So-net無料ブログ作成

湖南料理で、驚きの炒飯に出会いました。 又一家土菜村  [湖南省]

写真の上のカーソルがの場合はクリックすると拡大します。
クリックすると拡大
2015年4月13日から4月16日まで湖南省の邵陽(邵阳)に滞在していて、2日目の夕食の湖南料理の報告は先日させていただきました。今回は、3日目の湖南料理店「又一家土菜村」の料理を報告いたします。こちらのレストランで、上の写真の驚くべきチャーハン(炒飯)に出会ったのです。辛い湖南料理の最後に締めとして「玉子チャーハン」を頼みました。黄色の、いつもの玉子炒飯が出てくると思っていたら、出てきたのは唐辛子が沢山入った真っ赤な炒飯だったのです。料理も辛かったけれども、追い打ちをかけるような辛い炒飯でした。

辛さを実感してもらうために拡大写真を掲載いたしました。クリックするとさらに拡大いたします。玉子が入っているので確かに玉子炒飯です。
辛いけれども、これが結構おいしくてビールを飲みながら真っ赤な炒飯をいただきました。締めというよりはビールのあての料理となるチャーハンでした。ついビールを追加して話も盛り上がって長い夕食となりました。
クリックすると拡大

炒飯を地憂悶する前に食べた料理も紹介します。最初に出てきた料理です。点心を頼んだので、出てきたときは、その点心と思ってしまいましたが、れっきとした肉料理です。肉の表面にもち米を付けた蒸したようです。
クリックすると拡大

肉とワカメのスープです。
クリックすると拡大

今回の中で価格的にメイン料理となる蛇料理です。形は判らない料理かと、何度も確認して頼みましたが、しっかりと蛇だと判る形で出てきました。でも意外と人気で完食でした。
クリックすると拡大

山芋とキクラゲの辛くない料理です。サクッとした感触が美味しかったです。
クリックすると拡大

これが点心です。揚げられた点心は珍しいです。今回も2日目と同じメンバー4名での食事でした。
クリックすると拡大

野菜料理も頼みました。中華料理は油を使うことが多いのですが、こちらでは煮るものが多かったです。昔は油は貴重で田舎では煮る料理が多かったと、以前に聞いたことを思い出す料理でした。
クリックすると拡大

3日間の食事をしたレストランです。今回紹介の3日目は又一家土菜村というお店で食事をいたしました。いずれも泊まったホテル・阳光大酒店(陽光大酒店)の近くのレストランです。クリックするとGoogle航空写真を表示します。
  2015年4月13日 夕食 甘露源私房菜
  2015年4月14日 夕食 宝庆传说(宝慶伝説)
  2015年4月15日 夕食 又一家土菜村
  他の湖南料理店
クリックすると拡大
nice!(134)  コメント(24)  トラックバック(0) 

nice! 134

コメント 24

ゲンママ

SORIさん、おはようございます。
拡大して見てみました。
唐辛子がいっぱい入っていて、めちゃめちゃ辛そうですね~
蛇料理、私は無理です~(笑)
by ゲンママ (2015-04-30 06:02) 

SORI

ゲンママさん おはようございます。
蛇の肉は、本来鶏肉に近いものですが、骨や皮などが付いたままだったので、まさに蛇料理でした。初めてだった日本人の人に沢山食べてもらえたので、注文した甲斐がありました。
by SORI (2015-04-30 06:22) 

kazu-kun2626

SORIさんおはようございます
激辛チャ-ハンに蛇料理ですか
美味しそうですが僕には厳しいかも(笑)
蛇さんの形見たら卒倒しそうです~
by kazu-kun2626 (2015-04-30 07:27) 

Rinko

これは辛そうです!!真っ赤ですものねー!
蛇のカタチ、、、、しっかり分かりますね^^;
by Rinko (2015-04-30 07:31) 

tarou

赤い物がたくさん見えるチャーハン
辛そうで、私には無理です(>_<)
by tarou (2015-04-30 08:47) 

koni

チャーハン、辛そうですが美味そうですね!
by koni (2015-04-30 09:00) 

nyanta_naynkichi

ご訪問&nice!、ありがとうございます!
by nyanta_naynkichi (2015-04-30 10:27) 

なんだかなぁ〜!! 横 濱男

チャーハン食べてみたいですね。
どれだけ辛いんだろう。。
気になります。
ヘビの形分かりますね。
ヘビの皮は、どんな感触でしょうか?
これも気になります。。
by なんだかなぁ〜!! 横 濱男 (2015-04-30 13:33) 

