So-net無料ブログ作成

2日連続 寝台列車に乗りました。 [ロシア]

写真の上のカーソルがの場合はクリックすると拡大します。
クリックすると拡大
海外で初めて寝台列車に乗ったことを紹介いたしましたが、その翌日(4月27日)もモスクワに帰るために寝台列車に乗りました。その列車が上の写真です。モスクワからの機関車はディーゼルでしたがモスクワへの帰りは電気機関車が使われました。

寝台列車はスタールイ・オルコスを4月27日18時00分に出発し12時間かけて翌日(4月28日)の6時00分にモスクワへ戻ってきます。
帰りも 0号車(ファーストクラス)でした。


これはロシアの鉄道網の地図です。しかしスタールイ・オスコル(Stary Oskol / Старый Оскол)を通る線路は書かれていませんでした。
スタールイ・オスコルの場所と予想通過線路を地図に記載しました。Google地図を見るともっと沢山の線路があることから、この地図の鉄道網は幹線のみで実際には鉄道網が網の目のように走っており、おそらくこの数倍の線があると想像されました。
また路線図では線路はまっすぐのように描かれていますがGoogleの地図で確認するといろんな町を通っていくために曲がりくねりながら目的の場所に向かっていました。地図で見るよりも実際の走行距離は長そうです。
画像をクリックするとロシア全体を表示するので是非とも見てください。
クリックするとロシア全体を表示

来る時と同じように各車両の入口には車両の車掌の女性が立っていいてチケットとパスポートをチェックします。女性の車掌の人たちは終点のモスクワ羽で一緒に移動します。
クリックすると拡大

来る時とおなぐく約500mの列車編成でした。我々はちょうど真ん中の0号車でした。
クリックすると拡大

列車の中からのスタールイ・オルコス駅の風景です。
クリックすると拡大

列車の通路です。


クリックすると拡大寝台車の個室に関したはモスクワ→スタールイ・オルコスで紹介したので、こちらでは食堂車を紹介いたします。こちらが食堂車です。高級レストランの雰囲気の食堂車ではありませんが、きれいで清潔感がありました。


ファーストクラスはビールと夕食が付いています。部屋でも食べれるのですが、出発前に食堂車に準備するようにお願いして寝台列車が動きはじめたら、すぐに食堂車に向かいました。すでにビールは用意されテーブルに置かれていました。


スタールイ・オルコスからモスクワへの帰りの寝台特急では、近くの席で食事をされていた3人組みの女性の方に一緒に飲みませんかと声をかけた結果、気楽に応じてくれました。行きよりもより楽しく飲むことが出来た気がします。写真の右に少しだけ写っているのが私です。テーブルの上のカメラは彼女たちのものです。ちょっとリッチな人たちだったのかもしれません。女性たちはオルコスの人でした。


最初は乗車券についている無料のビールで乾杯です。


ここで黒パンのビールに合う食べ方を教えてもらいました。パンの上に塩とレッドペッパーを振り掛けるのです。これが本当にビールに合うのに驚きました。不思議と胡椒ではなくレッドペッパーが置かれていたのがよかったです。


雰囲気が盛り上がるとやっぱりワインですね。ワインもいただきました。さらに持参していたウイスキー(山崎)も一本開けてしまいました。


乗車券についていた料理をつまみにビールやワインをいただきました。料理は決して高級感はありませんが、ロシアの味を堪能いたしました。ご飯が付いているのにも驚きました。これば鶏肉の料理です。
クリックすると拡大

料理は2種類からの選択です。付いているご飯はポテトに変更は出来ます。これはビーフのシンプルな料理でした。ビールには合いました。
クリックすると拡大

ここから下の料理が前日のモスクワ→スタールイ・オルコスの料理です。これはポークのフライです。これは一番料理らしい料理でした。
クリックすると拡大

こちらがポテトとビーフの組み合わせです。実は「ご飯」か「ポテト」のどちらかを選ぶのです。
クリックすると拡大

つまみとして頼んだタンとサラミとミートです。つまみに関しては、これ以外に沢山頼んでたっぷりとビールとワインとウイスキーと会話を楽しみました。


列車のルート検索をしてみると行きと帰りでは別のルートが出てきました。これ以外にも2種類の鉄道ルートが出てきたため、少なくとも4ルートがあることがわかりました。それぞれ縮小しているので画面をクリックすると見やすいと思います。
クリックすると拡大クリックすると拡大
nice!(214)  コメント(40)  トラックバック(7) 

nice! 214

コメント 40

カレーパンマン

キレイなおねーさんですね!
(ってそこにしか目が行ってない)
by カレーパンマン (2011-05-10 08:36) 

