SSブログ
前の7件 | -

台北/龍都酒楼 高雄/海天下 [台湾]

写真の上のカーソルがの場合はクリックすると拡大します。
クリックすると拡大
上の写真はピッツバーク空港の朝(6時59分/日本時間19時59分)の写真です。タイトルにあるように、台湾の中華料理店の記事なのに、いきなりアメリカの空港の写真を掲載してのを不思議に感じている方もおられると思います。前記事「1泊2日の台湾旅行」の中に台北の地図を掲載しましたが、その中に龍都酒楼と言う名のレストランがあり、そこで食事した日を調べてみると、ビッツバークから日本に帰った日の翌日に、台湾に出発してその日の夕食を食べたレストランが龍都酒楼であったことが分かったので、記事の冒頭にビッツバーク空港の写真から始めさせていただきました。下記が日本からピッツバーグに出発ところからのフライトスケジュールです。ピッツバーグの記事はこちらです。→ポチッ
 8月3日 UA884 成田 → シカゴ
 8月3日 UA734 シカゴ → ピッツバーグ
 8月5日 UA707 ピッツバーグ → シカゴ
 8月5日 UA881 シカゴ → 成田(8月6日着) 自宅1泊
 8月7日 EG201 成田 → 台北 龍都酒楼
 8月8日 GE563 台北 → 高雄 海天下
 8月9日 EG278 高雄 → 成田 
GE:トランスアジア航空

台北/龍都酒楼
そして、こちらが台北の龍都酒楼です。台湾に着いた日(8月7日)の夕食を食べたレストランです。
クリックすると拡大

台湾ナビと言うサイトで確認すると広東式ダックが名物と書かれていました。やはり広東式ダックを注文していました。
クリックすると拡大

ダックの部分を拡大いたしました。ダック料理と言えば北京ダックが有名ですが、地域によっていろんなダック料理があるようようです。
クリックすると拡大

別のテーブルでダックを切り分けていたので写真を撮らせていただきました。
クリックすると拡大

こちらは海老が入ったサラダです。
クリックすると拡大

生のレタスがどーんと置かれました。
クリックすると拡大

海老が沢山入ったこちらの具を上のレタスで包んで食べる料理です。
クリックすると拡大

お店の方がレタスに具をのせてくれました。あとは手で包んで食べました。
クリックすると拡大

こちらの焼売もおいしかったです。
クリックすると拡大

ホタテなどのシーフードが沢山入った料理です。
クリックすると拡大

こちらは高級な干しホタテがたっぷり入ったあんをかけた料理です。
クリックすると拡大

えびを湯葉で巻いて揚げた料理です。中国語の料理名は鮮蝦腐皮巻です。日本語だと「蝦の湯葉巻」になります。台湾ナビのサイトで一押しの料理でした。
クリックすると拡大

龍都酒楼( )はすでに場所を紹介した青葉( )と梅子( )の間です。
 名前 龍都酒楼
 住所 台北市中山北路一段105巷18−1号  
 電話 02-2563-9293
 営業 11:30~14:30 17:30~22:00
 定休 年中無休
 ナピ https://www.taipeinavi.com/food/159/


お店(龍都酒楼)のストリートビュー(SV)です。


台北のホテルの泊まった部屋です。たぶん華泰王子大飯店だと思います。
クリックすると拡大


高雄/海天下
翌朝にトランスアジア航空(GE)で高雄に移動しました。こちらの写真はホテルの部屋の窓からの高雄港の景色です。泊まったホテルの名前は覚えていませんが現在のGrand Hi-Lai Hotelから見たSVの景色の角度に似ています。
クリックすると拡大

高雄での夕食は海天下と呼ばれているレストランで食べました。正式には海天下海産餐庁です。先ずは前菜を注文しました。これは小さな巻貝です。普通は殻のまま出てくるので、自分で爪楊枝で身を取り出しながらたべるのですが、こちらのお店では最初から身を取り出していました。これがなかなかの美味なのです。
クリックすると拡大

小エビの前菜です。こちらもおいしかったです。
クリックすると拡大

中華料理と言えば大皿からみんながとって食べるのが多いけれども、ここはフランス料理のように一人一人に料理が順番に出されました。一見、塩鮭かなと思いますが左が頭で右が尻尾の魚です。
クリックすると拡大

分かりにくいので拡大しました。お腹の部分だけ取り除いてから揚げにされています。
クリックすると拡大

こちらは肉料理です。
クリックすると拡大

大きな蟹の半分が一人前です。やっぱり蟹は美味しいです。
クリックすると拡大

最後の〆は炒飯でした。
クリックすると拡大

アオサのスープも出てきました。
クリックすると拡大

海天下海産餐庁( )の場所を地図で紹介します。赤崁檐仔麺( )と紅毛港海鮮餐廳( )はすでに記事で紹介しています。
 名前 海天下海産餐庁
 住所 高雄市新興區林森二路188號  
 電話 07-281-0651
 営業 11:00~14:00 17:00~21:30
 定休 年中無休


海天下海産餐庁のSV画像を紹介します。海天下の大きな看板があります。


クリックすると拡大こちらが高雄で泊まったホテルです。部屋の中には健康器具も置かれていて新しいホテルなのでGrand Hi-Lai Hotelの可能性が高いように感じます。ネットにある動画を見るとスタンドやベッドやドアからGrand Hi-Lai Hotel(高雄漢來大飯店)であることを確信しました。
クリックすると拡大

クリックすると拡大7日間の移動ルートです。
ピッツバーグで1番気に入った景色が右の写真です。アレゲニー川(左)とモノガンヒラ川(右)が合流しオハイオ川になる場所です。右の景色に出会えたのはケーブルカーで登った丘の上に建つマンションの最上階にある有名なシーフード・レストランで食事をする機会があり、そのレストランでも、この景色が常に見ることが出来るコーナーの席を用意しもらえたためです。

nice!(59)  コメント(24) 

1泊2日の台湾旅行 [台湾]

写真の上のカーソルがの場合はクリックすると拡大します。
クリックすると拡大
2つ前の記事「ローストビーフ握り寿司」の中で海外への旅で最短滞在日数だったのが台湾への1泊2日(2006年09月07日~2006年09月08日)だったことを紹介したので、その時の写真を紹介したいと思います。上の写真は1泊2日の海外の旅であったことが分かるパスポートのページです。ページにS-15と書かれているのは増補した部分の15ページを表しています。日本での出国と帰国のスタンプは赤色のマークのところです。クリックすると拡大
 出国 7. SEP. 2006  帰国 8. SEP. 2006
パスポートは増補(40ページ)しているのでスタンプ押せる場所は計82ページありますが、帰国時には出国時のスタンプを探し出して同じページに帰国(入国)スタンプを押してくれていました。

この時はブログに書く予定はなかったことから魅力的な写真は撮っていなかったので、記録写真程度のつもりで見ていただければ幸いです。往復のフライトは下記の通りです。ただし出発と到着の時刻は現在のフライトでの時刻です。ただし、帰国日の搭乗券だけは写真に撮っているので、台北のBR2196の出発時刻は14:55であることは判っています。つまり現在よりは10分早かったのです。
こちらの写真はANA(全日空)のラウンジで食べたお蕎麦です。
 2006年9月7日 BR2191 成田09:20→台北12:25 ANA機 4時間05分
 2006年9月8日 BR2196 台北15:05→成田19:00 EWA機 2時間55分
クリックすると拡大

こちらは機内で食事前に出された飲み物とツマミです。残念ながら機内食は撮っていませんでした。
クリックすると拡大

台湾桃園国際空港に着いて入国審査場で入国スタンプを押してもらいました。こちらも出国時に入国スタンプを探し出して見開きのページに出国スタンプを押してもらえたので、このページで台湾への1泊2日の旅であったことが分かっていただけると思います。台湾はこのページだけで3回入出国しています。台湾でのこの時の入国と出国のスタンプは赤色のマークのところです。台湾以外に中国の浦東空港とドイツのミュンヘン空港の入国と出国のスタンプも押されています。クリックすると拡大ドイツのミュンヘンは同じに日(2006年11月9日)に入国して出国しています。イスタンブールから帰りミュンヘン空港で5時間待ちのトランジットだったので右の写真の有名な時計塔を見るためと美味しいビールを飲むために町に出てみたのです。
 台湾  入国 SEP 07.2006  出国 SEP 08 2006
 台湾  入国 AUG 07.2006   出国 AUG 09.2006
 台湾  入国 NOV 20.2006   出国 NOV 22.2006
 中国  入国 7月09日 2006   出国 7月15日 2006
 ドイツ 入国 11月9日 2006   出国 11月9日 2006
クリックすると拡大

