So-net無料ブログ作成

廃線となった旧・福知山線を歩きました。 [武田尾]

写真の上のカーソルがの場合はクリックすると拡大します。

2020年1月14日追記
タイトル:武田尾温泉周辺にも旧・福知山線のトンネルが残っていました。
クリックすると拡大
旧福祉山線を走る蒸気機関車の写真をネットで探していたことで武田尾温泉の奥にあった上の写真のトンネルが旧・福知山線のトンネルであることが分かりました。本写真は2014年10月17日に廃線跡を歩く前に武田尾温泉周辺を散策した時に撮った写真ですが、謎のトンネルだったのです。

トンネルの謎が解けるきっかけになった旧・福知山線を走る蒸気機関車の写真です。横の武庫川は手前から奥の方に流れており、川は深い山の間を大きくS字型に流れています。さらに橋が2ヶ所あることが分かります。川の上流から見て左岸に線路があり川が大きくS字型に曲がっている上に橋が2ヶ所も見ることができるところは武田尾温泉周辺が最有力になりまました。列車の進行方向少し前にトンネルの入口があるようでした。
クリックすると拡大

さらに列車の前に瓦葺の旅館のような立派な建物があることから武田尾温泉の可能性が高いと感じました。立派な建物が1893年創業の紅葉館であれば確定しますが、残念ながら昔の紅葉館の写真は見つかっていません。
クリックすると拡大

紅葉館の昔の写真は見つかっていませんが、もう一つ武田尾温泉で有名な物があります。それが、この写真の大岩です。この岩は大きいために橋が流されたり家に被害が出るような洪水があっても微動だに動くことなく数十年はここにあると聞きました。この写真は廃線跡(廃線敷)を歩いた2014年10月17日に撮りました。
クリックすると拡大

左が昔の武田尾温泉の写真です。右が蒸気機関車の写真の一部を切り取ったものです。それぞれの上段の写真の右下に大岩が写っていることが分かっていただけると思います。下段の写真は上段の写真を切り取ったオリジナルの写真です。写真を撮影した位置は違いますが下段の写真の全体の構図も似ている上に課題だった旅館と思われる建物も同じであることから蒸気機関車の写真も武田尾温泉の横を走っている時に撮られたものと確定いたしました。左側の昔の武田尾温泉の写真は廃線となる3年前の1983年に撮られました。1983年の時点では新線は開業していませんでしたが、左の1983年の写真には新武田尾駅の辺りに新線の橋脚らしきものが写っています。右の写真には全く写っていないことから右の写真は1983年より前に撮られたものと思われます。旅館の建物周囲の木の茂り方からも数年以上の差を感じます。
 昔の武田尾温泉の写真(1983年)      蒸気機関車が写った写真
クリックすると拡大クリックすると拡大
クリックすると拡大クリックすると拡大

武田尾温泉に沢山の旅館が建っていた昔にも上で紹介の大岩がありました。この時代には大岩の横にも旅館か建っていました。クリックすると最近まであったマルキ旅館の昔の写真を表示します。マルキ旅館は2015年10月2日に我々が泊まった旅館です。
クリックするとマルキ旅館を表示します。

こちらがGoogleのストリートビューで表示させた同じ構図の現在の姿です。護岸工事が完了後に旅館が再建されるそうです。例の大岩も健在です。大規模な護岸工事が行われていることから過去に何度も洪水の被害を受けたのだと思います。2020年1月に表示されているのは2018年11月に撮影されたストリートビューです。


蒸気機関車の写真に写っている旅館のような建物の場所は、下の写真で足湯と書かれた場所近辺ではないかと思われます。写真に写っている赤色の橋は武田尾橋ですが、竣工は2006年7月であることから上の写真に写っている橋とは違うようです。上の写真の写真の橋は川の中に橋脚が建てられていますが、武田尾橋には橋の中には橋脚は建てられていません。ただし位置的には武田尾橋の場所と思われます。下の写真は2015年10月2日に泊まった旅館から撮りました。
クリックすると拡大

武田尾橋の少し上流に橋脚が1本残されていました。橋のタイプは蒸気機関車の写真に写っている橋のようです。武田尾温泉には同じタイプの橋が少なくとも2つは架けられていたようです。
クリックすると拡大

相当に昔には用途は判りませんが写真のような細い木でできた橋のような構造物も武田尾温泉の前を流れる武庫川にはありました。左端の大きな建物はマルキ旅館で、この写真はマルキ旅館の中に飾られていた写真から一部を切り取りました。クリックすると飾られていた写真を表示します。
クリックすると拡大

クリックすると拡大蒸気機関車が写った写真で奥の方に見えている橋(右の写真)は、温泉橋(1934年築)か下の写真の神戸水道第三水道橋(1917年築)だと思われます。遠くに見えているのが温泉橋ですが、この神戸水道第三水道橋の可能性の方が高いと思われます。
クリックすると拡大

蒸気機関車の写真で遠くに写っていた橋が温泉橋である可能性は低いけれども、温泉橋の写真も掲載しておきます。
クリックすると拡大

こちらがWikipediaに掲載されていた旧・武田尾駅の駅舎の写真です。右はホームの写真です。旧・武田尾駅は温泉橋の近くにありました。
1899年1月25日に阪鶴鉄道として開業し1907年8月1日の国有化に伴い国鉄の駅となり1986年の新線に切り替わるまで使われました。国鉄の民営化は1987年なのでJRの駅として運営されたことはないことになります。
クリックすると拡大

