So-net無料ブログ作成

マウナケア・ツアー その3 ギンケンソウ(銀剣草) [ハワイ]

写真の上のカーソルがの場合はクリックすると拡大します。
クリックすると拡大
ここはハワイ島のマウナケア(山頂4205m)の中腹の標高2800mにあるオニズカ・ビジター・ステーションです。この扉の中にマウナケア(山)の固有種であるギンケイソウが生えているとガイドさんから聞いたので中に入って見に行ってみることにいたしました。どんな形の植物なのかは知る由もありませんが、見ると判るとのことでした。扉には次のように書かれていました。
STATE OF HAWALL
DEPARTMENT OF LAND AND NATURAL RESOURCES
DIVISION OF FORESTRY AND WILDLIFE HALE POHAKU EXCLOSURE
Estab. 1982; elev. 9000'
扉の左側にも次のような注意書きがありました。SILVERSWORDが植物の英語名だと思われたので、ネットで確認するとMAUNA KEA SILVERSWORDが英語名でした。
AHINAHINA ENCLOSURE MAUNA KEA SILVERSWORD
STAY ON TRAIL

クリックすると拡大扉があった場所は前記事で紹介したお弁当を食べたテーブルが並べられていた右の写真のエリアの奥でした。テーブルが空いていなかったので先に、ガイドさんに薦められたマウナケア固有種の植物を探しに行ってからお弁当を食べました。
クリックすると拡大

中に入ってマウナケアの方を見た景色です。この中にギンケンソウが生えているかどうか分かりません。黄色い花が沢山咲いていました。一見して分かるとのことなので黄色い花の植物ではなさそうです。
クリックすると拡大

黄色い花もきれいなので拡大写真を掲載いたしました。車で登ってくる時も沢山見かけた黄色い花だと思います。
クリックすると拡大

こちらの写真にはいろんな植物が写っています。変わった植物も多いのですが、なんとなくギンケンソウとは違うように感じました。
クリックすると拡大

白い花を咲かしている植物も咲いていました。
ハワイ諸島では在来自生種の植物は1800種ありますが、約85%がハワイ諸島の固有種です。鳥類では海鳥を別にすると、77種の在来種の内76種がハワイ諸島固有種で、哺乳類の在来種はコウモリの1種のみなのです。クリックすると拡大これらの数値からもハワイ諸島は、人類到達以前は世界からは隔離された場所であったことが分かっていただけると思います。何気なく生えている植物もハワイ諸島の固有種なのかもしれません。仮説ではありますが古代の人類は海鳥の移動を見て小舟を進めて新しい島を見つけて行ったと想像されています。つまり人類が移動した同じルートをクリックすると拡大火山噴火で島が出来た遥か昔に海鳥に種子が付着して植物が移動した可能性が高いことになります。それが進化して沢山の固有種になったと思われます。人類が住む以前は海亀や海蛇以外の陸生の爬虫類は住んでおらず、両生類も生息していなかったと考えられているのがハワイ諸島だそうです。昆虫などの節足動物は沢山の種類が生息していますが分類的には非常に偏っていることから海鳥に付着するなどしてハワイに到達出来た節足動物だけが繁栄して種類を増やしたと考えられているようです。南極大陸を除く象徴的なあらゆるエリアに進出したアフリカを起源とする人類(ホモ・サピエンス)ですが、人が住めるような温暖な地域において、ハワイは人類が到達するのが、最も遅いエリアの一つと言えるのかもしれません。クリックすると拡大ちなみに日本に人類が到達したのは4万年前~3万年前で、南アメリカ最南端辺りは1万2千年前で、グリーンランドは6000年前~4000年前です。それに対してハワイへの人類到達は1500年前~1000年前です。
クリックすると拡大

白い花を拡大して見ました。高山植物だと思いますが、ギンケイソウではなさそうです。
クリックすると拡大

探検している気分にさせられました。
クリックすると拡大

敷地内に石組がありました。正面がマウナケア山頂です。マウナケアはハワイの先住民たちにとって数々の神が棲む聖地なのです。代表的な神は雪の女神ポリアフです。マウナケアの方向に向いていることから、神々に関係したものだと思われます。
クリックすると拡大

ギンケイソウ探しは後回しにして、この石組を詳しく見てみることにいたしました。調べてみるとハワイ神話に登場する雪の女神・ポリアフの祭壇でした。祭壇のことはヘイアウ(heiau)で、捧げ物を置く台はレレまたはウヌだそうです。
クリックすると拡大