残念ながら昼間の写真は撮っていなかったので、夕食の写真を紹介します。もちろん台湾の中華料理です。先ずは前菜です。飲み物は、最初の台湾ビールを頼んで、次からは紹興酒を飲むのが台湾でのいつものパターンです。中国の時のように強いお酒は飲まなかったです。料理の種類は覚えていませんが、料理の写真から、湖南料理と台湾料理と広東料理と四川料理などからチョイスしたように感じます。先ずは前菜です。この時18時52分でした。
クリックすると拡大

クリックすると拡大お酒に合う台湾らし美味しい料理でした。料理の名前は富貴雙方です。手前に並べられているのは金華ハムで、奥は煎餅状のものです。別に置かれている皮状のもので右の写真のように挟んで食べます。右の写真はネットから転用させていただきました。
クリックすると拡大

クリックすると拡大皮が右上に写った写真も紹介します。上の写真にも少しですが右上に皮が写っていました。台湾の7-ELEVENのサイトでも売られていました。右の写真は別の機会に同じお店で食べたと思われる富貴雙方です。同じお店の根拠は並べ方と飾りの花の種類です。
クリックすると拡大

茹でた青い野菜の上にたっぷりのピリカラ海老を乗せた料理です。
クリックすると拡大

上の写真はクリックすると拡大しますが、クリックが面倒な方のために拡大写真を掲載いたしました。クリックすると更に拡大します。
クリックすると拡大

こちらはピリ辛ですが、台湾風の料理です。
クリックすると拡大

帆立のほぐし身が沢山入った野菜料理です。薄味なのが台湾風です。
クリックすると拡大

薄くスライスした肉が野菜の上に沢山盛られた料理です。どれも紹興酒にピッタリでした。
クリックすると拡大

メロン(瓜)をくり抜いて器にした料理です。湖南料理店で同じ料理を食べたことがあります。その時は写真を撮っていませんでした。2回目に行った時は鶏肉が苦手な人がいたので注文できませんでしたが、やっと写真を撮ることが出来ました。これは1人に1つづ出てきました。この料理が出てきたことからお店の名前は彭園湘菜館だと思います。
クリックすると拡大

スープと鶏肉とメロンの果肉を一緒に食べます。
クリックすると拡大

Google地図で彭園湘菜館( )の場所を紹介します。
南北に走る林森北路と東西に走る民生東路の交差点の北西に建つビルにあります。一番多く泊まった華泰王子大飯店や初めて台湾に行った時に泊まった国賓大飯店も近くにあります。京鼎樓( )は小籠包の専門店です。青葉( )や梅子餐廰( )もよく食べに行きました。龍都酒楼( )にも行ったことがありました。龍都酒楼には8月6日にピッツバーグ(米国)から帰国して翌日の8月7日に台湾に来て、その日の夕食を食べたお店でもあります。ピッツバークには8月3日に成田空港を出発していきました。クリックすると拡大
 名前 彭園湘菜館 林森店
 住所 台北市林森北路380号  
 電話 02-2551-9157
 営業 11:30~14:00 17:30~21:00
 定休 年中無休


帰国日である翌日(9月8日)の昼食はゴルフ場のラウンジで食べました。残念ながら午前中は写真を撮っていませんでした。
クリックすると拡大

この豚肉の料理は美味しかったです。日本への帰国便の出発時刻は14時55分だったので、食事が終わったら空港に直行いたしました。
クリックすると拡大

こちらが搭乗券です。出発時刻が14時55分に対して搭乗時刻は14時23分と書かれていました。搭乗時刻は通常は5分単位ですが、このように1分単位で書かれていたのは初めてで、これ以降もお目にかかったことはないと思います。珍しいので写真を撮ったのだと思います。
クリックすると拡大

エバー航空のラウンジです。台湾だけあって2種類の炒飯が置かれていました。
クリックすると拡大

台湾らしく包物も沢山の種類が置かれていました。
クリックすると拡大

ビールに合うソーセージもありました。後排加熱中(The food behind the first line is not ready.)と書かれています。表示部分より後ろ側は加熱中のようです。つまり3本は食べ頃で残りは、まだ加熱中ということになります。
クリックすると拡大

蕃薯と書かれた壺が置かれていました。壺の中には焼き芋が入っていました。
クリックすると拡大蕃薯(ばんしょ)は薩摩芋(さつまいも)のことのようです。文字として蕃藷も使われます。日本では甘藷(かんしょ)や唐芋(からいも)とも呼ばれていますが、台湾では一般的に蕃薯とよばれているようです。
クリックすると拡大

こちらが帰国便で乘った飛行機です。EVA AIRと書かれています。漢字では長榮航空と書かれています。機体にはキティーちゃんのラッピングがされていました。日本からのフライトもチケットはEVA AIRでしたが全日空との共同運航便で機体は全日空機だったので、まだ乗ったことのなかったEVA AIRの機体に乘ってみたかったのです。
クリックすると拡大

機内食は台湾らしい内容でした。
クリックすると拡大

肉まんも出てきました。
クリックすると拡大

飛行機の中での蒸籠で出てくる小籠包は値打ちものでした。台北には美味しい小籠包のお店があることで有名で、日本にもお店を出しています。
クリックすると拡大

デザートも台湾らしかったです。滞在期間を韓国と比較してみると、韓国よりもかなり遠い台湾に1泊2日の旅に行ったのは特別だったとことが分かっていただけると思います。クリックすると拡大
      台湾  韓国
 1泊2日  1回
 2泊3日  9回  11回
 3泊4日  9回    5回
 4泊5日  4回
 5泊6日  3回
 6泊7日  6回
 7泊8日  1回
クリックすると拡大 8泊9日  1回
 9泊10日   2回
 13泊14日 1回
 合計   37回  16回
クリックすると拡大

この時のパスポートは4冊目(左下)でした。4冊目のパスポートの有効期限は2008年6月14日でしたが40ページ増補してもスタンプを押すスペースがなくなったので、期限の1年2ケ月前の2007年4月20日に新しいパスポートを作りました。
 1冊目 1983年11月28日~1988年11月28日  5年旅券 赤 旧
 2冊目 1988年10月28日~1993年10月28日  5年旅券 赤 旧 増補
 3冊目 1993年10月04日~1998年10月04日  5年旅券 黒
 4冊目 1998年06月14日~2008年06月14日 10年旅券 赤   増補
 5冊目 2007年04月20日~2017年04月20日 10年旅券 赤 IC 増補
 6冊目 2017年02月23日~2027年02月23日 10年旅券 赤 IC
クリックすると拡大
nice!(107)  コメント(30) 

自然のトンネル Nido de los Aguiluchos [メキシコ]


2023年3月6日再掲載 タイトル:ついにGoogleのSVで見つけました。

前記事ローストビーフ握り寿司の中でメキシコのお寿司のことにクリックすると拡大ふれたことを機会に、メキシコの本記事の懸案だったことを解決して記事の完成を試みてみました。
それは今から20年前にメキシコのモンテレイに約3ケ月(2002年12月10日~2003年03月12日)滞在していた時にモンテレイ(Monterrey)の町のホテル(Hotel Ancira)と発電所の建設場所を毎日車で往復していたのですが、通り道の両側に大きな山がありましたが、その山に自然にトンネルがあり、気になっていたので車の中から2003年3月2日16時59分(日本時間:2003年3月3日7時59分)に、そのトンネルを精いっぱいのズームで撮った写真が下との写真と右の上段の写真)です。Gooleマップでストリートビュー(SV)の機能が追加されてから、この自然のトンネルを探していましたが、今まで見つけることが出来なかったのです。SVを見つけて記事を完成させることが、この記事の懸案事項だったのです。クリックすると拡大そして2023年3月6日にやっと見つけることが出来たのでブラシュアップして再掲載することにいたしました。右の下段はネットから転用させていただいたトンネルの内側からの写真です。このトンネルの場所にはNido de los Aguiluchos(鷹の巣)という名前がありました。
 2003年03月02日 自然のトンネルの写真を撮る
 2005年10月14日 ゆびとまSNSでブログを始める
 2005年12月24日 自然のトンネルの記事を掲載
 2009年04月02日 ゆびとまSNSの最後の記事掲載
 2009年04月未明  ゆびとまSNS停止
 2009年05月05日 so-netブログを始める
 2012年03月21日 自然にトンネルの記事をso-netブログ掲載
 2019年10月01日 so-netブ→ログ→SSブログへ名称変更
 2023年03月06日 GoogleマップのSVで自然のトンネルを見つける
2023年03月06日 閲覧数:1,820  nice!:110 CMT:16
2023年03月09日 閲覧数:2,288  nice!:175 CMT:36
2023年03月11日 閲覧数:2,668  nice!:240 CMT:40
2023年03月13日 閲覧数:2,848  nice!:274 CMT:43
2023年03月15日 閲覧数:3,018  nice!:284 CMT:44