武田尾駅から武田尾温泉に行くと道路の途中にトンネルがありました。赤色の橋は武田尾橋です。
クリックすると拡大

こちらが、トンネル入口です。すでに下で記事に書いている廃線跡にあったトンネルと同じ形式であることから旧・福知山線の廃止されたトンネルを道路のトンネルとして利用していることはすぐに分かりました。
クリックすると拡大

文字は読めませんが銘板の形式も同じでした。調べた結果トンネルの名前は草山トンネルでした。
クリックすると拡大

トンネル内部です。廃線跡のトンネルでよく見られた天井は煉瓦で壁は石造りの形式でした。トンネルの途中が照明とは別の光で明るくなっています。
クリックすると拡大

明るくなっている部分を拡大いたしました。実はトンネルの途中から左方向に新しいトンネルを掘り武田尾橋の前に出るように改造をしたのでした。Googleのストリートビューで確認することができます。→ポチッ
クリックすると拡大

草山トンネル内の分かれ道の部分をGoogleのストリートビューでも確認出来ました。右にまっすぐに進む方向が昔の福知山線です。左に曲がる方向が廃線後に新しく作られたトンネルで、そちらに進むと武田尾橋があります。写真をクリックするとストリートビューのオリジナルを表示します。
クリックすると拡大

こちらが草山トンネルのと途中から武田尾橋の方に出てくるトンネルの出口です。こちらの写真は周辺散策の途中に撮りました。
クリックすると拡大

そのトンネルを出ると目の前に武田尾橋がありました。
クリックすると拡大

武庫川沿いを上流方向に進みました。途中にすでに紹介の足湯がありました。
クリックすると拡大

進んでいくとトンネルがありました。
クリックすると拡大

これが正面から見たトンネルの入口です。
クリックすると拡大

観光バス専用道路として使われていました。
クリックすると拡大

トンネルの銘板も今までのもの同じ形式でした。
クリックすると拡大

中に入ることは出来ませんが入口から内部の写真を撮りました。今まではさらに上流側に向かうトンネルだと思っていましたが、地図にプロットして見て草山トンネルの出口であることが、今回判りました。
クリックすると拡大

こちらがGoogle地図にトンネルをプロットした航空写真です。廃線となった武田尾駅~道場駅(1899年1月25日開業 1986年廃止)にあったトンネルは下記の4つです。航空写真内の大茂山トンネルの野田尾トンネルの位置やルートはネット内の記載内容から想像して書き込んだものです。草山トンネルを出たところに鉄橋があり鉄橋を渡ったすぐのところに大茂山トンネルの入口がありました。草山トンネルの長さはGoogle地図から計測したもので、カッコ内はネット内で記載されていた長さです。 
  草山トンネル  302m(241.7m 305m)
  大茂山トンネル 250.5m
  野田尾トンネル 305.6m
  植山トンネル  117.1m



クリックすると拡大Google地図に登録されていた草山トンネルの出口の対岸正面の写真です。対岸のコンクリート構造物は鉄橋の橋脚で、その先の茂みの中に大茂山トンネルの入口があると思われます。ここに架かっていた鉄橋の名前は第三武庫川橋梁です。右はネットに掲載されていた大茂山トンネルの中から草山トンネルを撮った写真です。


第三武庫川橋梁の上を列車が走っている写真を転用させていただきました。見えているトンネルが大茂山トンネルで、鉄橋を渡って草山トンネルに入る貴重な写真です。鉄道ファンの方が撮られたのだと思います。


クリックすると拡大生瀬駅から道場駅までの旧・福知山線のルートを表示します。草山トンネル出口から道場駅までは右の図を参考に入力いたしました。クリックすると拡大旧福知山線の生瀬駅から道場駅の間のトンネル名を順番に記載いたします。鉄橋に関しては武庫川を渡る鉄橋のみ記載し、支流を渡る鉄橋は省略しています。城山トンネルと当田トンネルの位置に関しては右の地図を参考にしています。
生瀬駅→城山トンネル→当田トンネル→北山第1トンネル→北山第2トンネル→(名前不明のトンネル)→溝滝尾トンネル→第2武庫川橋梁→長尾山第1トンネル→長尾山第2トンネル→長尾山第3トンネル→武田尾駅→草山トンネル→第3武庫川橋梁→大茂山トンネル→野田尾トンネル→第4武庫川橋梁橋第5武庫川橋梁→植山トンネル→第6武庫川橋梁道場駅


武田尾駅から道場駅までの旧福知山線が入った昔の5万分の1の地形図を見つけたので、掲載します。赤く着色したラインは学生時代に自転車で通った道ですが、今の武庫川沿いの道は木が生い茂っていて通ることは難しいと思います。黄色のマークを付けたところが武田尾駅と道場駅です。Googleに書き込んだ線路のラインとほぼ一致するのでGoogle地図の修正はしませんでした。
クリックすると拡大


2020年1月9日再掲載 タイトル:再掲載いたしました。
前記事で紹介した新入社員時代の懐かしい神戸の人達の間で行われているハイキングの会で、第80回ハイク(2020年2月15日土曜日)で丹波篠山周辺のハイキングの案内が2020年1月8日に届きました。幸いにもこの時に関西に行く機会があることからハイキングに参加することにいたしました。
クリックすると拡大散策場所は篠山城址(右の写真)、篠山城大書院、各種歴史館、武家屋敷などですが、実家のある宝塚から福知山線で篠山口まで行くことから福知山線の廃線を歩いたことを思い出したので、本記事を再掲載いたしまた。右の篠山城址の写真はWikipediaから転用させていただきました。
記事初掲載 2014/10/20 閲覧   0 /nice  0 /コメント  0
新日付掲載 2020/01/09 閲覧 3,823 /nice  95 /コメント 32
2020/01/11 閲覧 4,197 /nice 146 /コメント 46
追記掲載 2020/01/14 閲覧 4,532 /nice 158 /コメント 48
2020/01/15 閲覧 4,723 /nice 163 /コメント 48
2020/01/20 閲覧 5,193 /nice 179 /コメント 52
  第72回ハイク神戸    第76回ハイク洛西    第77回ハイク万博
クリックすると拡大クリックすると拡大クリックすると拡大