祭壇を拡大いたしました。
ポリアフの神話をネットから転用させていただきました。
昔のハワイでは、山の斜面に石垣を築いて造った巨大な滑り台を、木製のそりに乗って滑るという王族の遊びがありました。
ポリアフは、そり滑りがとても得意でした。ある時、ポリアフが友人とそり滑りをしていると、そこに黒いマントを羽織った美女が現れ、自分とそり競争しようと言いました。さっそく美女とポリアフは、山の上から同時にそりに乗って滑り下りました。ポリアフの乗ったそりのほうが速いのは、誰の目に見ても明らかでした。競争の途中で、なにげなくポリアフは後ろを振り返ると、なんと後ろから、黒マントの美女が大きな炎の塊になって、山腹から噴出させた溶岩の上に乗って追い掛けてくる姿を目にして驚きました。黒マントの美女は、ペレだったのです!
しかし、ポリアフは急いでその場でそりから飛び降りると、あわてて逃げたりせずに、その場にすくっと立って、ペレを真正面から見据えたのです。溶岩はポリアフに向かって流れてきます・・・・ところが、ポリアフの目の前まできた溶岩は、二手に分かれてポリアフを避けるように流れていったのでした。
ポリアフはマウナケアの山頂から、氷のように冷たい風をペレと溶岩に向けて吹きつけました。 溶岩は冷えて固まり、ペレは寒さにこごえて退散していきました。
クリックすると拡大

中央の大きな石が印象的でした。神聖なものだと感じます。
雪の女神ポリアフと対立関係なのが火の女神ペレ(Pele)です。上で記載の神話に出てくる黒マントの美女が火の女神ペレです。クリックすると拡大今のペレはハワイ島の南半分である活火山のマウナロア(山)やキラウエア火山を支配し、ポリアフはハワイ島の北半分であるマウナケア(山)を支配していると言われています。右の写真はペレを題材として描かれた絵画です。
諸説ありますが、雪の女神ポリアフ(Poliʻahu)は一般的に下記のような4姉妹という説が多いそうです。リリノエワイアウカホウポカネも雪の女神とされることがあるそうです。カホウポカネはハワイ島のフアラライ山の女神との記述が多いのですがWikipediaではマウイ島のハレアカラ山の雪の女神(?)と書かれています。リリノエもハレアカラ山の雪の女神との記述もありました。右の2枚の写真はポリアフを描いた最近の絵画です。
クリックすると拡大 長女 雪の女神 ポリアフ   Poliʻahu
 次女 霧の女神 リリノエ   Lilinoe
 三女 湖の女神 ワイアウ   Waiau
 四女 衣の女神 カホウポカネ Kahoupokane
クリックすると拡大

ポリアフの祭壇あたりの航空写真です。がオニヅカ・ビジター・ステーションの建物で、クリックすると拡大紫色のマークが夕食のお弁当を食べたテーブルです。黄色のラインが右の写真のベンチマーク(水準点)がある山頂方向です。写真内のマイナスのアイコンを7回クリックすると山頂が表示されます。山頂近くにも祭壇があるようです。


マウナケアの雪の女神ポリアフのご利益(ごりやく)があったのか、遠くに銀色に輝く草が生えているのが目に飛び込んできました。「これがギンケンソウだ」とすぐに分かりました。ギンは「銀」でケンは「剣」だったのです。つまりギンケイソウは漢字で書くと銀剣草でした。確かに見ればわかる。でした。場所は、上の航空写真でポリアフの祭壇の少し東側(右側)のエリアでした。
クリックすると拡大

近づいてよく見ました。サボテンや多肉植物のように見えますがキク科の植物だそうです。植物の分類を越えて環境が形を作るのだと実感いたしました。進化の不思議を感じました。
クリックすると拡大

不思議な植物です。
クリックすると拡大

次々とギンケイソウを見つけました。下記は十分に成熟した個体の特徴です。開花まで5年~50年もかかる非常に成長の遅い植物です。
 葉長 30~40cm
 花茎 70~250cm(最大高さ:300cm)
 開花 7~10月
 頭花 最大500~600個
 標高 2100~3750m
クリックすると拡大