2012年3月21日掲載 タイトル:自然のトンネル
クリックすると拡大
場所はメキシコのモンテレイ    肉の話は ⇒ ここ
車から気が付いて写真を撮りました。
判りますか? 写真の真ん中の白い点!
地元で知っている人はいましたが有名かどうかは未確認。
冬の17時に目いっぱいのズームの写真なので解像度はよくないです。

自然のトンネルがわかりやすいように露出調整しました。クリックすると拡大します。
クリックすると拡大

クリック乃面倒な方のために拡大写真を掲載しました。こちらの写真もクリックすると解像度は悪いけれども拡大します。
クリックすると拡大

自然のトンネルと撮影場所が判る地図を添付します。黄色い〇が「自然のトンネル」の場所で赤いが写真を撮ったところです。焼肉を食べた場所の辺りでジャックラビットや生きたサソリやガラガラ蛇の死骸を見ました。
自然のトンネルは高大な面積(1774km²/山手線の内側28倍)のクンブレス・デ・モンテレイ国立公園(Parque nacional Cumbres de MonterreyCumbres de Monterrey National Park)の最も北側に位置しています。
クリックすると地図

まだgoogleマップのストリートビュー(SV)で見つけられていませんが、この山のどこかにあるはずです。あるいは、上の写真を撮ってすでに20年が経過しているので崩れてトンネルがなくなったかもしれません。撮影したのは日本時間で2003年3月3日7時59分なので現地時間では2003年3月2日16時59分です。
2023年3月6日に、山に近い場所からのSVで自然のトンネルの場所が判ったので、その方向の部分を拡大してみましたが、ここからの角度と距離のSVではトンネルは見えませんでした。場所は黄色の丸が点滅しているところです。この山の最も高いところの標高をGoogleマップの地形図の等高線で確認すると約2220mで自然のトンネルがあるあたりのピークは約1590mです。(2023年3月7日追記)
クリックすると拡大

2023年3月6日8時28分に、20年前の2003年3月2日に撮ったメキシコのモンテレイの自然のトンネルをGooglマップのストリートビュー(SV)で見つけました。それが上段の方のSVで、下段は20年前に撮った写真に近い方向からのSV5です。ただし山の麓に近いので見上げるような角度です。予想予想通り上のストリートビューの山の中に自然のトンネルがありましたが、見ている角度では見えていなかったことも分かりました。また航空写真に書き込んだ自然のトンネルの位置もほぼ正しいことも証明されました。埼栄された場所を探すためにいろんな角度のSVをまず記録してトンネルの角度を確認してみました。
いろんな角度→SV1 SV2 SV3 SV4 SV5 SV6 SV7 SV8 SV9 SV10
2003年3月2日撮影位置→SV11



位置をGoogeマップに書き込みました。緑色のカメラマークが2003年3月2日に写真を撮ったと思われる位置です。カメラ位置からのSV11では遠すぎてトンネルの角度は判らないことから、近くの位置で角度が同じになるSV5( )の延長線から判断しておおよその位置を特定いたしました。
 最初にSVで見つけた位置 SV0
 Nido de los Aguiluchos(自然のトンネル)
 撮った写真と角度が同じになる位置 SV5
 ━━ 通勤ルート ホテル⇔発電所建設場所


広範囲の航空写真を紹介します。発電所の試運転の夜の連続検査の時は私以外は12時間交代で対応しましたが、私には交代する人がいないために36時間勤務(朝の8時に出勤して翌日の20時に帰路)となりました。36時間勤務は10回以上行ったと思います。そんな思い出の場所でした。
 Hotel Ancira  発電所     Nido de los Aguiluchos
 ━━ 通勤ルート ホテル⇔発電所建設場所


今となっては、なかなか撮りに行けないのでネットの写真を転用させていただきました。


この自然のトンネルはNido de los Aguiluchosと名前が付けられているようです。Googeマップに登録されている写真なども転用させていただきました。


ネットに登録されていた動画を紹介します。興味のある方はプレーボタン( )をクリックしてみてください。動画の11分53秒からトンネルに入っるところになります。


こちらがプレーボタン( )をクリックすると11分53秒から始まるように設定した動画です。上の動画と同時に見ると時間の節約になると思います。


自然のトンネル(Nido de los Aguiluchos)の崖の上の尾根からの景色(SV12 SV13)です。この崖の下に自然のトンネルがあります。


等高線が入った地形図と航空写真を6秒間隔で交互に表示します。画像をクリックすると拡大するので等高線の標高が分かりやすいと思います。地形図での自然のトンネルの標高は約1200mで、この範囲で最も高いピークの標高は約1590mです。この山全体での最も高いピークは約2220mです。2003年3月2日に写真を撮った場所の標高は667mです。泊まっていたモンテレイ(Monterrey)の町のホテル(Hotel Ancira)の場所の標高は536mです。
クリックすると拡大

モントレイの町で3ケ月間ほど泊まっていたHotel Anciraです。クリックすると拡大右のホテルの内部の写真は残っていなかったのでネットから転用させていただきました。ほて内部の写真を見ると、3ケ月間ここで毎日朝食を食べたことが思い出されます。その間の写真で掲載した記事が下記ですが、その頃はまだブロクをしていなくて写真を沢山はとっていなかったここと、写真を保管していたノートパソコンが壊れてしまったので、残った写真が少なかったために記事を書くのは下記が精一杯でした。クリックすると拡大
着色文字をクリックすると記事を表示します。
 モンテレイの肉料理
 メキシコのサソリ
 メキシコの教会
 メキシコのお土産
 自然のトンネル Nido de los Aguiluchos
クリックすると拡大

クリスマスの時期は街はイルミネーションで飾られます。豪華なイルミネーションではないけれど街全体がイルミネーションだらけになるのがここの特徴でした。
クリックすると拡大

これが試運転で通っていた発電所です。フルターンキー(Full Turnkey/EPC)で納入した発電プラントです。メキシコ電力公社(CFE)に24万5千KWの電力を売ると共に隣の化学工場に毎時300トンの高温高圧の蒸気を売っています。この時マレーシアにも33万KWの発電プラントを建設していました。
クリックすると拡大

クリックすると拡大発電所の近くの山に登ると自然にサボテンが! でもガラガラヘビやサソリがいるんですよ。山に登るのも命がけです。実際に死んだガラガラヘビと生きたサソリを見ました。右の写真は試運転が終わり、みんなでバーベキューパーティーをした時の全メンバーでの記念写真です。私は真ん中辺りで白のワイシャツを着ています。
クリックすると拡大
ののののの

ローストビーフ握り寿司 [話題]

IMG_7764-400.JPG写真の上のカーソルがの場合はクリックすると拡大します。
クリックすると拡大
クリックすると拡大先日、右の写真のヒレカツ太巻寿司を紹介させていただいたので、昨年(2022年)の12月14日に食べた肉系の握り寿司があったので紹介します。それが上の写真のローストビーフの握り寿司でした。一見、同じように見えますが、ローストビーフの上に3種類のトッピングが乘っています。一番左が大葉の微塵切りで、真中がおろしニンニクで、右端が洋風ソースのゼリー固めです。スーパーで目に入って味が知りたくて買いましたが、ローストビーフも有りとの結論になるほど美味しかったです。