2014年10月20日掲載 タイトル:廃線となった旧・福知山線を歩きました。
クリックすると拡大
実家のある宝塚の北に武田尾温泉があります。昔ながらの都会から離れた静かな場所で、学生時代に何度か自転車で行ったことがあります。2014年10月17日に電車で行ってみることにいたしました。JR宝塚塚駅を9時57分に乗ると10時5分に上の写真の武田尾駅に着きました。

駅に着いた時は廃線跡のことは知りませんでした。武田尾温泉を散策するのが目的だったので、武田尾駅( )から緑のライン(━━)を歩きました。

より大きな地図で 武田尾温泉散策 を表示
散策が終わったら電車に乗って帰るつもりでした。
1時間程度歩いて温泉橋の辺りで、この案内を見つけました。この中のJR廃線敷に興味を感じたので行ってみることにいたしました。
クリックすると拡大

ここが入口です。本来の入口は工事中のため仮設のルートからJR廃線敷きに入りました。ハイキングコースになっていたのです。


廃線敷は枕木の残った小道でした。おそらく数百m歩いて戻ってくるものだと思い歩き始めましたが、いくら歩いても行き止まりにならなかったのです。この路線は武庫川沿いに走ったいた単線の福知山線でしたが、スピートアップと複線化のために長いトンネルで直線的な新線が出来たために1986年に廃線になったものでした。線路からの景色がすばらしかったことから廃線敷とし整備保存されたようでした。
クリックすると拡大

下記の航空写真の赤いライン(━━)が廃線敷です。数百mで行き止まりになるどころか4.8km(Google地図での計測では4.73km)もあり、次の駅近くまで歩けるハイキングコースでした。コースには7つのトンネルがあり一番長いトンネルは414mもありました。途中には武庫川(渓谷)を渡る鉄橋もある変化豊かなすばらしいハイキングコース(ウォーキングコース)だったので全コースを紹介することにいたします。紫色のライン(━━)が現在の福知山線です。
トンネルの長さはGoogle地図で読み取った長さなので公式の数値とは若干違うかもしれません。トンネルは7つすべて紹介します。廃線跡の長さはGoogle地図で4.73kmですが、武田尾駅から廃線跡を歩いて西宮名塩駅までの総距離は6.72km(=0.67km+4.73km+1.32km)になります。
 0.67km 武田尾駅→廃線始点
 4.73km 廃線跡(━━) → Googleルート図
 1.32km 廃線終点→西宮名塩駅
クリックするとGoogle地図を表示

旧・福知山線は片側が川で反対側が急な崖となったところを走っていました。ここは川幅が広いけれども途中では渓谷のような景観となります。
クリックすると拡大

崖には鉄製の梯子が取り付けられていました。福知山線として使われていたころの名残の遺物です。
クリックすると拡大

上の写真の猿梯子は、この写真の左端に写っています。
クリックすると拡大

全行程の4.8㎞の間は人家は無く道路もない自然豊かな場所でした。
 1899年1月25日 本線部分が出来て武田尾駅・道場駅・三田駅が開業
 1986年8月01日 宝塚駅~三田駅間が新線になり旧・福知山線は廃線
クリックすると拡大

上の写真を撮った場所は橋の上で、その橋の下には地元で滝ヶ平井川と呼ばれている新田川が流れていました。この川の上流に立合新田と呼ばれている小さな集落があり、そこの住所は宝塚市切畑滝ケ平井なのです。
クリックすると拡大

この場所は長尾淵と名付けられていました。


廃線(1986年8月1日)になる前の写真をネットから転用させていただきました。今から35年前の1985年8月(廃線1年前)に撮られた貴重な写真です。この場所を歩いたのです。
特急まつかぜ(キハ181系)と急行丹波(キハ55系)を交互に表示しています。2枚の写真は上流側と下流側から撮られた写真ですが、川の護岸の石垣に生えている草の形から同じ場所を撮った写真と思われます。2枚の写真の内1枚(急行丹波)は、コンクリートの壁の感じからトンネル①(長尾山第3トンネル)の上から撮られた可能性があるように感じます。L形鋼(アングル)で作られた手摺もそのあたりは多かったです。機会があれば確認してみたいと思います。

撮影:泉谷 純
昔のままのL形鋼で出来た手すりが印象的でした。この辺りが列車が通っている上の写真の可能性があると感じた場所です。
クリックすると拡大

しばらく歩くとトンネル①(87m)が見えてきました。石とレンガで出来たトンネルです。トンネルの名前をネットで調べると長尾山第3トンネルでした。
クリックすると拡大