葉が出ている部分を拡大いたしました。
クリックすると拡大

クリックすると拡大1株だけですが、花を咲かせた後の花穂が残った株もありました。それが下の写真です。右下の花穂が伸びた縦長の写真はWikimediaから転用させていただきました。ハワイ諸島には2つの亜種があるのみです。1つが今回紹介のハワイ島のマウナケア(山)固有種のマウナケア・ギンケンソウ(Mauna Kea silversword)で、もう1つがマウイ島のハレアカラ山の固有種のハレアカラ・ギンケンソウ(Haleakala silversword)です。右の5秒ごとに切り替わる写真はハレアカラ山の固有種のハレアカラ・ギンケンソウの写真です。
クリックすると拡大  界 植物界      Plantae
    被子植物     Angiosperms
    真正双子葉類   Eudicots
    コア真正双子葉類 Core eudicots
    キク類      Asterids
    真正キク類Ⅱ   Euasterids II
  目 キク目      Asterales
  科 キク科      Asteraceae
  属 ギンケンソウ属  Argyroxiphium
  種 ギンケンソウ   Argyroxiphium sandwicense
 和名 銀剣草
・ハワイ島マウナケア(山)
 亜種 A. sandwicense subsp. sandwicense
 英名 Mauna Kea silversword (マウナケア・ギンケンソウ)
・マウイ島ハレアカラ山
 亜種 A. sandwicense subsp. macrocephalum
 英名 Haleakala silversword 又は east Maui silversword
クリックすると拡大

かなり広い範囲で見つけることが出来ました。
Wikipediaによるとギンケンソウ属(Argyroxiphium)には現有種が5種と絶滅種が1種が書かれていました。→翻訳
クリックすると拡大ギンケンソウ(銀剣草)にSilversword(シルバーソード)が使われているのに対して右の写真の別種にはGreensword(グリーンソード)の名が見られます。ただし和名として検索してもグリーンソードや緑剣草(ギョクケンソウ)は出てこないのでギンケンソウ属は日本ではあまり知られていないようです。Wikimediaによるとギンケンソウ属はハワイ諸島の固有属だそうです。5種すべてが高山にあるのではなくGreensword (Argyroxiphium grayanum)は湿地に生育しています。East Maui greenswordは公式に1945年以前に絶滅したことになっていますが、1989年にHaleakalā silversword(ハレアカラ・ギンケンソウ)との交配種と思われる個体が見つかりました。
 現有種
  Eke silversword
  Greensword
  Argyroxiphium × kai D.D.Keck (A. caliginis × A. grayanum)
  Mauna Loa silversword (or Mauna Kaʻū silversword)
  Silversword ギンケンソウ
   亜種 Mauna Kea silversword ハワイ島マウナケア固有種
   亜種 Haleakalā silversword  マウイ島ハレアカラ山固有種
 絶滅種(1945年以前)
  East Maui greensword
 以前は含まれていた(現在はDubautia属)
  Dubautia gymnoxiphium
クリックすると拡大

いろんな形を見せてくれていました。クリックすると特別に大きく拡大するように設定しています。ギンケンソウの英文のWikimediaでの種の保全状況にはG2と書かれていました。我々がよく見かけるCRやENやVUなどのカテゴリー分けとは表示が違うのでIUCNのレッドリストNatureServeの保全状況を比較をしてみるとENに近いものと想像されます。G2レベルはGlobal LevelでのImperiled(typically having 6 to 20 occurrences, or 1,001 to 3,000 individuals)です。ギンケンソウが絶滅危惧種になった大きな原因は人間がハワイに持ち込んだ家畜が野生化した野ヤギや野ヒツジが食べたことだそうです。非常に成長の遅い植物なので動物に食べられてしまうとひとたまりもなかったのだと思います。一時は野生のものは36株まで減ったそうです。現在は人工繁殖をして絶滅しないように維持をしているようです。ギンケンソウが生えていたエリアが柵で囲まれていたのは、野ヤギや野ヒツジの食害からギンケンソウを守っていたのかもしれません。
クリックすると拡大 EX:絶滅
 EW:野生絶滅
 CR:絶滅寸前
 EN:絶滅危惧
 VU:危急
 CD:保全対策依存
 NT:準絶滅危惧
 LC:低危険種
 DD:データ不足
 NE:未評価
クリックすると拡大

