So-net無料ブログ作成

アンティチョーク(Artichoke)料理 [イタリア]

クリックすると拡大
前記事で紹介したベルガモ(Bergamo)のレストランで昼食を食べた後に列車でミラノに戻ってきて、ミラノでも夕食に有名なイタリアレストランに入りました。そこで初めてアーティチョークあるいはアンティチョークという食べ物を知りました。
ミラノでトスカーナ地方の料理を出すレストランda Iliaで我々が普通のサラダを食べていたとき一緒のイタリア人が見かけない野菜を使ったサラダを食べていました。それがアンティチョークでした。
アーティチョークとも言われるみたいです。英語を見ると当然ですが、ネットだとアーティチョーク(Artichoke)との言い方が多いです。さっそく、その人に、このアンティチョークを使った料理の注文を任せたところ、上の写真の料理を出てきました。料理名は「アンティチュークと牛肉のカルパッチョ」です。
アーティチョークは食用アザミの若いつぼみです。和名はチョウセンアザミ(朝鮮薊)で、地中海沿岸原産だそうです。右下の写真はネットから拝借しました。
クリックすると拡大 門  : 被子植物門     Magnoliophyta
 綱  : 双子葉植物綱    Magnoliopsida
 目  : キク目       Asterales
 科  : キク科       Asteraceae
 亜科 : アザミ亜科     Cynareae
 連  : アザミ連      Carduoideae
 属  : チョウセンアザミ属 Cynara
 種  : チョウセンアザミ  C. scolymus
マーク.jpg   アンティチョークの写真 ⇒ Google検索

フレッシュなアンティチョークの歯ごたえがなんともいえません。サクサクした竹の子のような食感です。生の牛肉と良く合います。お店を紹介いたします。
  店名 Ristorante Da Ilia 
  住所 Via Lecco,1 Milano
  電話 02-2952-1895
  HP  http://www.ristoranteilia.it/
  SV  http://goo.gl/maps/2IPJU


食感を感じてもらいたくて拡大写真を掲載いたしました。
翌日、アンティチョークのパスタを別のお店で注文しましたが残念ながらサクサク感がなく別物でした。別のお店で食べてアンティチョークはフレッシュがポイントだと感じました。やっぱり現地に行ってフレッシュなアンティチョークを出してくれるお店に行かないだめですね。クリックすると拡大それも新鮮なアンティチョークが食べれる時期も大切そうです。ドイツはホワイトアスパラでに匹敵るイタリアの旬を感じる食材はアンティチョークなのかもしれません。アンティチョークの花の写真はフリー百科事典のWikimediaから拝借いたしました。
IMGP5768-480.jpg

クリックすると拡大右の写真はWikimediaから拝借いたアンティチョーク畑の写真です。
レストランの場所を地図で紹介します。
   Ristorante Da Ilia
   ミラノ中央駅
    宿泊ホテル→レストラン 1.6km
   日本食店 都

より大きな地図で Ristorante Da Ilia を表示

nice!(127)  コメント(34)  トラックバック(6) 

nice! 127

コメント 34

vitamin_b2

soriさん、こんにちは^^

アンティチョーク・・・始めて知りました。
無条件で美味しそうですねw
by vitamin_b2 (2010-08-26 13:23) 

terrybear

アンティチョークって見た事あるけど食べたことはどうかな~?
by terrybear (2010-08-26 14:44) 

アルマ

以前に一度「アーティチョーク」でス―パー(だったと思う)で売っているのを見ましたが、食べ方が分からずにスルーしました。

by アルマ (2010-08-26 15:41) 

ちゃと。

アンティチョーク・・・テレビやネットで目にすることはあっても
未だ口にした事はなくて(^◇^;)
SORIさんの表現「さくさくした竹の子の感触」とっても解りやすい
です。食欲をそそられます(笑)
レストランのマークがとっても可愛いですね♪
by ちゃと。 (2010-08-26 21:10) 

HIROMI

そもそも、アンティチョーク自体を知らない田舎ものです。写真を見て判断したところ…キノコの一種ですか?
by HIROMI (2010-08-26 21:25) 

SORI

vitamin_b2さん こんばんは
この食感はすばらしかったです。イタリアの人のお薦めだけのことはありました。
by SORI (2010-08-26 21:43) 

SORI

terrybearさん こんばんは
私も初めとの経験でした。美味しかったです。このあと、日本でもイタリアレストランで一かけらだけ一度食べました。
by SORI (2010-08-26 21:46) 

SORI

アルマさん こんばんは
この食べ方はすばらしかったです。イタリアの人はサラダでも食べられていました。
by SORI (2010-08-26 21:47) 

SORI

ちゃと。さん こんばんは
人気が出るのはわかりますね。ドイツでホワイトアスパラが人気があるようにイタリアではアンティチョークが人気でした。日本では旬の筍でしょうね。
by SORI (2010-08-26 21:50) 

SORI

HIROMIさん こんばんは
アンティチョークはアザミの若い蕾です。 食感は採れたて若い洋風竹の子でした。
by SORI (2010-08-26 21:53) 

nyankome

>アンティチョークはフレッシュがポイント!! 
覚えておきます。
イタリアで食べてみたいです。
by nyankome (2010-08-27 01:17) 