トンネルのすぐ横辺りは川の流れが急になっていました。崖が川に迫っているために水路が狭くなっているのだと思われました。
クリックすると拡大

煉瓦の並びが美しいのでトンネルの入口の部分を拡大しました。
クリックすると拡大

トンネルの内部です。壁は石垣で出来ており天井は煉瓦(レンガ)でした。枕木が鉄道のトンネルであることを感じさせてくれました。
クリックすると拡大

入口方向(武田尾方向)を振り返った景色です。
クリックすると拡大

出口方向(生瀬・宝塚方向)です。レンガの天井が見事です。ただし出口近くの天井はコンクリートになっていました。
クリックすると拡大

出口近くにはトンネルを横断する形で水路がありました。
クリックすると拡大

こちらが外から見た出口です。
結構、整備されていることが判ってもらえると思います。土砂崩れ防止のためにコンクリートのトンネルが追加された形でした。
クリックすると拡大

ここまで武田尾駅から1000mの距離です。案内板も整備されていました。桜ふれあい広場の表示もありました。


こちらが桜ふれあい広場です。桜の咲く季節が想像されます。
クリックすると拡大

廃線敷沿いには桜の並木が続いていました。次のトンネルが見えてきました。
クリックすると拡大

トンネル②(143m)は直線のトンネルでした。トンネルの名前は長尾山第2トンネルです。
クリックすると拡大

トンネル内部を低いアングルで撮ってみました。
クリックすると拡大

入口の方を振り返った景色です。すれ違った人が私が入ってきた入口の方に向かっています。


トンネルの出口です。両サイドの石垣が印象的でした。
クリックすると拡大

両サイドの石垣は長く続きました。ここは低かったのでトンネルにしなくても列車が通るところだけを削り取るだけで線路を敷くことができたのだと思います。
クリックすると拡大

上の写真の石垣にはびっしりとマメヅタが付いていました。
クリックすると拡大

対岸には小さな橋がありました。この橋を見てもらったら判るように橋は道路より高くなっており階段を登って渡る形式であることから徒歩専用の道であることが推察できました。
クリックすると拡大

ここは桜の名所でもありました。この辺りは親水広場と呼ばれています。写真に写っている階段を上ると桜の園(亦楽山荘)に行けるようです。ここからさらに廃線敷を350m進むと展望広場があると書かれています。


親水広場の前は川辺りまで下りることができました。これから進んでいく下流方向を撮りました。
クリックすると拡大

おそらく桜の木だと思います。
クリックすると拡大

枕木がはっきりと表れていると、ここが廃線跡だったことがより強く実感されます。
クリックすると拡大

山からの土砂くずれで道が途切れています。
クリックすると拡大

気にせずに土砂崩れの上を歩いて前に進みます。
クリックすると拡大

案内板をみると、トンネル③までには沢山の広場が作られていました。上の土砂崩れを越えると展望広場でした。この案内板は武田尾駅にあったものです。
 エントランス広場 → 休憩広場 → 桜ふれあい広場 → 親水広場 → 展望広場
クリックすると拡大

静かな雰囲気になってきました。大きな石がベンチ代わりに置かれています。展望広場と名前が付けられている場所です。こんなところでお弁当を食べるのもいいですね。この配線跡を蒸気機関車が通っていたころ(無煙化以前)の写真をネットから右下に転用させていただきました。この蒸気機関車はC11で1946年に作られて写真が撮られた1968年まで走っていたそうです。福知山線で最後に蒸気機関車が走ったのは1969年9月だそうです。周囲の雰囲気から蒸気機関車が撮られたのは下の大きな写真に近い場所の可能性があります。川沿いの崖の両側から煙が出ているトンネルは長尾山第1トンネルまたは長尾山第2トンネルかもしれません。下の写真の中に写っている水色の橋は神戸市水道局の水道橋です。右下のC11形蒸気機関車の写真にも似た橋が写っているけれども小さいので同じ橋かどうかは確定できません。
 福知山線で使われていた蒸気機関車
  8800形蒸気機関車
  C50形蒸気機関車
  C54形蒸気機関車
  C55形蒸気機関車
  C57形蒸気機関車
  D51形蒸気機関車
  C11形蒸気機関車
クリックすると拡大

Google地図に登録されていた水道橋を上から撮った写真を紹介します。


上流(武田尾)側の景色です。こちらの方向から歩いてきました。
クリックすると拡大

下流(宝塚)側の景色です、
クリックすると拡大

三つ目のトンネルが見えてきました。川を渡っている橋は水道橋です。この辺りまでの廃線敷は土砂崩れのところ以外は整備されていました。大きな案内板がトンネルの手前に建てられていました。水道橋も大きく見えてきました。水道橋の正式名は神戸水道第二水道橋で住所は宝塚市切畑長尾山です。1921年にこのライン(千苅貯水池~神戸市街地)の水道が完成したので水道橋はそれ以前に完成したことになり、上で紹介の1968年の蒸気機関車の写真に水道橋が写っていても不思議ではありません。
クリックすると拡大

此の先は自己責任で歩いてくれとの説明でした。1986年8月に廃線となったことも書かれていました。


これがトンネル③(310m)です。このトンネルに入って、すぐに「告」の案内板の意味が解りました。トンネルの名前は長尾山第1トンネルです。
クリックすると拡大

トンネルは曲がっており310mの長さのために真っ暗闇になるのです。ここに来る人は懐中電灯を持ってくることが常識だったのです。光が無いと一歩も歩けなくなります。さらにここは足場も悪いのです。私は廃線敷があることを知らなかったので、当然ですが懐中電灯は持っていませんでした。携帯電話の照明機能でなんとか歩くことが出来ました。
クリックすると拡大昔に中国の黄山で日の出を見るために御来光スポット(清凉台)に朝早く行く時にガイドの方が携帯電話の液晶画面を懐中電灯代り使っていたので、すぐに携帯電話を使うことを思いついたのでした。雲が多くて御来光は見ることは出来ませんでしたが右の写真の幻想的な景色に出会えることができました。
クリックすると拡大