他に買ったの握り寿司がこちらです。上段がイカずくしの握り寿司で、下段はよく食べている握り寿司です。こちらの両方も美味しかったです。
クリックすると拡大
クリックすると拡大

いなり寿司も買いました。
クリックすると拡大

やっぱりビールが飲みたくなるので、この日はサッポロビールにいたしました。
クリックすると拡大

大葉のトッピングのローストビーフ握り寿司にはワサビを載せてみました。これもよかったです。変ったお寿司を初めて知ったのは2002年のメキシコでした。今までに海外に274回(入国回数)ほど行きましたが、平均滞在期間は6.2日/回ですが、唯一約3ケ月と長期間滞在になったのがメキシコでした。それも10日間の予定が3ケ月に伸びたのです。そのメキシコは意外なことにステーキが美味しかったのです。毎日食べるとカロリー過多になるので、肉料理を一週間に1回食べるために6日間は日本料理店で寿司などの日本料理を食べる生活が続きましたが、圧倒的にとんでもない寿司がおおったたのです。例えばメキシコ料理の味付けの寿司です。その時の寿司と比べれば、今回のローストビーフの握り寿司は完璧に和食です。アメリカでも変わった寿司が多かったけれども、メキシコの変わった寿司は突出していました。
クリックすると拡大

国別の訪問回数を紹介します。メキシコは10日間の予定が3ケ月に伸びましたが、2位滞在日数となったタイも数日の予定が15日に伸びてしまったのです。滞在の記録は日本を出国して帰国するまでの日数/泊数です。最短滞在日数も調べてみました。最短滞在日数となった国は37回訪問した台湾で1泊2日でした。2泊3日は台湾が1回で韓国が10回になっていました。韓国は16回の訪問の内10回が2泊3日でした。右の写真はメキシコで滞在していた近くにあったセロデルフライル(Cerro del FraileSierra del Fraile)山です。クリックすると拡大
 訪問国数   29
 合計入国回数 274
 海外滞在日数 1704日
 平均滞在日数 6.2日/回(日本を出国して帰国まで)
 初めての海外 1988年
 最長滞在日数 93日/回 2002年12月10日~2003年03月12日 メキシコ
 2位滞在日数 15日/回 2000年09月03日~2000年09月17日 タイ
 3位滞在日数 14日/回 2002年10月27日~2002年11月09日 中国

参考に滞在日数の少ない方も調べてみました。韓国は16回の内で11回が2泊3日で5回が3泊4日でした。クリックすると拡大韓国は近いだけあって国内旅行並みです。でも韓国で1泊2日はなかったです。クリックすると拡大少し遠い台湾の1泊2日は特別でした。韓国の2泊3日の旅で印象的だったのが2002年5月30日~6月01日です。下記のサインの人と往復共に同じフライトで、韓国の空港のラウンジで会った時に下のサインをいただきました。
 最短滞在日数   1泊2日 2006年09月07日~2006年09月08日 台湾
 2位滞在日数   2泊3日 1990年02月20日~1990年02月22日 台湾
 2位滞在日数   2泊3日 2001年07月22日~2001年07月24日 韓国
 2位滞在日数   2泊3日 2002年05月30日~2002年06月01日 韓国
 2位滞在日数   2泊3日 2002年08月25日~2002年08月27日 韓国
 2位滞在日数   2泊3日 2003年04月10日~2003年04月12日 韓国
 2位滞在日数   2泊3日 2005年11月16日~2005年11月18日 韓国
 2位滞在日数   2泊3日 2006年01月08日~2006年01月10日 韓国
 2位滞在日数   2泊3日 2006年06月21日~2006年06月23日 韓国
 2位滞在日数   2泊3日 2010年01月31日~2006年02月02日 韓国
 2位滞在日数   2泊3日 2010年02月09日~2006年02月11日 韓国
 2位滞在日数   2泊3日 2010年02月18日~2006年02月20日 韓国
 2位滞在日数   2泊3日 2010年04月25日~2006年04月27日 韓国

タグ:寿司
nice!(99)  コメント(26) 

岩倉山反射板 [宝塚]

写真の上のカーソルがの場合はクリックすると拡大します。
クリックすると拡大
兵庫県宝塚市の逆瀬川駅付近から西にある岩倉山の稜線に四角の物が昔から見えていて前々から気になっていました。上の写真の黄色の下向きの矢印のところです。写真をクリックすると拡大するのでわかっていただけると思います。上の写真の空き地は少し前までは古い建物が立っていましたが、解体されて今は山の稜線がよく見えます。もうすぐ8軒の家が建てられて売り出されるようなので、今だから見れる風景です。この写真を撮った位置から四角の物までの距離は1.99kmです。

上の写真では見えにくいのでズームした写真を紹介します。クリックして拡大写真を表示させると茶色の四角の物があることが判っていただけると思います。
クリックすると拡大

写真を撮ったカメラはコンデジなので解像度は良くありませんが四角の茶色が判ってもらえると思います。
クリックすると拡大

クリックすると拡大野上4丁目公園からも四角い板を見ることが出来ました。ここからの距離は2.02kmです。下の写真から反射板部分を切り取ったのが右の写真です。クリックするともう少し広い範囲を表示しますが解像度はもう一つです。
クリックすると拡大

以前に次の2つの記事で紹介したことがありました。その時に四角の板は阪急電車の岩倉山反射板と紹介させていただいていました。この写真は上の写真とは別の場所から撮ったものです。この写真を撮った場所から岩倉山反射板までの距離は2.11kmです。
 2021年6月08日 宝塚の聖天さん 七宝山 了徳密院
 2021年6月24日 宝塚聖天からの塩尾寺への山越えの道
クリックすると拡大

その岩倉山反射板のところに行って写真を撮ることにいたしました。その写真を上の2つの記事で紹介したいと思ったからです。そしてすでに撮った写真を小さな写真ですが紹介いたしました。本来ならば黄色のラインが最短なのですが、地図もないし、いろんな道があり迷いやすいことを知っているので、遠回りになりますが以前に紹介した塩尾寺(えんぺいじ)まで行き六甲山縦走路を歩いて目的の岩倉山反射板( )に行くことにしました。目的の場所は比較的縦走路に近いところにあります。縦走路から目的の岩倉山反射板に行く分かれ道のところがです。出発地点Ⓐは実家の家が特定されないように野上4丁目の代表的な十字路にしています。行き(→反射板)の登りの標高図を右下に紹介します。クリックするとGoogleのオリジナルを表示します。水色ラインは阪急今津線の逆瀬川駅近くのコープの駐車場から見た方向です。距離は2.49kmです。岩倉山反射板がある住所は宝塚市小林西山になります。行きに関しては近道しようとして道に迷って約1kmロスしました。は野上4丁目公園の近くでもあります。
クリックすると拡大から西方向(左方向)に伸びている白い道が六甲山縦走路です。


実家を出で最初は住宅地を歩きます。ここは桜並木で有名な 「寿楽荘の桜並木(桜とんねる)」です。昨年の春に紹介させていただきました。→ポチッ
クリックすると拡大

クリックすると拡大ここは宝塚市武庫山の住宅地です。この近くには建築家の村野藤吾が設計した東京銀行宝塚クラブハウスが立っていました。右の小さな写真が東京銀行宝塚クラブハウスですが写っているのは私の両親と姉と私です。私は1月生まれなので6~7ケ月目ぐらいだと思います。郵便ポストのところを右に曲がってすぐに左の道に入って突き当りに宝塚クラブハウスが立っていましたが、今はありません。
クリックすると拡大

上の写真の右上の写真は小さくて見えにくいので一部分を拡大いたしました。クリックすると全体を表示するので、建築家の村野藤吾が設計した建物がもう少しわかると思います。写っているのは私の両親と姉と私です。私の小さいときの記事にも記載しています。この場所は長く探せなかったのですが、宝塚市の職員の方などの協力を得て探すことが出来ました。そんな経緯から母と姉とは別々ですが、この場所に行って記念写真を撮りました。
クリックすると拡大