SORI

nyankomeさん おはようございます。
イタリアに住まれている方はよく食べると書かれていました。やっぱりサクサク感はフレッシュであることが大切なのだと感じました。
by SORI (2010-08-27 04:38) 

opas10

アンティチョークをカルパッチョにするとは・・・・美味しそう!!軽めの赤ワインに合いそうですね!!
by opas10 (2010-08-28 00:45) 

qooo

へえ〜!!さくさくしてるんですね!!!
一度、食べてみたいですねえ。
イギリスでも、アンティーチョークを
よく食べるみたいなんで、トライしたんですが、
ふにゃっとしててまずかったのです。
きっと、缶詰なんですよね。或はゆですぎか。
アンティーチョークが悪いんじゃなくて、調理方法が
悪かったんだな〜って、改めて感じましたよ!!!
by qooo (2010-08-28 06:31) 

SORI

opas10さん おはようございます。
この料理は最高でした。是非とも、また食べたいけれども実現していません。イタリアは料理の天才が沢山いる国であることを実感させてもらいました。
by SORI (2010-08-28 06:48) 

SORI

qoooさん おはようございます。
イタリアの人が好んで食べるだけのことはありました。是非とも、またサクサク感を味わってみたいです。
by SORI (2010-08-28 06:50) 

youzi

アンティーチョーク、スーパーで見たりしていましたが、
なんだか、かたそうな野菜って、見るだけだったんです。
イタリア料理を食べに行った時に、入っていて、
これが~って思いながら食べたら、とっても美味しかったんですよね。

by youzi (2010-09-12 10:36) 

SORI

youziさん こんにちは
アンタィチョークの味をご存知とはうれしいです。あの食感はもう一度味わってみたいです。
by SORI (2010-09-12 12:53) 

ゲンママ

SORIさん、おはようございます~
アンティーチョーク、初めて知りました。
見た目、ごぼうのように調理してありますが食感は筍なんですね~
by ゲンママ (2014-08-20 06:39) 

SORI

ゲンママさん おはようございます。
食感は日本の食材の中では竹の子が一番近いと思います。でも竹の子よりサクサク感があり魅力的な食べ物でした。

by SORI (2014-08-20 07:39) 

ちゅんちゅんちゅん

おはようございます!
カルパッチョ・・・これは美味しいでしょうね✿
アンティチョークは未体験なので
トライしてみたいです(^^)
by ちゅんちゅんちゅん (2014-08-20 07:47) 

あーちゃ

昨日見ていたテレビでもイタリアにて生活している人の話でしたが、食べ物がすべてにおいておいしそうで、、いやー一度行ってみたいという気持ちがさらに強くなりました。
by あーちゃ (2014-08-20 11:30) 

昆野誠吾

若いつぼみの食感、筍やタラの芽などと
共通するものがあるんでしょうね~♪

by 昆野誠吾 (2014-08-20 18:26) 

ミケシマ

アーティチョーク、大好きなんだけど日本ではなかなか人気でないですね。
ズッキーニのようにメジャーになればいいのに…
栽培が難しいのかな?
by ミケシマ (2014-08-20 19:07) 

SORI

ちゅんちゅんちゅんさん こんばんは
これは美味しかったです。先ずは新鮮なアンティチョークを手に入れることが大切ですね。
by SORI (2014-08-20 19:36) 

SORI

あーちゃさん こんばんは
イタリアはお薦めの旅行先です。やっぱり食べ物がおいしいことが条件になりますね。
by SORI (2014-08-20 20:13) 

SORI

昆野誠吾さん こんばんは
食感はすばらしいものがあります。カルパッチョとの相性も抜群でした。カルパッチョと会うところは筍と違うところですね。
by SORI (2014-08-20 20:15) 

SORI

ミケシマさん こんばんは
別のお店で食べてみて、新鮮さが大切なことが判りました。栽培は問題ないと思います。やっぱり流通の問題なのでしょうね。誰かが栽培をして新鮮なアーティチョークを、皆が食べて美味しいことが判ってくれる人が増えることが必要なのでしょうね。
by SORI (2014-08-20 20:20) 

なんだかなぁ〜!! 横 濱男

アーティチョーク。
最初に食べたミラノのお店で良かったですね。
コレが、パスタのお店が最初だったら、
アーティチョークのイメージが別物に変わったことでしょうね。
by なんだかなぁ〜!! 横 濱男 (2014-08-20 22:07) 

SORI

なんだかなぁ〜!! 横 濱男さん おはようございます。
ほんと、ご指摘の通りです。
素材の良さを生かした最も美味しい食べ方だったのかもしれません。教えてもらった方もサラダで食べていたので、生に近い状態で食べる方が良さそうです。
by SORI (2014-08-21 05:34) 

koni

”アンティチュークと牛肉のカルパッチョ”美味しそうですね!
こんな美味しいレストランがあるのですね。
by koni (2014-08-21 10:53) 

SORI

koniさん こんにちは
ここは、イタリアの人がお薦めのレストランでした。日本人だけでも行ってみました。後日、掲載したいと思います。
by SORI (2014-08-21 13:06) 

beny

 栽培に一度挑戦したことがありますが、全然芽が出てこず、懲りてしまいました。
by beny (2014-08-21 20:41) 

SORI

benyさん こんばんは
なんとアンティチョークを作ろうとされたのですね。イタリアとそんなに気候は違わないと思うのですが、まったく芽が出なかったとは驚きました。新鮮なものが売られていると、きっと買うと思います。
by SORI (2014-08-21 22:58) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 6