馬爺

割とおしゃれな室内ですね、列車の椅子としては少し高めの椅子ですが
流石は共産圏赤が主体ですね。
料理も日本で頼むおつまみに似ていますよ。
米も食べるんですね主食なのかな?
by 馬爺 (2011-05-10 09:57) 

Live

列車の中でも豪華な食事ですね。機内食と比べて味は如何でしょうか?
ロシアだと会話はロシア語なのでしょうか?それとも英語?
by Live (2011-05-10 12:13) 

SORI

カレーパンマンさん こんばんは
おかげさまで楽しく飲むことが出来ました。向こうも楽しそうだったです。
by SORI (2011-05-10 19:03) 

SORI

馬爺さん こんばんは
お米は意外でした。主食としてポテトかお米が選択出来ました。広い国土なので地域によってお米の地域もあるのだと思いました。
by SORI (2011-05-10 19:06) 

neopon

パンに塩とレッドペッパーは結構いけそうですね。今度やってみようかしらん。
ロシア美女と一緒にお食事とはうらやましい。
by neopon (2011-05-10 21:38) 

茶の間おじさん

若くて綺麗な女性も、いずれ太っちょになるんでしょうか?

料理も美味しそう。
by 茶の間おじさん (2011-05-10 21:38) 

nmzk

会話を楽しめるのが羨ましいです(^O^)/
by nmzk (2011-05-10 22:10) 

SORI

Liveさん こんばんは
ゆったりと食べれるし見かけによらず味は美味しかったです。飛行機の機内食の味と比べにくいけれどもビジネスクラスというところだと思います。
女性の人たちは少し英語が出来ましたが基本はロシア語ですね。通訳できる人がいたのでよかったです。
by SORI (2011-05-10 22:35) 

SORI

neoponさん こんばんは
是非とも試してみてください。意外にお酒のあてになるのに驚きました。
by SORI (2011-05-10 22:36) 

SORI

茶の間おじさんさん こんばんは
さあどうでしょう。食堂車を堪能いたしました。
by SORI (2011-05-10 22:38) 

SORI

nmzkさん こんばんは
見知らぬ異国で知らない人と一緒に飲むのは楽しいですね。
by SORI (2011-05-10 22:41) 

ふうた〜ん

列車内 ステキですね。
ごはんもおいしそう~
窓はきれいでしたか?
ヨーロッパに行ったときあまりにもガラスが汚くて外が見えなかった。
by ふうた〜ん (2011-05-11 10:29) 

SORI

ふうた〜んさん こんにちは
初めての経験はいいですね。食べ物もおいしかったです。
確かに窓ガラスはきれいではなかったけれど夜行列車なのでさほど気になりませんでした。
by SORI (2011-05-11 12:28) 

hirosan

ビールは日本のとかわりませんか・・・日本でも食べられそうなものが 有りますね。お米もありで・・・それにしても皆さんお酒が強い方ばかりで寝る暇ナカッタデスね・・・・よろしい雰囲気でしたね(^0^)
by hirosan (2011-05-11 13:28) 

SORI

hirosanさん こんばんは
日本のビールとドイツのビールは世界で最高だと思います。ロシアのビールも他りヨーロッパのビールと同じなかなか良かったです。味の種類は日本のビールに似ています。
お米には驚きました。
by SORI (2011-05-11 19:19) 

みんこ

食堂車のデザインがいかにも東っぽいですねぇー。
北欧や中欧とは違う感じがします。
by みんこ (2011-05-14 01:59) 

SORI

みんこさん おはようございます。
行きの飛行機の中でツーリストという映画を見た後なのでレストラン風の食堂車と思っていましたが、違った雰囲気でした。でもきれいでよかったです。
http://movie.goo.ne.jp/contents/movies/MOVCSTD17199/gallery/p003.html
by SORI (2011-05-14 08:53) 

youzi

寝台車の車内、きれいですね。
パリからイタリアに移動した時に乗った寝台車にも
食堂車があったのではと思いますが、
無料だった、コーヒーと食べ物をもらって食べた記憶しかありません。

by youzi (2011-05-26 22:36) 

SORI

youziさん こんばんは
食堂車に入ったのは大正解でした。ロシアの女性と一緒にお酒が飲めるとは思ってもいませんでした。
by SORI (2011-05-27 23:22) 