雰囲気を感じてもらうために沢山掲載させていただきました。
クリックすると拡大

他の植物には過酷な環境だからこそ、環境に適用したことと、高い山のために他の場所への進出が難しいことから固有種になったのだと感じました。
クリックすると拡大

葉の部分を拡大いたしました。
クリックすると拡大

さらに葉を拡大しました。何枚かの葉はピントが合っていると思います。表面に細かな毛が付いています。これにより銀色に輝いているのだと思います。
クリックすると拡大

さらに葉を拡大して見ました。是非ともクリックしてみてください。細かな綿毛は鉱山での保温の役目と紫外線を防ぐ役割もあるようです。このような植物の文献「セーター植物・温室植物にみる極限の適応」には、似た植物としてヒマラヤ地域に右の写真のキク科トウヒレン属のワタゲトウヒレン(Saussurea gossypiphora)など6種があると書かれていました。クリックすると拡大高山で「セーター」を着る意味は、加温や保温、雨や霧避けのほか、高山の強い紫外線を遮る意味もあると考えられているそうです。密生した綿毛は紫外線など波長の短い光を散乱させ、盛んに細胞分裂を行う茎頂や生殖器官を保護しているものと推測されるそうです。ヒマラヤの標高4300〜5600 mに生育しているワタゲトウヒレン(Saussurea gossypiphora)に関する上記の文献には、類似した植物としてハワイの高山帯に生えるギンケンソウ属(Argyroxiphium)が引用されていました。
クリックすると拡大

今回、ギンケンソウ(銀剣草)の写真を撮ったのはのオニヅカ・ビジター・ステーションの近くでした。Googleマップでは、この辺りはMauna Kea State Park - Halepōhaku Areaと書かれていました。
  2回目の休憩場所    マウナケア州立公園(1989m)
  夕食および高度順応場所 オニヅカ・ビジター・ステーション(2801m)
  沈む夕日を見る場所   マウナケア山頂(約4200m)

nice!(163)  コメント(26) 

nice! 163

コメント 26

夏炉冬扇

菊科ですか。
漢字でみて、なるほどと思いました。カタカナではイメージがわかない。
by 夏炉冬扇 (2019-10-17 07:13) 

kazu-kun2626

銀剣草、ハワイの固有種なんですね
花の名前がなるほどと感心しました
言い当ててますね
by kazu-kun2626 (2019-10-17 09:56) 

SORI

夏炉冬扇さん こんばんは
私もネットで漢字を見るまではゲンケイソウだと思っていました。漢字ならば勘違いは無かったと思います。
by SORI (2019-10-17 18:00) 

SORI

kazu-kun2626さん こんばんは
これほど印象的な植物とは思いませんでした。過酷な環境だからこそ進化した植物なのでしょうね。
by SORI (2019-10-17 18:02) 

横 濱男

触ると痛そうな葉ですね。
松の葉を想像しちゃいます。
調べたら、あとヒマラヤにしか生息してないそうですね。
貴重な植物を見せて貰いました。

by 横 濱男 (2019-10-17 19:57) 

サンダーソニア

確かにこの大地に銀色に見えそうです。
探検気分にさせてくれる ガイドさんはいい腕ですね。
by サンダーソニア (2019-10-17 21:11) 

SORI

横 濱男さん おはようございます。
遠く離れたヒマラヤとハワイのみに生息していることも不思議です。ヒマラヤにはキク科トウヒレン属のワタゲトウヒレンという似た植物もあるそうです。
by SORI (2019-10-18 07:51) 

SORI

サンダーソニアさん おはようございます。
ひときわ目立った存在でした。マウナケアが出来て溶岩地帯に生えたキク科の植物が進化した結果なのでしょうね。
by SORI (2019-10-18 07:56) 

ラック

一見多肉植物のように見えますがキク科なんですね~。
植物も動物もそうですが長い年月をかけて環境に合わせて
生きているんですね!
by ラック (2019-10-18 15:50) 

SORI

ラックさん こんにちは
過酷な環境だからこそ生まれた姿なのでしようね。人間も過酷な環境だからこそ生まれたとも言われています。
by SORI (2019-10-18 16:43) 

poko

SORIさん、おはようございます。
多肉植物みたいだと思いましたが、花穂が出た写真を見るとこんな風に花穂が出るサボテンがあったなぁって思ったり。
角が出るみたいに花穂が伸びて行くのも面白そうです。
遠くからでもこれだとわかるほど銀色に光る草が辺りにたくさんあると感動しそうですね!
by poko (2019-10-19 09:53) 