こちらがトンネルの出口です。
クリックすると拡大

トンネルの出口の正面に鉄橋がありました。ここで行き止まりかと思いました。鉄橋の名前は武庫川第2橋梁だそうです。
クリックすると拡大

クリックすると拡大私が撮った下の大きな写真のように鉄橋の右側に人間が歩ける通路があったことから前に進めました。
現在は右の写真のように鉄橋の中央に歩道が作られています。右の写真はネットから転用させていただきました。上り側から撮った写真と下り側から撮った写真を5秒間隔で表示します。
クリックすると拡大

手をいっぱいに伸ばして進行方向を撮りました。進行方向に4つ目のトンネルが見えます。すばらしい景色に出会いました。枕木の上に線路のように山形鋼(アングル)が取り付けられています。もしかしたらこの時から歩道を取りつける計画が進められていたのかもしれません。
クリックすると拡大

私が歩いてきた方向です。つまり写っている人と橋の上ですれ違ったわけです。
クリックすると拡大

鉄橋を渡り切って鉄橋を正面から撮りました。
クリックすると拡大

川幅も狭くなり、川の景色も渓谷のようになってきました。
クリックすると拡大

トンネル④(145m)の入口です。こちらのトンネルの名前は溝滝尾トンネルです。溝尾滝トンネルと記載しているサイトもありますが、数は0.7%(9÷1350)なので溝滝尾トンネルが正解と思われます。
クリックすると拡大

ここのトンネルも壁は石で天井はレンガでした。
クリックすると拡大

トンネルから振り返ると、先ほどの鉄橋を見ました。
クリックすると拡大

トンネルの出口でハイキングの人が休まれていました。
クリックすると拡大

川の景色も、さらに岩肌が美しい渓谷となってきました。
クリックすると拡大

その渓谷の脇を列車が走っていたのです。
クリックすると拡大

水が多い時は岩肌の上面まで水位が上がるのだと思います。
クリックすると拡大

さらに進みます。
クリックすると拡大

さらに急流になってきました。
クリックすると拡大

滝のような落差で水が流れていました。
クリックすると拡大

かなりの川幅で勢いよく水が落ちるように流れていました。
クリックすると拡大

拡大いたしました。この急流の部分は溝滝と呼ばれているそうです。他に雄滝と雌滝があるそうですが、普段は滝と分からない程度の勢いだそうです。
クリックすると拡大

動画で見てもらうと迫力が判ってもらえると思います。


木が生い茂亭るところもありました。
クリックすると拡大

これがトンネル⑤(8m)です。自然のトンネルではなく落石防止のために人工的に作られたようなトンネルでした。ネットで調べた範囲では名前は見つかりませんでした。
クリックすると拡大

6つ目のトンネルです。今回の中で最も長いトンネルでした。
クリックすると拡大

これが最も長いトンネル⑥(414m)です。このトンネルも懐中電灯が無いと通り抜けることが出来ません。こちらのトンネルの名前は北山第2トンネルです。
クリックすると拡大

トンネルの入口に北山第二の文字が読み取れる鉄製の銘板が取り付けられていました。錆びていて読み取りにくいけれどもクリックして拡大すると判りやすいと思います。
クリックすると拡大

携帯電話の照明機能でゆっくりと進みました。この中を昔は列車が走っていたのです。
クリックすると拡大

枕木が壁に立掛けられていました。
クリックすると拡大

トンネル⑥の出口です。皆さんお弁当タイムでした。
クリックすると拡大

私はそのまま進みました。
クリックすると拡大

川幅が広くなり、川の景観も変わってきました。
クリックすると拡大

川の景色をもう一枚紹介します。
クリックすると拡大

右側の石垣が印象的でした。ここに線路を作るのは大変な工事だったと思います。
クリックすると拡大

退避場所は川に突き出ていました。保安員の人が列車をやり過ごした場所なのだと思います。
クリックすると拡大

川の水の流れも静かになってきました。
クリックすると拡大

ここでもお弁当タイムでした。
クリックすると拡大

最後のトンネルとなるトンネル⑦(317m)の入口です。この最後のトンネルの名前は北山第1トンネルです。
クリックすると拡大

トンネルの入口にも鉄製の銘板が取り付けられていましたが、錆びていて北山第一の文字は読み取れませんでした。クリックするとトンネル全体を特別に大きく拡大いたします。
クリックすると拡大

ここの内面はコンクリートでした。
クリックすると拡大

出口の景色は開けていました。
クリックすると拡大

クリックすると拡大トンネルの出口です。こちらのトンネルには出口側にも鉄製の銘板が取り付けられていました。木の葉があって分かりにくいと思いますがトンネルの左側です。
クリックすると拡大クリックすると拡大クリックすると拡大他のトンネルにも鉄製銘板があるかどうか気になって撮った写真を確認するとトンネル①②③で銘板を確認いたしました。残念ながらトンネル①②の文字は読み取れませんでしたが、トンネル③の銘板では長尾山の文字と数字が読み取れました。トンネル④⑤は、撮った写真内では確認出来なかったので、次に行く機会があれば探してみたいと思います。この次は100円ショップでLED懐中電灯を買って、今回と反対方向の下流側から歩いてみたいと思います。武田尾に着いたら足湯に浸かってから帰るつもりです。
クリックすると拡大