急な上り坂になってきました。場所は宝塚市紅葉ガ丘3で、近くに甲子園大学がある場所です。すでに230m手前から宝塚駅からの六甲山縦走コースに合流しています。
クリックすると拡大

少し歩くと山道になってきました。ただし塩尾寺(えんぺいじ)までは車が登れる道です。
クリックすると拡大

山道の途中に広い広場がありました。広場の名前は塩尾寺休憩所で、白鳥大神が祀られていました。他にも祠がいくつかありました。急な上り坂になって塩尾寺までの中間地点でしょうか。ここから塩尾寺までは750mくらいです。
クリックすると拡大

塩尾寺休憩所から撮った写真です。右の道を登ってきて左の道を登りました。少し行ったところに塩尾寺まで700mと書かれた石柱が立てられています。
クリックすると拡大

塩尾寺までの間に展望台がありました。ここから先の岩倉山までは日が当たらない林の中を歩くことになります。今回は、それが少し問題でした。
クリックすると拡大

塩尾寺の入口に着きました。左の塩尾寺と書かれている前を左に上ると六甲山頂の方向ですが、境内に入って少し休憩いたしました。
クリックすると拡大

こちらが塩尾寺です。鐘楼の前の椅子に座って持ってきたお茶とチョコレートを食べました。
クリックすると拡大

六甲縦走路の登山道に入ります。塩尾寺のより先のこの細い道を歩くのは数十年ぶりです。走破距離56kmの六甲全山縦走大会に参加して以来のことなのです。塩屋を5時05分に出発して宝塚駅に14時15分に到着したので、56kmを9時間10分で歩いたことになります。ただし、年々競争がエスカレートして6時間で走る人が出てきたことから、予定より早く着く人にはチェックポイントの休憩が義務付けられていることから実質は8時間20分でした。
クリックすると拡大

上の写真の案内標識の部分を拡大しました。六甲山最高峰まで10.5kmと書かれています。
クリックすると拡大

上り坂は岩だらけの道や
クリックすると拡大

すり鉢のような道が続きました。この辺りから、ちょっと失敗したことに気が付きました。ダウンのチョッキにダウンのジャケットを着てきたのですが、ものすごく空気が冷たいのです。失敗は手袋を持ってこなかったことと、魔法瓶は持ってきたのですが、熱いお茶ではなく冷たいお茶を入れてきたことでした。仕方がないのでチョコレートを食べながら歩きました。
クリックすると拡大

塩尾寺を出発してから最初の目標値の砂山権現に着きました。鳥居と石の祠ずありましたが、境内がきれいに掃かれていたのに驚きました。これほどきれいと言うことは、ここまで歩いてきて頻繁に掃除に来られているのだと感じました。
クリックすると拡大

石の祠も少し変わった形の趣のある立派なものでした。ヘリコブターを使わないで、これを持ってくるのは、歩いて来るしかないので大変だったと思います。
クリックすると拡大

六甲山縦走路を進みました。道は平坦になってきたので岩倉山の山頂に近くなってきたことを感じました。
クリックすると拡大

ところが雪が残っているほどの寒さでした。
クリックすると拡大

標識は充実していました。
クリックすると拡大

さらに進むと「←この先展望良」と書かれた標識がありました。歩いた距離の感じでは目的地の岩倉山反射板があるところではないかと感じました。標識の下に手書きで「→岩倉山山頂」と書かれていたので、確信して左に曲がって進むことにしました。右に曲がって少し登ると岩倉山山頂のようです。いつもだったら岩倉山山頂に行ってから、岩倉山反射板の方に行くのですが、寒かったので岩倉山反射板に直行することにしました。標識の右側をまっすぐに伸びている道は六甲山縦走路です。
クリックすると拡大

標識の別の面を見ると「↑岩倉山反射板を経て猪谷、ゆずり・・」と書かれていました。石のために「ゆずり・・」の「・・」は確認できませんが近くの地名の「ゆずり葉台」と思われました。これで岩倉山反射板から下りれる道があることが判りました。標識の矢印(↑)方向の道を進みました。
クリックすると拡大

岩倉山反射板とは反対方向へは岩倉山山頂へ登る道がありました。写真の右上辺りが岩倉山山頂だと思います。
クリックすると拡大

これが岩倉山反射板に行く道です。
クリックすると拡大

反射板が見えてきました。四角の反射面は左奥方向に向いています。
クリックすると拡大

表側に回り込みました。
クリックすると拡大

確かに素晴らしい景色でした。こちら方向に通信用の電波を反射させているのだと実感しました。温かい太陽の日差しが当たっているので寒さの件も解決しました。暑いくらいでした。
クリックすると拡大

せっかく、この反射板の写真を撮りに来たのでいろんな角度からの写真を紹介したいと思います。ただし、周りには木が沢山生えているので、全体が写る角度は限られています。
クリックすると拡大

これが岩倉山反射板の全景です。全体にこげ茶色の錆止め塗装が塗られていました。岩倉山反射板は阪急電鉄が所有しているもので独自の通信網の中の無線通信の設備の1つだそうです。駅同士の連絡のように陸上の設備同士の場合は有線の設備で出来ますが、動いている電車との連絡は無線になります。地上からの電波をこの反射板で反射させて通信を行うことから反射板と名前がついているのだと思います。電波の発信設備と違い電源もメンテもほとんど不要なことから反射板が採用されているようです。
クリックすると拡大

上の写真では鉄塔の一部が木に隠れているので、すべてが見れる角度からの写真も紹介します。
クリックすると拡大

木が周囲に沢山あるので、離れて撮れないために全体がすべて見えている横長の写真は撮れませんでした。上の半分の横長写真です。
クリックすると拡大

反射板の部分だけの写真です。スマホのように公共の通信を活用する方法もあり得ることですが、スマホで頻繁に通信障害を起こしている現状や、災害時に予想される通信障害から、昔からの独自の通信網を維持しているようです。
クリックすると拡大

下から見上げた写真です。
クリックすると拡大

上野写真と似たアングルですが、反射板の真横から撮りました。
クリックすると拡大

少しで全体が入った横長の写真を撮ったつもりです。
クリックすると拡大

離れると木で隠れる部分が増えます。
クリックすると拡大

帰る方向の最後の写真です。つまり南側から登ってきた場合に見える最初の岩倉山反射板です。
クリックすると拡大

ここから帰る道を紹介していきたいと思います。
クリックすると拡大

雑木林の中を下りていきます。
クリックすると拡大

突然左右に同じ程度の道で分かれるところがありました。そこにテープ道しるべが書かれていたので、この行者山への矢印の方向の道を選びました。
クリックすると拡大

十字路になったところに下りてきました。まっすぐに進むと行者山で。右に登っていくと、ゆずり葉台か、上で分かれた道に戻るようです。左方向の道が、私が目指す光ガ丘です。
クリックすると拡大

行者山方向のところにハイキングコースの地図が立てられていました。私が目指す光ガ丘の方向も柱に書かれていました。
クリックすると拡大

ボールの先の地図を紹介します。行者山をハイキングする人達のために整備されているようです。
クリックすると拡大

私が下りてきた道は現在地から右下に伸びている破線だったのです。私は現在地から左に進んで光ガ丘に向かうので、正規の道よりもかなり短くなったようです。行者山には2015年に行ったことがあり正月の記事で報告させていただきました。その時も同じ十字路から光ガ丘に帰りました。
クリックすると拡大

2015年に行者山に登って、今回のように光ガ丘に下りた時のルートを紹介します。上の案内板とは上下が反対の地図です。赤色で点滅しているところがその時に歩いたルートです。この地図の左上から光ガ丘口までのルートが今回と同じです。
クリックすると拡大

光ガ丘方向の道は谷を歩いて下りる感じでした。雨が沢山降ると水が流れるのだと思います。ネットでの記載の中で「②光が丘コース:光が丘住宅北西(行者山光が丘口標柱)→猪谷→行者山下→岩倉山西方の縦走路」と書かれていたことから、この谷が岩倉山の標識に書かれていた猪谷ではないかと想像しています。さらに「支多々川源流の猪谷」と書かれているサイトもあったので間違いなさそうです。
クリックすると拡大