サットン

珍しいロシアの寝台車レポート、興味深く拝見しました。日本とはずいぶん様子が違いますね。ま、日本では寝台車は絶滅寸前ですが…。
次はシベリア鉄道レポート楽しみにしてます♪
by サットン (2011-06-06 10:13) 

SORI

サットンさん こんばんは
ロシアで寝台特急に乗る機会が出来ると思ってもいませんでした。楽しいひと時で一生の思い出になりました。
by SORI (2011-06-06 22:09) 

Ginger

食堂車楽しそう~♪テツごころそそられます。「世界の車窓から」のテーマ曲が流れてきそうです。
by Ginger (2013-07-09 17:18) 

yoko-minato

寝台列車は高級感がありますね。
ロシア・・・遠い国というイメージです。


by yoko-minato (2013-07-09 17:40) 

SORI

Gingerさん こんにちは
食堂車はいいものですね。ビールもワインも沢山飲んで、日本の居酒屋状態になりました。もしかして食堂車の人に、あきれられたかもしれません。
by SORI (2013-07-09 17:42) 

SORI

yoko-minatoさん こんにちは
確かに遠いところでした。それだけに寝台列車に乗れたのはいい思い出となりました。
by SORI (2013-07-09 17:44) 

OMOOMO

SORIさんはどういうお仕事をされていらっしゃるのですか世界をまたにかけてらっしゃいますね。
by OMOOMO (2013-07-09 19:52) 

木洩れ陽

SORIさんったら若い女性にお誘いをかけるなんて・・(*^_^*)
と、そこに気がいってしまいました(笑)
でも実にステキな寝台車の旅ですね。
久々に私も寝台車に乗ってみたくなりました(*^_^*)
by 木洩れ陽 (2013-07-09 20:00) 

SORI

OMOOMOさん こんばんは
プラント関係のエンジニアです。どうしても海外の仕事が多くなる世界ののです。そのためか国内よりも海外の方が多かったです。
by SORI (2013-07-09 20:15) 

SORI

木洩れ陽さん こんばんは
直接に誘ったのは、一緒に行ったロシアの人なのです。
ロシアでの寝台特急での旅は、いい経験になりました。
by SORI (2013-07-09 20:21) 

なんだかなぁ〜。横 濱男です。

機関車がデカイですね。
ロシアの女性との飲み会みたいになっていますね。(^0^)
やはり、女性の方は、お酒は強いんでしょうか。
by なんだかなぁ〜。横 濱男です。 (2013-07-09 22:29) 

昆野誠吾

ロシアの鉄道って迫力があり頼もしい感じがします。
やはり広大な国土の移動は通常なら鉄道ですね。

by 昆野誠吾 (2013-07-09 22:32) 

mk_papanero

500m!さすが大陸ですね。
日本だと旅客用は最長300mですもんね。貨物だと2kmとかも
(アメリカでしたっけ)ありますけれどね。
by mk_papanero (2013-07-10 02:41) 

SORI

なんだかなぁ〜。横 濱男です。さん おはようございます。
ロシアの男性も女性も我々より、お酒が強いようなので、我々から見ると両方ともシラフのようなものなので比べることが出来ませんでした。(苦笑)
by SORI (2013-07-10 03:23) 

SORI

昆野誠吾さん おはようございます。
行きと帰りで電気機関車とディーゼル機関車の両方に乗ることが出来ました。その写真を撮ることが出来で大満足でした。
by SORI (2013-07-10 03:26) 

SORI

mk_papaneroさん おはようございます。
初めてモスクワで寝台特急に乗るときに0号車が真中だとは気が付かずに端から端まで歩きました。ほんとうに長かったです。
アメリカの最長貨物列車は全長5505m 総重量15498トン だそうです。今回の10倍には驚きました。
暴走列車の映画「アンストッパブル」は39両編成の全長800mで総重量3000トンでした。映画のベースになった実際のCSX8888号暴走事故でも48両編成で総重量は3000トンでした。
by SORI (2013-07-10 03:53) 

moto_mach

レッドペッパー・パンは試して見たいものです
by moto_mach (2013-07-10 05:47) 

SORI

moto_machさん おはようございます。
ワインやビールに合います。ぜひとも試してみてください。
by SORI (2013-07-10 06:30) 

あーちゃ

素晴らしいですねー
ロシアに行く機会があったら乗ってみたいなあ
by あーちゃ (2014-08-06 20:45) 

SORI

あーちゃさん おはようございます。
迫力の機関車に驚きました。楽しい出会いもありました。
by SORI (2014-08-07 03:15) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 7