遠くからトンネルの出口を撮りました。7つのトンネルをリストで紹介します。トンネルの全長はGoogle地図の航空写真で計測した長さで、括弧内(  )はネット内で出てくる長さです。括弧内の最初の数値は西宮観光協会が発行している廃線敷マップに書かれている数値です。-
 トンネル① 長尾山第3トンネル  87m (91m、87m、59.1m)
 トンネル② 長尾山第2トンネル 143m (147m、143m)
 トンネル③ 長尾山第1トンネル 310m (306m、310m、307m)
 トンネル④ 溝滝尾トンネル   145m (149m、138.6m)
 トンネル⑤ 不明          8m (未記入、不明)
 トンネル⑥ 北山第2トンネル  414m (413m、412m、397m)
 トンネル⑦ 北山第1トンネル  317m (319m、318m)
クリックすると拡大

上流から流されてきた石が沢山ありました。大きな石を見ると増水した時の水の勢いが感じられました。
クリックすると拡大

開けてきましたが人家はありません。
クリックすると拡大

私が歩いてきた上流側の写真です。
クリックすると拡大

こんなに大きな石も流れる急流になることもあるのです。この大きな石は高座岩と呼ばれているそうです。
クリックすると拡大

小さな鉄橋の上にぶ厚い鉄板が魅かれて人が歩けるようになっていました。「橋りょう上歩行禁止!」の表示は列車が運行していた時代の表示だと思われます。右側には人が渡れるように作られていましたが今は板がないので渡れません。鉄橋の名前は姥ケ懐川橋梁です。下を流れる川の名前は姥ケ懐川(うばがふところがわ)と推測されますが、確定できていません。上流の名塩北公園内の案内板では「どんじり川」と記載されています。姥ケ懐川橋梁の下を流れる川の名前を「どんじり川」と記載しているサイトもありました。
兵庫県のホームページWikipediaに武庫川の支流として登録されている名前は「どん尻川」でした。中には鉄橋の名前に「どん尻川橋梁」を使っている説明PDFもありました。
クリックすると拡大

鉄板の下には枕木があるので、昔は鉄橋だったことが判ってもらえると思います。
クリックすると拡大

ここの川の景色も紹介します。
クリックすると拡大

面白いものも残されていたので登ってみました。見張り岩と呼ばれているものかもしれません。
クリックすると拡大

最後の鉄橋です。鉄橋の名前は名塩川橋梁です。この鉄橋の上を蒸気機関車やディーゼル機関車などが走っていたのです。鉄橋の下には武庫川に流れ込む名塩川(なじおがわ)が流れています。名塩川は赤坂峠付近を水源として、猪切谷川を支流に持つ6.1kmの長さの川だそうです。
クリックすると拡大

ここにも廃線敷を歩くのは自己責任であることの「告」の表示があり少し進むと廃線敷は終わりました。
クリックすると拡大

愛戦跡(廃線敷)入口から駅までの道が分かりにくいので西宮観光協会が発行している廃線敷マップから切り取った地図を紹介します。
クリックすると拡大

赤色ラインが今回紹介した旧・福知山線のハイキングコース(ウォーキングコース)でした。この後は電車に乗らないで青色ラインを歩いて逆瀬川の実家まで行きました。実家の場所が特定されないように青色ラインは実家の近くで止めています。紫色のラインが現在の福知山線です。 のマークがJR武田尾駅です。 この日は武田尾温泉の散策も含めて15kmほど歩くことになりました。のマークは無料の足湯です。武田尾駅から西宮名塩駅までの歩く距離は6.72kmで、ほぼ平坦なので7km歩ける人ならばチャレンジできると思います。ただし途中で長い鉄橋脇の細い保線橋を渡るので吊橋や高いところが苦手な方は難しいかもしれません。(現在は鉄橋の真中に幅の広い歩道が作られているので問題はありません。)

より大きな地図で 廃線 を表示
追伸
2014年10月20日から蓼科と上高地に2泊3日の旅行に行って来ます。その間は皆さまところへの訪問が出来なくなることお許しください。今回もワンコ(ムサシ)を連れて車で行きます。上高地には連れていけないので蓼科の友達の家で留守番してもらうつもりです。
nice!(187)  コメント(52)  トラックバック(0) 

nice! 187

コメント 52

ゲンママ

SORIさん、おはようございます。
自然豊かな散策路ですね~
15キロ歩かれたんですね~凄い!

蓼科、楽しんで来てくださいね~
ムサシ君も一緒♡
報告を楽しみにしています。
by ゲンママ (2014-10-20 06:04) 

SORI

ゲンママさん おはようございます。
これから出発いたします。
廃線路は趣があってよかったです。
by SORI (2014-10-20 06:15) 

kazu-kun2626

おはようございます
トンネルが印象的ですね
天城トンネルを連想しましたよ
by kazu-kun2626 (2014-10-20 08:02) 

ちゅんちゅんちゅん

おはようございます!
上級者向けのコースですね☆
15キロ・・・自分は自信ないです~^^;
紅葉の盛りでしょうか 楽しんでいらしてください(^^)
by ちゅんちゅんちゅん (2014-10-20 08:06) 

Rinko

風光明媚な所を走っていたんですねー。
きっと春の景色も素敵でしょうね~☆
by Rinko (2014-10-20 09:27) 

koni

トンネルも橋の当時のままで残っていて良いですね。
これからは紅葉も楽しめますね。
by koni (2014-10-20 09:53) 

sig

こんにちは。
すばらしいコースですね。絶景の連続に圧倒されました。これは、鉄ちゃんや廃墟ハンター、トンネルマニアや煉瓦フェチでなくても萌え萌えです。歩いてみたいなあ。ところでこの鉄道は機関車だったのでしょうか。
by sig (2014-10-20 16:19) 