しばらく行くと谷から離れます。
クリックすると拡大

両側が谷になった尾根を歩きました。
クリックすると拡大

大きな砂防ダムのところに出ました。下流側を鉄砲水から守る設備です。
クリックすると拡大

砂防ダムの名前は西山堰堤となっていました。兵庫県が木島組に施工させたようです。設備工事の種類は通常砂防工事と書かれていました。
クリックすると拡大

上の方の猪谷は水は全くありませんでしたが、住宅地に近くなったところでは水が染み出てきていました。
クリックすると拡大

住宅地の支多々川の最も上流になります。
クリックすると拡大

光ガ丘に出てきました。近くに光が丘中学校がありました。
クリックすると拡大

実家に帰る途中には宝塚聖天さんがあるので寄ってから帰りました。
クリックすると拡大

今回は一部だけですが懐かしい六甲山縦走路を歩いたので、参考に私が歩いた時の六甲全山縦走のコースを紹介します。岩倉山反射板はの間にあります。クリックすると拡大山の部分に深緑色のマーク( )をプロットいたしました。時々表示される深緑色マーク( )群の最も右側(宝塚寄り)が岩倉山です。マークの数は25個になりました。プロットしてみることで、沢山の山を登り下りしたことを実感いたしました。25個の内訳は16個が上で紹介の名前が分かっている山で、9個が等高線から山と判断していますが、名前が分からない山 1 ~ 山 9です。画面内のは私が歩いた時の市民大会の右の参加証のチェックポイントです。本画像は10枚のGoogle地図のハードコピーを3秒間隔で表示させています。このコースを8時間20分で歩いたわけです。私が塩屋から歩いた時の56kmの距離に対して、須磨浦公園駅から44.9kmを歩いた場合の上りの累積高さは3165mになるそうです。クリックするとGoogle地図で表示します。
クリックすると拡大

上の六甲山縦走路(━━)の地図を拡大して今回の辺りを表示させました。岩倉山の下(南)すこし右(東)の空色の点が岩倉山反射板が建っている場所です。

タグ:六甲山
nice!(100)  コメント(32) 

本佐倉城のマスコットキャラクター「勝っタネ!くん」 [千葉]

写真の上のカーソルがの場合はクリックすると拡大します。


2023年2月21日再掲載 タイトル:本佐倉城のマジを再掲載
クリックすると拡大先日、臼井城の記事を掲載した機会に本佐倉城の記事をブラシュアップして再掲載いたしました。大きな城でありながらあまり知られていない城です。
右の図は臼井城の配置図です。臼井城も本佐倉城も佐倉城より前からあった城です。

2015年11月29日掲載
タイトル:本佐倉城のマスコットキャラクター「勝っタネ!くん」
クリックすると拡大
クリックすると拡大2015年11月24日に、地元産の新ソバが11月下旬から食べれる蕎麦屋「みなもと」で新蕎麦をいただきました。蕎麦屋の場所は千葉県印旛郡酒々井町尾上123-25で、その帰り道の近くに本佐倉城があります。そこで本佐倉城に行ってみることにいたしました。千葉県には沢山の城跡が残されていますが、佐倉周辺の城跡の中で大きなものが次の3つです。その中の本佐倉城は上の図のように規模が大きいにも関わらず、一般には知られていないようなので、今回、紹介したいと思い記事にいたしました。本佐倉城に来て写真を撮ったのは下記の3度目です。家内と来たのは今回が初めてでした。家内も、これだけの規模で国の史跡にも関わらず、あまり知られていないのはもったいないとの感想でした。
クリックすると記事を表示クリックすると記事を表示 2013年11月06日 14時ごろ EOS 5D
 2015年09月28日 09時ごろ EOS 5D
 2015年11月24日 13時ごろ G7X

3つの城の場所と年代を紹介いたします。ちなみに江戸時代は1603年~1868年で、戦国時代は1467年~1590年です。つまり本佐倉城は戦国時代の城なのです。しいて言えば、臼井城は鎌倉時代、佐倉城は江戸時代の城なのです。戦国時代(1493~1590年)は、日本の総人口が800~1200万人の世界でした。着色文字をクリックすると過去に掲載した記事を表示します。
 臼井城  1114年ごろ~1604年 490年間 平安時代~安土桃山時代 
 本佐倉城 1479年ごろ~1615年 136年間 戦国時代~安土桃山時代 
 佐倉城  1544年ごろ~1873年 329年間 戦国時代~江戸時代
 下高野館 先崎城  井野城  小竹城  中世(臼井城の傘下)
 蕎麦屋「地蕎麦 みなもと」+ そば畑(約8000㎡)
 酒々井プレミアムアウトレット


印旛沼の水田干拓前の地図に3つ城をプロットしました。昔は本佐倉城の脇に印旛沼があったことがわかります。本佐倉城と臼井城は印旛沼に突き出した半島状の地形に造られました。
   臼井城    佐倉城    本佐倉城


本佐倉城には10台程度の駐車場が用意されていていますが、周辺の道は細く道が判りにくいので、下記の住所をナビに入力することをお勧めします。駐車場の近くまで行けると思います。
徒歩で行く場合は最寄駅の京成本線の大佐倉駅が便利です。大佐倉駅から本佐倉城の入口まで約1㎞です。主格があった城山までは約1.3㎞です。地図をクリックすると広範囲を表示します。
 住所 千葉県印旛郡酒々井町本佐倉823
   徒歩 大佐倉駅から本佐倉城
   車  京成佐倉駅から本佐倉城
クリックすると拡大

地形がわかりやすい図に名称を追加させてもらいました。
  城名   本佐倉城 もとさくらじょう
  別名   将門山城 根古谷城
  城郭構造 連郭式平山城
  天守   なし
クリックすると拡大  築城主  千葉介 輔胤 ( 千葉 輔胤 )
  築城年  文明年間
  主改修者 千葉氏
  主な城主 千葉氏、小笠原吉次、土井利勝
  廃城年  1615年(元和元年)
  遺構   堀、土塁
  文化財  国の史跡


現在の周辺は水田や畑で囲まれていますが、城があったころは沼および湿地帯で囲まれており堅牢な要塞であったことがうかがえます。この図は右下の方向が北になります。
城域は内郭と外郭に分かれており、内郭は南方に谷が刻まれた半島状の丘陵上に占地し、往時は三方を沼および湿地帯で囲まれた要害でした。一方の外郭は内郭から繋がる丘陵上を自然地形と空堀で分断した広大な地積を持ち、千葉氏の勢力が伸張したのち、家臣団の屋敷地として整備されたと考えられています。現在でも城の土塁や空堀などの遺構が、ほぼ完全な姿で残っており、1998年9月11日に「本佐倉城跡」として国の史跡に指定されました。


城はⅠ郭からⅦ郭で構成されています。Ⅳ郭以外は名前で呼ばれていますが、Ⅳ郭は城ノ内ではなくⅣ郭と呼ばれることが多いようです。内郭であるⅠ郭~Ⅶ郭の外側にも荒山、向根古谷、佐倉根小屋などの3つの外郭群が存在していました。Ⅰ郭の城山以外の郭の性格は確認調査による成果からの推測のため、調査が進むにしたがって性格が変わってくることもありうるそうです。
クリックすると拡大  Ⅰ郭 城山 
  Ⅱ郭 奥ノ山
  Ⅲ郭 倉跡
  Ⅳ郭 城ノ内
  Ⅴ郭 東山馬場
  Ⅵ郭 東光寺ビョウ
  Ⅶ郭 セッテイ山
クリックすると拡大

本佐倉城の航空写真です。水田部分が昔は印旛沼および湿地帯でした。上の地図と比較するとそれぞれの郭の現在の状況が分かってもらえると思います。


本佐倉城の北側の入口である東山虎口あたりを遠くから撮った写真です。本佐倉城(もとさくらじょう)は、千葉県印旛郡酒々井町本佐倉と佐倉市大佐倉にまたがる将門山に築かれた千葉氏後期の本拠地となった城です。文明年間(1469年-1486年)の築城と考えられており、国の史跡に指定されています。城があったころは写真を撮っている位置は印旛沼の上でした。虎口(こぐち)とは中世以降の城郭における出入口のことで、守るために狭い通路になっています。
クリックすると拡大

