岸線


小学校の入学式の日に家の門の前( )で撮った記念写真です。門の前は国道2号線だったので上の写真のに写った場所なのです。詳しくはクリックすると拡大記事「男明神と女明神」を見てもらうと分かると思います。
写真に写っている板塀で囲まれた家+庭の敷地は今の茶色のマンションの敷地より広かったです。右の写真が小学校の入学式の記念写真です。黄色い丸の部分が私です。この写真に写っている大人(9人)が、小学校の先生全員です。一学年一クラスだったのです。入学式の記念写真から数えると1年生は合計33人(=女子14人+男子19人)だったことになります。
クリックすると拡大

こちらが住んでいた( )です。幼稚園から小学校4年までの短い7.2年間でしたが海の近くの生活を体験できました。クリックすると拡大この後、神戸市東灘区の岡本に引越しました。小学校は神戸市立本山第一小学校です。突然に生徒数が6倍の学校に変わるなど田舎から突然に都会に出てきて戸惑うことが多かったです。電車が空中を走る(高架)は絵本の中の世界だけのだったが現実になったのが印象的でした。現在は、この場所にマンション「ヴェルディ井口明神公園」が建っています。現在の住所は広島市西区井口明神2丁目です。


左が男明神で右が庭の中にあった小山( )の写真です。庭の中の小山と言って左の写真の男明神と同程度の大きさがありました。左側のこの小山の上に登ったり、くりぬいて作られた防空壕に入ったりして遊んだ記憶があります。右の写真の小山は無くなって今は手打うどん店の敷地になっています。お店の名前は純手打うどん香房・広島本店です。


これは我々が住むよりはるか昔に撮られた写真てす。黄色の〇で囲った左端の小山が、形と大きさから庭の中にあった小山と思われます。右端の小山が今でも公園の中に池(昔は海)と一緒に残されている男明神です。クリックすると拡大この辺り一帯は我々が神戸に引っ越した後に埋め立てられて今の海岸線ははるか海のかなたです。真中の小山が女明神ですが、我々が住み始めた時にはすでにありませんでした。左端の単線の線路は山陽本線です。
クリックすると拡大

広島に着きました。広島のシンボル的存在の原爆ドームと市電が写っています。
クリックすると拡大
nice!(133)  コメント(32)