リンさん

スリリングなハイキングコースですね。
トンネル、吊り橋。もうサイコーです。
行ってみたいけど、怖そうですね。
by リンさん (2014-10-20 17:13) 

昆野誠吾

ぞくぞくします廃線になった隧道の雰囲気。
こんなに沢山、ゆっくり巡ってみたいです♪
by 昆野誠吾 (2014-10-20 17:51) 

とりのさとZ

レールが無くて、枕木だけの廃線路、初めて見ました。枕木、庭や菜園で人気なんです。買うと高いです。私、近くだったら盗りに行こうかと・・・、野暮ですね。
by とりのさとZ (2014-10-20 17:52) 

スミッチ

いいですね。鉄橋の横を歩けたり、トンネル歩いたり、
周りの自然もよさそうですね。
by スミッチ (2014-10-20 18:22) 

なんだかなぁ〜!! 横 濱男

廃線跡のコースが素晴らしいですね。
これ、ハマリそうな景色だし、、、。
いいですねぇ~!!。。
チョッピリ秘境っぽいのが・・・こういうの大好きです、、。
by なんだかなぁ〜!! 横 濱男 (2014-10-20 22:11) 

ぽち

廃線跡のハイキングコースですか〜いいですね。 川の見える景色が気持ちよさそうです!
そして、結構ハイキングされてる方、多いいんですね〜

蓼科と上高地、楽しんで来てくださーい!
by ぽち (2014-10-21 10:59) 

SORI

kazu-kun2626さん こんばんは
今は蓼科に来ています。今日は蓼科から日帰りで上高地に行きました。生憎の小雨模様でしたが、紅葉としては最高の時期でした。帰宅したら報告いたします。
by SORI (2014-10-21 17:38) 

サンダーソニア

レンガが好きなブロガーさんに
この記事を教えたもいいでしょうか?
by サンダーソニア (2014-10-21 18:26) 

m^^m

いいですね~(^o^) こういうところを
ゆっくりと散策してみたいですよ(^o^) 
でも15kmはちょっと厳しいかなあ~
せいぜい5kmぐらいがいいですね(^^;) 
次は上高地ですか
今年の5月に行きましたよ
宇奈月温泉のトロッコ電車にも乗りました
今の時期紅葉で最高かも(^o^)
by m^^m (2014-10-21 20:42) 

SORI

ちゅんちゅんちゅんさん おはようございます。
廃線跡だけならば4.8kmなので上り下りがないので意外と歩きやすいかもしれません。
by SORI (2014-10-22 07:15) 

SORI

Rinkoさん おはようございます。
桜の季節も見に行ってみたくなりました。
by SORI (2014-10-22 07:59) 

SORI

koniさん おはようございます。
偶然ですが、今来ている蓼科の友人は、この廃線の近くに住んでいた2度歩いたそうです。紅葉はきれいだったそうです。
by SORI (2014-10-22 08:01) 

SORI

sigさん おはようございます。
C54形蒸気機関車が配置されており1968年3月まで走っていたそうです。走っている姿は絵になったでしょうね。
by SORI (2014-10-22 08:10) 

SORI

リンさんさん おはようございます。
トンネルと鉄橋は素晴らしい景観を見せてくれました。偶然に、このような景色に出会えるとうれしいです。
by SORI (2014-10-22 08:27) 

SORI

昆野誠吾さん おはようございます。
ついつい写真を撮り続けました。ほんとうに、どこもきれいだったです。
by SORI (2014-10-22 08:30) 

SORI

とりのさとZさん おはようございます。
枕木があると魅力的です。車では近づけないまで運びだすのは大変だと思います。
by SORI (2014-10-22 08:36) 

SORI

スミッチさん おはようございます。
景色が素晴らしいところでした。作るのは難工事だったと思います。
by SORI (2014-10-22 08:39) 

SORI

なんだかなぁ〜!! 横 濱男さん おはようございます。
いい場所を見つけました。 じっかのある宝塚から簡単に行けるのがいいですね。 
by SORI (2014-10-22 08:43) 

SORI

ぽちさん おはようございます。
今日帰ります。9時45分に出発する予定です。
by SORI (2014-10-22 08:45) 

SORI

サンダーソニアさん おはようございます。
どうぞ教えてあげてください。見てもらえると、うれしいです。
by SORI (2014-10-22 08:46) 

SORI

m^^mさん おはようございます。
トロッコ列車いいですね。私も乗ってみたくなりました。
昨日は上高地に行ってきました。生憎の小雨でしたが紅葉は最高の状態でした。
by SORI (2014-10-22 08:49) 

ayu15

きっと新線はトンネルだらけで味気ないでしょうねえ。
by ayu15 (2014-10-25 15:43) 

SORI

ayu15さん おはようございます。
トンネルだらけというよりは駅と鉄橋以外はトンネルでした。新線は地下鉄のような感じなのです。鉄橋を渡る一瞬だけ景色が見れます。
by SORI (2014-10-26 04:35) 

youzi_x

枕木が残っているのがいいですね。
とても景色のいい場所を走っていた電車だったのですね。
廃線になったのが、とても惜しいなと思いますね
by youzi_x (2014-10-26 20:37) 

