So-net無料ブログ作成

モンサンミッシェル2日目の修道院への道 [Mont Saint-Michel]

写真の上のカーソルがの場合はクリックすると拡大します。


今回は対岸のホテルに泊まったことからモンサンミッシャル島内には2度入りました。そして有料区域である修道院内にも2度入りました。そしてモンサンミッシェル島内に合計で9時間46分滞在して、5種類の着色された道を全て歩いてみた結果として、すでに紹介したように連絡道路エリアから修道院に行くためのルートは次の①②③の3種類があることが分かりました。1日目は②のルート(━━)で修道院の入口まで行き、2日目は③のルート(━━)で修道院の入口まで行きました。1日目のルートは先日紹介させていただいたので本記事では③のファニルス城壁の門から修道院入口歩いた順に紹介したいと思います。
  修道院(有料エリア)入口
  修道院(有料エリア)出口
  ラヴァンセ門(前哨門)
  ファニルス城壁の門
 ━━ ①大通り(グランド・リュー / Grande Rue ) 沢山の人が通る参道
 ━━ ②海沿いの外周城壁の上の道  1日目のルート 
 ━━ ③ファニルス城壁の門からの道 2日目のルート
 ━━ 島内散策路
 ━━ 修道院内見学ルート(有料エリア)
滞在時刻 滞在時間
島内 修道院内 島内合計 修道院内 修道院外
1日目 13:50~16:20 14:12~15:25 2時間30分 1時間13分 1時間17分
2日目 09:04~16:20 09:21~10:22 7時間16分 1時間01分 6時間15分
合計 9時間46分 2時間14分 7時間32分

それでは紹介を始めたいと思います。こちらのファニルス城壁の門から入りました。門の奥にある建物はファニルス倉庫と呼ばれています。
クリックすると拡大

ファニルス城壁の門に近づきました。この門はPorte Echaugetteと書かれていました。日本語を検索しても出てこないのでEchaugette門と呼ばせていただきます。門の左側の低い位置に設置された狭間窓(銃眼 / 銃口)が気になります。地面近く設けられていることから地面に置いて使用する大型の銃器のためのものだと思われました。
クリックすると拡大

こちらが狭間窓(銃眼 / 銃口)です。
クリックすると拡大

修道院の方は自然の断崖絶壁がそのままで自然の地形を利用した要塞であったことが覗えました。
クリックすると拡大

門をくぐるとファニルス倉庫が大きく見えてきました。建物の下が通路になっていました。
クリックすると拡大

ファニルス倉庫の手前の右側に洗い場がありました。泥の干潟を歩いた人たちが足を洗っていました。もし干潟を歩く機会があるときはこの場所を覚えておいてください。上の写真で右側を歩いている人たちが足を洗いに向かっている方々です。洗い場がある建物は地図にはGendarmerieと書かれていることからフランス警察の詰め所のようです。


ファニルス倉庫と呼ばれている建物をくぐると坂道が真っすぐに続いてました。正面がイギリスとの100年戦争時代の要塞としての名残でもあるガブリエル塔です。モンサンミッシェルはイギリスに周辺の都市が占拠されたにも関わらず、一度もイギリスに陥落することがなかった難攻不落の要塞としても有名な場所だそうです。
クリックすると拡大

これがガブリエル塔(Tour Gabriel)です。
クリックすると拡大

ガブリエル塔の前から登ってきた坂道を振り返った景観です。
クリックすると拡大

ガブリエル塔の右側にあった小さな門をくぐると道が続いていました。
クリックすると拡大

道は海辺まで続いていました。
クリックすると拡大

よく見るとウェットスーツの人が漁をしているようでした。今は満潮に近い時間帯で海水がありますが、干潮時には干潟になります。そのような場所で奈良が採れるのでしょう。気になりましたが確認の使用がありませんでした。
クリックすると拡大

この時も勢いよく水が満ちてきていました。水の勢いを見てもらいたくて動画を撮りましたので是非ともクリックしてみてください。ウエットスーツの人も写っています。川が左の方向にあるので本来は左から右に静かに水が流れるはずなのですが、川の流れに逆らって右から左に向かって海水が勢いよく流れているのが確認できると思います。