SORI

Pokeさん おはようございます。
マウナケエからの夕日や星座は素晴らしかったけれども、植物に興味がある方にとっては、ツアーの中のもう一つの見どころになると思います。訪れる時期によっては花も見ることが出来ると思います。狙いは8月前後ではないでしょうか。
by SORI (2019-10-20 06:39) 

みぃにゃん

おはようございます。変わった植物が沢山ありますね。多肉植物っぽくも見えますが・・・。ハワイは自然が沢山のこっている所が多いですね。
by みぃにゃん (2019-10-22 11:10) 

リス太郎

貴重な写真をありがとうございました。
by リス太郎 (2019-10-22 15:01) 

こういち3

やっと入れました・・・ウチのアンチウイルスでは
警告が毎回出てましたが?
とりありず、いつもご訪問ありがとうございます。
by こういち3 (2019-10-22 16:29) 

coco030705

こんばんは。
ギンケイソウ、珍しい植物ですね。お写真有難うございました。
ポリアフの神話、とても興味深かったです。それに、本当にポリアフの祭壇があるのが、すごいことですね。
今日の即位の礼をみていても、こういう神話の世界は本当に不思議だなと思います。天皇陛下は、天照大神と対話されるというのが、まことに常識を超えた世界で、すばらしいと思いました。
by coco030705 (2019-10-22 18:52) 

SORI

みぃにゃんさん こんばんは
ハワイがこれほど自然にあふれた場所だとの印象はなかったのですが、実際に見てみて印象が完全に変わりました。
by SORI (2019-10-22 20:25) 

SORI

リス太郎さん こんばんは
太平洋の真ん中に出来た火山島なので固有種は多いのだと思います。独特の生物体系も魅力的な場所です。
by SORI (2019-10-22 20:26) 

SORI

こういち3さん こんばんは
苦労の末に訪問いただいてうれしいです。ありがとうございます。
マウナケアは景気も良かっです。
by SORI (2019-10-22 20:28) 

SORI

coco030705さん こんばんは
山頂に登った時には気が付きませんでしたが、山頂にもポリアフの祭壇あるそうです。
山頂のポリアフの祭壇の写真が掲載された記事
http://blog.canpan.info/vamos-yoquita/archive/599
http://konalife.seesaa.net/pages/user/m/article?article_id=135833674
http://miya-punahele.blogspot.com/2012/06/blog-post_05.html
http://www.mo-hawaii.com/legacy/go/toraneko/21/index.html
by SORI (2019-10-22 20:49) 

coco030705

SORIさんへ
またお邪魔します。
マウナケア山山頂の、ポリアフの祭壇を、色々な記事からみせていただき、ありがとうございました。とても不思議な印象です。やはり何か、神秘的なものの存在を感じます。ハワイというところも、ただの観光地ではなく、ポリアフのような精霊の神様が本当におられるところなのかもしれませんね。
興味深いものをみせていただいて有難うございました。
by coco030705 (2019-10-23 18:15) 

SORI

coco030705さん こんばんは
再度の訪問とコメントありがとうございます。マウナケアは見るものが全て新しい経験なのでよかったです。ギンケンソウを探していてポリアフの祭壇を見つけることが出来たのもラッキーでした。
by SORI (2019-10-23 23:25) 

tarou

SORIさん こんにちは
ハワイは不思議なところですね、ここには行ったことが有りません
機会が有れば、寄って見たいところです。

by tarou (2019-10-24 15:35) 

SORI

tarouさん こんにちは
マウナケアは、海底まで続いている裾野からの山の高さは10,203mになるそうです。裾野からの高さでは世界で一番高い山になることからも不思議なところだと思います。人間がポリネシアからハワイに到達したたかだか1500年前~1000年前より以前は長く人類からは隔離された島のために、沢山の固有種の動植物に溢れる場所だったのだと思います。


裾野が海底まで続いていることから山の高さは10,203mとなり
by SORI (2019-10-24 16:20) 

旅爺さん

1度は行ってみたいハワイも夫婦で大病してはもう行けません。涙
by 旅爺さん (2019-10-25 09:06) 

SORI

旅爺さんさん こんにちは
家内との海外旅行は久しぶりなので値打ちがありました。家内はその前に娘と友人と台湾やベトナムには行っていまし。
by SORI (2019-10-25 14:43) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。