SORI

youzi_xさん こんばんは
こんなにも景観がいいところを走っていたのだとは知りませんでした。廃線になってから知ることになりました。
by SORI (2014-10-26 23:30) 

みぃにゃん

こんにちは。福知山線すごい景色なとkろおですね。結構ハイキングできてる方多いのですね。確かに見どころ満載ですね1
by みぃにゃん (2020-01-09 13:13) 

coco030705

こんにちは。
子供のころ、武田尾の川へ川遊びにいったことがあります。
とてもきれいな川でした。ハイキングもよさそうですね。
by coco030705 (2020-01-09 14:46) 

ちょろっとぶぅ

ここ、ちょろも散歩したいとオネダリしてます。
桜の時期は、いっぱいかなぁ~(^∞^;
by ちょろっとぶぅ (2020-01-09 15:18) 

夏炉冬扇

廃線歩き
これはまた考えてますね。
トンネルは1人じゃ怖いけど
、何人か一緒なら楽しそう゜。
by 夏炉冬扇 (2020-01-09 17:54) 

SORI

みぃにゃんさん こんばんは
現在の福知山線は長いトンネルになってしまいましたが、昔は崖の間を流れる川に沿って作られた単線だったので景色は最高です。鉄橋を渡るのは迫力があります。
by SORI (2020-01-09 18:26) 

SORI

coco030705さん こんばんは
今もれいな川です。この川で子供の頃に遊ばれたのですね。私は六甲山の川でバーベキューをやりました。学生時代は自電車でよく武田尾あたりを走りました。
by SORI (2020-01-09 18:29) 

SORI

ちょろっとぶぅさん こんばんは
桜も紅葉もきれいだと聞いています。タイミングが合えばまた行ってみたいです。この次は100円ショップのLED懐中電灯を持って行きます。
by SORI (2020-01-09 18:31) 

SORI

夏炉冬扇さん こんばんは
ほんと、1人だと少し怖いです。でも離れてはいるけれども前後に歩いている人がいたので安心感がありました。廃線跡は残してほしいです。特に景色がきれいな場所でした。
by SORI (2020-01-09 18:35) 

リス太郎

変換ミスが目立ちますね。その頃は相当にお疲れだったようで。(笑)
by リス太郎 (2020-01-10 00:02) 

SORI

リス太郎さん おはようございます。
ご指摘ありがとうございます。
でも疲れはありえないので、単に本記事に時間がかけられなかっただけのことだと思います。2010年は1ケ月に33記事を掲載していて時間もかけられなくてスピード優先だった上に、本記事の2日前に中国から帰国したばかりだったのです。ミスを見ると横のキー(ひらがな打ち)を打っているのも見受けられます。ちなみにSo-netブログを始めた2013年は1ケ月に66の記事を掲載していました。元々私自身が書いた文章を見直すのが嫌いなのです。(もちろん仕事では1回は見直します。)
現在は記事を掲載した後に写真や文章を何度も追加しているので、その時にミスを見つけらるの可能性が高いのです。現在は、記事の充実に力を入れているので掲載数は1ケ月に1桁になっています。
by SORI (2020-01-10 07:36) 

わたし

行きたいけどちょっと遠いので、気軽にはいかれませんが、いつか歩いてみたい
by わたし (2020-01-10 10:06) 

SORI

わたしさん こんにちは
思い切って武田尾に来てみて良かったです。いい経験をさせていただきました。
by SORI (2020-01-10 17:51) 

サンダーソニア

スマホのライトは便利ですけど
バッテリが心配ですね。
グーグルアシスタントに「ルーモス」と言うとライトがつきます。
少し前に流行ったのでご存じかもしれませんけれど
「ノックス」と言うと消えます。
by サンダーソニア (2020-01-11 01:16) 

SORI

サンダーソニアさん おはようございます。
バッテリーは心配でしたが、なんとか切れずに済みました。切れた時はその場に動かずに立っていて人が通るのを待つしかありませんでした。真っ暗な時に音声でON-OFFが出来るのは便利ですね。
by SORI (2020-01-11 06:34) 

せつこ

おはようございます^^
なんか~~ドキドキするようなハイキングコースですね。
冒険している気持ちです。
by せつこ (2020-01-11 08:56) 

SORI

せつこさん こんにちは
ほんと、魅力的なハイキングコースでした。だからこそ鉄橋の上に歩道をつけるなどの整備を行っているのだと思います。
by SORI (2020-01-11 12:36) 

美美

お写真で拝見していると昔の蒸気機関車、素晴らしい景色を見ながらの列車の旅に思えますがこういうところに線路を引くのは大変だったでしょうね。
しばらくご無沙汰してしまいましたが
今年もよろしくお願いいたします。
by 美美 (2020-01-15 17:18) 

SORI

美美さん こんばんは
こちらこそ宜しくお願いいたします。渓谷の中の路線はつくるのは大変だったと思います。13のトンネルと渓谷(武庫川)の右岸と左岸を渡る鉄橋が4つで構成されているルートでした。
by SORI (2020-01-15 19:15) 

JUNKO

懐かしい光景が沢山残っていますね。こちらも廃線になるところが多いです。
by JUNKO (2020-01-15 20:09) 

SORI

JUNKOさん おはようございます。
廃線になったところを整備して保存しているのはすばらしいと思います。長いトンネルを作る技術が進歩したからこそ福知山線の複線化と電化実現出来て、旧線の中の渓流沿いの風光明媚な4.7kmが廃線敷ハイキングコースとして開放されたと感じました。
by SORI (2020-01-16 05:54) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0