道は行き止まりになっていました。後で知ったのですがこの先に小さな礼拝堂があります。干潮時にのみに行くことが出来るサントベール礼拝堂です。この岩の上に登っても見ることが出来ないようです。
クリックすると拡大

撮った写真の中でサントベール礼拝堂が写った写真を探した結果、クリックすると拡大泊まったホテルの少し西側にある橋からの下の写真に、サントベール礼拝堂の一部が写っていました。一番左端の岩の向こう側にサントベール礼拝堂が写っているのが判ってもらえると思います。夕食時にホテルのレストランから撮った右の写真にはサントベール礼拝堂はほんの僅かしか写っていないので、少しの角度の差で下の写真が撮れたのだと思います。
クリックすると拡大

行き止まりの場所から振り返ったガブリエル塔の景観です。
クリックすると拡大

このようなものがありました。これはおそらく雨樋ではないかと思われます。
クリックすると拡大

猿の像のようにも見える雨樋を拡大いたしました。
雨樋と思ったのはパリのノートルダム寺院ガーゴイル(gargoyle)と呼ばれる雨樋に似ていたからです。
クリックすると拡大

ガブリエル塔の屋根も見事なので写真を撮りました。
クリックすると拡大

ファニルス倉庫から登って来た道はガブリエル塔のところでU字形に曲がりさらに登り坂が続きました。その先にも塔が建てられていました。これもモンサンミッシェルを敵から守るための塔だと思われました。
クリックすると拡大

坂の途中からファニルス倉庫を間近で見ることが出来ました。
クリックすると拡大

塔のところから道は、また左にU字形に曲がっていました。
クリックすると拡大

ここから攻めてくる敵を攻撃するように作られたのだと思います。この要塞の鉄壁の防御になっていたのは干満の大きな非常に危険な干潟の中にある高さ約80mの岩山の上に要塞が建てられていたことで、おそらくここまで攻め入ることも出来なかったように感じました。
クリックすると拡大

先に進むと、今度は人工の絶壁で守られていました。
クリックすると拡大

一直線に伸びた石で出来た構造物がありました。これは荷物を引き上げるためのリフトの線路の役割を担ったものでした。
クリックすると拡大

その石の線路の最下部の部分です。このリフトに関しては後日に詳しく紹介したいと思います。
クリックすると拡大

ここまでは坂道ばかりでしたが初めての階段が現れました。
クリックすると拡大

階段を登り詰めると細い石の道が続いていました。朝の9時15分ごろと言うこともあり歩いているのは我々だけでした。
クリックすると拡大

そこから見上げても、修道院はまだまだ上にありました。
クリックすると拡大

細い石の道は続いていました。このあたりはかつては住居地区ではなかったと思います。現在はモンサンミッシェル島内に住んでいる人数は41名(2013年)で、昼間に仕事に従事している人のほとんどが、島外から通っておられるそうですが、かつては1182名(1851年)も住んでいました。
クリックすると拡大

細い石の道からの景色です。
クリックすると拡大

さらに医師の道が続きます。
クリックすると拡大

石の道は行き止まりになっていて小さな門がありました。
クリックすると拡大

差の小さな門をくぐると沢山の観光客の人達が通る道に出ました。
クリックすると拡大

さらに進むと修道院の入口に向かう道に合流いたしました。


こちらが修道院の入口です。階段にワンちゃんのマークが見えます。ワンちゃん同伴はここまでで、この先にはワンちゃんは入れません。つまりワンちゃんに寛大なフランスでも、修道院の有料エリアにはワンちゃんは入れないのです。それでもここまでワンチャンを連れて来ている方を沢山見かけました。
クリックすると拡大

修道院の入口で待っているワンチャンを沢山見かけました。おそらく交代で修道院の中を見に行っているのだと思います。見るところが結構あるので、相手の方が戻って来る約1時間ほど、ここで待つことになると思います。
クリックすると拡大

別のワンチャンも修道院入口で持っていました。ここまで登って来るといい運動になったと思います。
クリックすると拡大

大通り(グランド・リュー / Grande Rue )でも沢山のワンチャンを見かけました。同じように修道院の入口の前から交代で内部を見に行くのだと思います。
クリックすると拡大