上と同じ写真で東山虎口あたりを拡大いたしました。本佐倉城の文字が読み取れると思います。
クリックすると拡大

クリックすると拡大城のビューポイントからの景色です。東山虎口の近くです。目の前を京成本線が走っています。城があったころには水田部分が一面、印旛沼だったことを想像願います。天気が良ければ右の写真のように筑波山を見ることが出来ます。
クリックすると拡大

東山虎口に近づきました。右下の方に説明が立てられています。
クリックすると拡大

東山虎口の説明です。東山虎口にはに二重に門が建てられて敵の侵入を守っていました。
クリックすると拡大

東山虎口に向かって登っていきます。
クリックすると拡大

説明の通り道が曲がりくねっていました。蛇行した狭い通路と二つの門と内枡形の長方形の空間によって非常に厳重守られていたことが伝わってきました。
クリックすると拡大

登り詰めると城内の雰囲気になっていました。城の雰囲気を感じてもらうためか、Ⅳ郭と呼ばれているあたりに木製の盾が並べられていました。左側には東山馬場が広がっています。
クリックすると拡大

この上がⅣ郭部分です。Ⅳ郭は城ノ内と呼ばれることもあり、段々状に家臣団屋敷などがある兵站地であったのではないかと思われています。
この写真をGoogle地図に登録してみました。→ポチッ
クリックすると拡大

城の内側から東山虎口を見た景色です。右の高くなっている部分が東山と呼ばれているところです。ここにも説明が立てられていました。
クリックすると拡大

こちらの説明板には、東山虎口の門と、東光寺ビョウと、南奥虎口の説明がが書かれていました。
クリックすると拡大

Ⅳ郭から東山馬場方向を見た景色です。
クリックすると拡大

こちらが東山馬場です。名前の通り馬場考えられています。建物跡は見つかっていないそうです。
クリックすると拡大

東山馬場からさらに下りていくと車で来るルートに出ます。その入口から見た本佐倉城です。
クリックすると拡大

その入口には国史跡「本佐倉城跡」の石碑が立っていました。


石碑は2002年(平成14年)に建てられたものでした。


東山馬場から登っていく方向の写真です。
クリックすると拡大

こちらがⅣ郭虎口です。この奥に昔は門がありました。道には堀底道と名前が付けられていました。
クリックすると拡大

Ⅳ郭虎口の説明板です。
クリックすると拡大

堀底道を登っていき左に曲がると大堀切があります。ここで城山に向かうために左に曲がりました。
クリックすると拡大

左がⅠ郭である城山で右がⅡ郭である奥ノ山です。城山と奥ノ山は木橋がかけられていたと推測されています。
ここお登って向側に下りていくと分かれ道になっていて、それぞれ城山への道と奥ノ山への道になっています。
クリックすると拡大

大堀切の説明板には大堀切を登りきったところに木戸があったことが書かれています。
クリックすると拡大

ここが分かれ道です。右に行くと奥ノ山で、左に行くと城山です。ここも厳重な守りであったことが想像できました。
クリックすると拡大

左に曲がると城山への道が続いていました。右側は空堀です。ここは城山虎口です。
クリックすると拡大

城山への道を登の切ったところらも門があったことが書かれていました。
クリックすると拡大

このあたりに城山の門があったわけです。
クリックすると拡大

城山門跡の説明板です。2006年の発掘調査で門跡が見つかったそうです。門をくぐると主殿がありました。
クリックすると拡大

ここが城山です。右側から登ってきました。
クリックすると拡大

城山には沢山の建物があったことが発掘でわかりました。
クリックすると拡大

初めて本佐倉城に来た家内は興味深く見て回っていました。
クリックすると拡大

発掘により城山(Ⅰ郭)で、下記の遺構が見つかりました。
クリックすると拡大 主殿 11.45m x 15.14m
 遠侍 10.1m x 5.7m
 会所 11.2m x 13.5m
 園池 11m x 8m
 築山 8m x 5m
 建物4棟(台所・倉庫・便所など)
 櫓2棟(平櫓・井楼櫓)
 門2棟
 塀(門連結・土塁上)
 通路
 木橋(城山と奥ノ山を連結)
クリックすると拡大

城山にあった主殿(上)と会所(下)に類似した建物の写真です。
主殿の写真は青森県の根城で復元されたものです。会所の写真は岐阜県の江馬氏館の復元された会所です。このような建物が城山郭に建てられていた想像するだけでロマンを感じます。
500年前の城は城砦としての性格が強く、外から城内の地形が知られないように低い建物で構成されていたと想像されます。当然ですが、主殿の位置を特定されるような天守閣は設けなかったと感じました。



城山から分かれ道まで下りてきて、今度は奥ノ山の方に向かいました。
クリックすると拡大

こちらがⅡ郭の奥ノ山です。
クリックすると拡大

妙見郭とも呼ばれることがあるように発掘で15mx15mの基壇が見つかっており妙見宮の跡と考えられています。
クリックすると拡大

奥ノ山はかなり広いスペースでした。奥ノ山には本佐倉城(根古谷城)に関する,ステンレスの説明版が設置されたてました。本佐倉城は文明年間に千葉氏21代当主の千葉輔胤により築城されて、1590年(天正18年)に姻戚関係にあった小田原の北条氏と共に滅亡するまで、戦国大名千葉氏宗家の本拠地として9代続きました。その後は徳川氏に接収されて軍事上の必要から佐倉藩の藩庁が置かれました。1615年(元和元年)に藩庁の佐倉城への移転と一国一城制により廃城となりました。本佐倉の城下町は酒々井宿に移設されて成田街道の宿場町になったと考えられています。本佐倉城の前の千葉氏の居城は現在の千葉市の中心にあった亥鼻城(千葉城 1126年築城)でした。千葉輔胤が古河公方足利成氏と結んで下総国を平定したことから1455年に亥鼻城から佐倉に本拠地を移し、その後に本佐倉城を築城したようです。史実から少なくとも1479年には完全には完成していなかったようです。
クリックすると拡大本佐倉城で一番驚いたのは1615年に廃城になり、400年間という長い年月があったにも関わらず、ほとんどの広い土地が畑などにされることもなく昔のままに遺構(空堀、土塁)が残されていたことです。これは周辺の印旛沼や湿地帯が江戸時代から始まった干拓事業により右の写真のような広くて便利な水田や畑が身近なところに、あったことが影響している気がします。
クリックすると拡大

本佐倉城の城主は妙見宮で元服しており、千葉氏の守護神とされていたと説明されていました。
クリックすると拡大

Ⅲ郭となる倉跡です。確認調査によって掘立柱建物が広範囲に分布していること分かったことから
その名の通り倉庫群が存在したと考えられています。炭化した米も沢山見つかりました。供膳具や調理具や貯蔵具なども沢山見つかったことから、倉庫だけでなく人の生活するための空間も存在したと考えられています。
クリックすると拡大

倉跡の上にはⅦ郭のセッテイ山がありました。セッテイ山へ登っていく道です。
クリックすると拡大

こちらの竹林には節と節の間に緑と薄い黄色の縞模様が表れる金明竹が沢山あることでも有名であることが散策マップに書かれていました。上のセッテイ山へ登っていく道の写真にも金明竹が写っています。金明竹は真竹の突然変異だそうです。


セッテイ山は、その名から接侍郭、あるいは場所的なイメージから人質郭と考えられています。人質郭と考えられているのは主殿から遠く離れており厳重な虎口の形態や大規模な空堀や郭の形状などからです。確認調査において、建物跡の存在がが分かっており、供膳具や調理具や貯蔵具なども沢山見つかっています。また他の郭ではあまり見られない墓石、茶壺、火箸なども見つかっているそうです。本佐倉城で倉跡だけは畑として利用されていました。
クリックすると拡大

倉跡とセッテイ山の間には高さ10mの空堀があります。堀底道はⅥ郭の東光寺ビョウにつながっています。
クリックすると拡大

倉跡と奥ノ山の間から南に下りていく細い道です。
クリックすると拡大

下りて行ったところに妙見神社(妙見社)がありました。
クリックすると拡大

社には妙見神社と書かれていました。


Ⅵ郭の東光寺ビョウです。本佐倉城で最も広い郭でしたが、その性格に関してはまだ不明だそうです。2つの物見台に守られた空間です。
クリックすると拡大

南奥虎口は東光寺ビョウから城に登っていく玄関口です。発掘調査によって木戸跡や柵列跡や通路跡が見つかっています。現在は見通しが良い場所ですが、当時は木戸や柵などで虎口内部は見えない状態でした。本城には東山虎口、Ⅳ郭虎口、城山虎口、南奥虎口などの虎口がありました。
クリックすると拡大