サンダーソニア

強烈に辛そうなチャーハンですね。
同行された方の中に辛いものがNGの方がいなくて幸いです。
台湾に行ったときに
上司の一人が辛いいものが苦手なので
ほとんど食べられない食事が1回ありました。
そのとき 食べられたのは花巻だけでした^^;
by サンダーソニア (2015-04-30 14:03) 

はらぼー

このチャーハン、一度挑戦してみたいです(^^)
一般的に知られる中華とは、確かにかなり異なるものですね。
中国に、煮物を食べる地域もあるとはびっくりしました。
by はらぼー (2015-04-30 18:52) 

昆野誠吾

おおーこれは強烈なチャーハン!
見た目、激旨そうだし実際そうなんでしょうね。
辛さが伝わってきそうですけど、
仰る通り、辛いけどどんどん進んじゃうって想像つきます^^
本場中国の各所で特徴あるチャーハンの食べ比べでも
してみたいです♪
by 昆野誠吾 (2015-04-30 19:33) 

puripuri

辛いのは好きなので食べてみたい(^-^)
へび料理は(><) それ以外の料理は食べられます。
中国に行った事は無いですが、たま~に横浜中華街で食事をしたり
お店で買物したり楽しんでいます。
by puripuri (2015-04-30 20:17) 

SORI

kazu-kun2626さん おはようございます。
昔に食べた時は鶏肉の青椒肉絲のよう料理で、言われなければ蛇とは判らなかったけれども、今回ははっきりと蛇だと判る料理でした。いい経験となりました。
by SORI (2015-05-01 06:00) 

SORI

Rinkoさん おはようございます。
真っ赤なチャーハンは初めての経験でした。このチャーハン、辛かったけれども美味しかったのにも驚かされました。
by SORI (2015-05-01 06:02) 

SORI

tarouさん おはようございます。
写真では赤いものが見えている程度に写っていますが、実際に見ると、ほんとうに真っ赤に見えました。やっぱの辛さは、赤さに比例することを実感いたしました。
by SORI (2015-05-01 06:07) 

SORI

koniさん おはようございます。
ほんと、癖になる美味しさでした。
by SORI (2015-05-01 06:08) 

SORI

nyanta_naynkichiさん おはようございます。
こちらこそコメントありがとうございます。
真っ赤なチャーハン、雰囲気を味わっていただけたでしょうか。
by SORI (2015-05-01 06:10) 

SORI

なんだかなぁ〜!! 横 濱男さん おはようございます。
蛇の皮は見た目と違い、意外と食べれました。かなり弾力がありゴムのような食感でした。ただし噛み切れないほどではありませんでした。
このチャーハンは美味しかったです。これだけでも十分、ビールが飲める感じでした。
by SORI (2015-05-01 06:13) 

SORI

サンダーソニアさん おはようございます。
初めて台湾に行った時はメンバーの中に辛いものが苦手な方がおられて苦労した経験があります。今回も食べれないほどではないけれでも苦手なかたが1名おられたので、辛くない料理も、いくつか選びました。
by SORI (2015-05-01 06:16) 

SORI

はらぼーさん おはようございます。
このチャーハンは是非とも食べていただきたいです。
農民料理は中国でも汁物が多いです。北京の郊外で汁物料理(煮物料理)をいただいた時に昔は油を使わなかった理由を教えてもらいました。
http://makkurokurosk.blog.so-net.ne.jp/2013-09-24
by SORI (2015-05-01 06:23) 

SORI

昆野誠吾さん おはようございます。
ほんと、地域によって特色のある炒飯があります。この回の真っ赤な炒飯も初めてでした。地元の詩マンの炒飯なのでしようね。美味しかったです。
by SORI (2015-05-01 06:26) 

SORI

puripuriさん おはようございます。
辛いだけでなく味も濃いのでおかずになるくらいでした。辛いだけはないので、この味を出すのは難しそうです。このチャーハン、きっと気に入られると思います。
by SORI (2015-05-01 06:28) 

youzi

チャーハン、北京ではほとんど見なかったような気がします。
蛇がまたお料理の中に入っているのですね。
山芋と木耳のお料理がとても気になりました。
by youzi (2015-05-05 00:54) 

SORI

youziさん おはようございます。
この色の炒飯は初めて見ました。ほんと驚きました。
山芋と木耳の料理は、辛いのが苦手な日本人でも美味しく食べられると思います。サクサクがよかったです。
by SORI (2015-05-05 05:43) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0