こちらは1日目の連絡道路で撮ったワンちゃんです。
クリックすると拡大

今回は1枚もモンサンミッシェルの全景の写真を掲載していなかったので、最後に掲載いたします。Echaugette門から修道院入口まで歩いたルートを空色のラインで示しています。高いところで水平に近いところが、上で石の細い道と紹介したところです。クリックするとよくわかると思います。
クリックすると拡大
nice!(73)  コメント(14)  トラックバック(5) 

nice! 73

コメント 14

Rinko

まるで私も一緒に巡っているかのような気分になりました^^
詳しい説明と詳細を表わすお写真、ありがとうございます♪♪

by Rinko (2016-06-22 08:21) 

SORI

Rinkoさん おはようございます。
写真は歩いた順番に掲載するように心がけました。順番に掲載すると鮮明に思い出すことが出来るので、自分のためにもなります。見ていただいてうれしいです。こちらこそ、ありがとうございます。
by SORI (2016-06-22 11:02) 

kazu

SORIさん、こんにちは。

この門からの道は行っていませんね。
やはりツアーでは行かないところのようです。
ほとんど人と行き会わないでしょう。
修道院に荷物をあげる「線路のような」石の建造物は本当に珍しいですよね。
ツアーでは絶対に行けないところを探索しましたね。
いずれも素晴らしい画像です。
by kazu (2016-06-22 12:40) 

リンさん

やっぱり銃口とかあるんですね。
日本のお城も、上から石を落とす窓とかありますもんね。
中をじっくり見てみたいです。

by リンさん (2016-06-22 12:41) 

SORI

kazuさん こんにちは
こちらの門から登れるとは判らなかったけれどもとりあえず行ってみることにいたしました。おかげで新しいルートで行くことが出来ました。人が入っていない写真を撮ることが出来ました。
by SORI (2016-06-22 14:56) 

SORI

リンさんさん こんにちは
屋根以外は石で出来ているので頑丈そうでした。中世の武器で、この要塞を攻略するのは難しいと思います。考えつくのは兵糧攻めくらいのものです。
by SORI (2016-06-22 15:01) 

夏炉冬扇

これはやっぱり要塞・お城ですね。
攻めるのがむつかしい。
by 夏炉冬扇 (2016-06-22 18:58) 

SORI

夏炉冬扇さん こんにちは
修道院と言われているけれども、私も要塞あるいは巨大砦と言った方が正確な気がしました。ただし王が住んだことは無いそうです。
by SORI (2016-06-22 19:12) 

ちょろっとぶぅ

ちょろも、数年前に行きました。
でも・・・猿の像のようにも見える雨樋さん、見逃したぁ。。。 (+_+)
また、行きたくなりました。
by ちょろっとぶぅ (2016-06-22 23:33) 

ミケシマ

すごい!
モンサンミシェルの島の中を見たのは初めてです。
要塞としても優れていたなんて知りませんでした~
建物もすごいですね。
”ブレーメンの音楽隊”のイメージ!!(ブレーメンはドイツだけど^^;)
ところで…モンサンミシェルって、一般の人は住んでいるんですか?
by ミケシマ (2016-06-23 01:15) 

SORI

ちょろっとぶぅさん おはようございます。
モンサンミッシェルに訪問された方からのコメントは嬉しいです。思い出されたのではないでしょうか。
ほんといいところですね。
by SORI (2016-06-23 04:03) 

SORI

ミケシマさん おはようございます。
モンサンミッシェルの住んでいる方は41名(2013年)と少ないですね。内訳は判らないのですが、修道僧は数名と聞いてたので一般の方も住んでいるのではないでしょうか。住めると思われる家は沢山ありました。ホテルのオーナーなどは住んでいる気がします。なんとか調べてみたいものです。
by SORI (2016-06-23 04:09) 

yos

精力的に歩かれましたね。こちらの門は帰るときに見えて一瞬気にはなったのですが、レンヌからの日帰りだったのでバスの時刻もあるので、行けませんでした。貴重な映像を見させていただきました。
by yos (2016-06-23 22:38) 

SORI

yosさん こんばんは
やはり気になられたのですね。私も1日目に帰るときに気になったので翌日の朝に歩いてみることにいたしました。修道院の入口まで行ける確信はなかったけれども、行きつけないときは戻って来る覚悟で歩いて、このルートを見つけた訳です。このルートの写真を見ていただいてうれしいです。
by SORI (2016-06-23 23:22) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 5