南奥虎口にも詳しい説明板が設置されていました。
クリックすると拡大

東山虎口の東側が名前の通り東山で険しい自然の尾根がつづいていました。
クリックすると拡大

東山虎口の西側の土手には諏訪神社(諏訪社)がありました。Ⅳ郭と倉跡の間から行くことが出来ます。
クリックすると拡大

諏訪神社の社です。
クリックすると拡大

諏訪神社と書かれていました。


諏訪神社の社の中です。小さな社が祭られていました。
クリックすると拡大

諏訪神社の周りには小さな社や安産祈願の石像が祭られていました。
クリックすると拡大クリックすると拡大クリックすると拡大

ここは立派な史跡にも関わらず訪問者が少ない場所ではありますが、3回来て初めて多人数で来ている人を見かけました。車数台で来られていました。
クリックすると拡大

本佐倉城内に沢山の説明板が建てられていましたが、そこには甲冑姿のキャラクターが描かれていました。本佐倉城のマスコットキャラクター「勝っタネ!くん」です。「勝っタネ!くん」は、本佐倉城跡の第3代城主である千葉勝胤(ちば かつたね) をモデルとして作られそうです。
千葉勝胤は1514年に編さんされた連歌集「雲玉和歌集」の中で、「武に優れ、大和歌にも通じ、地に幸草の種をまいた。」 とうたわれた文武に優れたお殿様でした。その幸草のと千葉氏の継名のの字をかけて誕生したのが、文武両道と勝利の神様「勝っタネ!くん」だそうです。体は 幸草の種で作られていて、 手足は、台地にしっかりと根を張る根っこでできています。
 身長155cm、体重130kg、胴回り300cm
 1471年11月16日(文明3年10月5日)生まれの544歳
クリックすると拡大

クリックすると拡大今回のキャラクターのモデルとなった千葉勝胤は、室町幕府の下総権守で、本佐倉城の城主としては三代目ですが、千葉氏の当主としては二十三代目になります。
 城主     【 当主 】
 初代 千葉輔胤【二十一代】
 二代 千葉孝胤【二十二代】
 三代 千葉勝胤【二十三代】
 四代 千葉昌胤【二十四代】
 五代 千葉利胤【二十五代】
 六代 千葉親胤【二十六代】
 七代 千葉胤富【二十七代】
 八代 千葉良胤【二十八代】
 九代 千葉邦胤【二十九代】

クリヤーな「勝っタネ!くん」を紹介したくて酒々井町のホームページから画像を転用させていただきました。
画像をクリックするとオリジナルを表示します。
クリックするとオリジナルを表示

クリックすると拡大最近、家内が佐倉城のイメージキャラクターである右の写真の「カムロちゃん」のぬいぐるみ(700円)を買ったので、「勝っタネ!くん」のぬいぐるみもほしくなりました。以前に酒々井のアウトレットで「勝っタネ!くん」と思われる着ぐるみを見かけた気がしたので、本佐倉城を見た後に、酒々井のプレミアムアウトレットに行き、以前に見かけたフ-ドコ-ト(Food Court)の中にある酒々井コミュニケーションセンターに行ってみました。やはり記憶は正しく、着ぐるみが来たことがあったとのことでした。でも、残念ながら、ぬいぐるみは作っていないとのことでしたが、写真のしおりを無料でいただきました。
クリックすると拡大

クリックすると拡大家に帰って「勝っタネ!くん」の着ぐるみの写真を探してみました。見つけたので紹介します。写真を撮ったのは2014年7月6日に家内と娘と姪っ子たちとアウトレットに行った時でした。残念ながら今は、着ぐるみがアウトレットに来ることは無いそうです。また、再開してほしいものです。
クリックすると拡大

クリックすると拡大酒々井町には2つのマスコットキャラクターがあります。右がもう一つのマスコットキャラクターである井戸っこ(しすいちゃん)です。町名の由来となった「酒の井伝説」の井戸の妖精です。特技は井戸座りで、見てのとおりのポッチャリ体系で運動は苦手だそうです。でも、徳利の魔法の水(お酒)を飲みすぎると、たまにダンスを踊っちゃうそうです。

お得なヒレカツ太巻寿司 [話題]

写真の上のカーソルがの場合はクリックすると拡大します。
クリックすると拡大
2023年2月4日から2月26日まで関西に来ています。実家の宝塚で泊まっていますが。最寄り駅の逆瀬川駅の近くのスーパーで珍しいお寿司を見つけたので買ってみました。づ場にタイトルの通りヒレカツ太巻寿司です。

普通の巻寿司とヒレカツ太巻寿司を買いました。どちらも一本で8個に切り分けられていました。
クリックすると拡大

お店のコーヨー(KOHYO)逆瀬川店は、今はイオングループではありますが、元々は魚類が新鮮で有名なスーパーで、その伝統があるためか魚やこちらのお店内で作るお寿司は出来立てで美味しいのです。そして立派な巻寿司が298円と安いのです。原材料は酢飯、味付干瓢、しいたけ入り干瓢煮、おぼろ、玉子焼、きゅうり、のり、です。カロリーは56kcal/1切れです。
クリックすると拡大

そしてヒレカツ太巻寿司が388円だったのです。巻寿司298円に+90円でヒレカツが巻かれた太い巻寿司が買えたのです。おそらくヒレカツの巻寿司はなじみがないので、お試し価格にしてみんなに味わってもらいたかったのではないかと想像しました。ちゃんと「お買い得商品」と書かれていました。原材料は酢飯、とんかつ、濃厚ソース、マヨネーズ、リーフレタス、のり、です。カロリーは78kcal/1切れです。
クリックすると拡大

透明カパーを外した巻寿司とヒレカツ太巻寿司です。
クリックすると拡大

こちらの冒頭に使ったヒレカツ太巻寿司の写真です。買うときは少し躊躇しましたが、食べてみると美味しかったです。是非ともクリックして拡大した写真を見てほしいです。今回の記事に関しては写真をクリックするとすべての写真が面積で16倍に拡大するように設定しました。
クリックすると拡大

クリックが面倒な方のために拡大写真を掲載しました。こちらもクリックすると面積で16倍に拡大します。ヒレカツとすし飯に合う特別なソースが一緒に巻かれていました。
クリックすると拡大

その特製ソースとマヨネーズが一緒に巻かれているのがよく見える部分の写真を紹介します。
クリックすると拡大

巻寿司も単独で掲載しました。実はこの298円の巻寿司も美味しいのでよく買っています。大体は穴子寿司も一緒に買っています。
クリックすると拡大

参考に昨年の10月22日に撮った穴子寿司と巻寿司の組み合わせの写真を紹介します。穴子寿司398円もお得です。穴子寿司のカロリーは72kcal/1切れです。
クリックすると拡大

自分の皿に取りながら食べました。
クリックすると拡大

試しにトンカツソースをつけて食べてみましたが、それもありでした。
クリックすると拡大

お店を紹介します。ここ10年以上の大晦日の夕食のてっちり(ふぐ鍋)やてっさ(ふぐ刺し)に捌いてもらうフグを買うお店でもあります。電車のマークのところが阪急の逆瀬川駅の改札口です。臙脂色マーク( )がKOHYO 逆瀬川店です。
同じ建物内の同じフロアー(B1F)に、いかりスーパー( )があるので両方で買い物を楽しむことが出来ます。川を渡ればコープ宝塚( )があります。食パンなどのパンは近くにあるパンネル可成店で買っています。臙脂色ライン(━━)で囲ったところがKOHYO(コーヨー)が入っているビルのアピア1です。
 名前 KOHYO 逆瀬川店(コーヨー サカセガワテン)
 住所 兵庫県宝塚市逆瀬川1-2-1 アピア1 B1F
 電話 0797-71-5400
 営業 9:00〜21:00
 定休 無休(1月1日以外)

タグ:寿司
nice!(132)  コメント(30) 
前の7件 | -